タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

Men's Collection HAYASHI 三好店 実店舗 ブランド別 Predibino/プレディビーノ

コスパ最強のイタリア製革靴・PREDIBINO(プレディビーノ)

投稿日: 更新日:

皆さん!こんにちは。こんばんは。文(ムン)です!

さてさて・・・

本日は僕の大好きな革靴の話しをしていこうかなーと思います!

革靴といえばドレスシューズ・・・・

メンズコレクションHAYASHIでドレスシューズと言えば・・・

言うまでもなく、当店自慢のイタリア製オリジナルレザーシューズ、PREDIBINO(プレディビーノ)ですよね!✨

という事で、本日はPREDIBINO(プレディビーノ)についてお話ししていきたいと思います!(⌒∇⌒)

PREDIBINO(プレディビーノ)はHAYASHI自慢のオリジナル革靴ですね!(⌒∇⌒)

僕がこの会社に入る前に、興味を持った商品もPREDIBINO(プレディビーノ)なんです!(笑)

そんな思いで深いPREDIBINO(プレディビーノ)を、今回は革靴大好きな私文(ムン)が、PREDIBINO(プレディビーノ)の良さ、魅力、特徴などを解説していきたいと思います!👍

まあ一口に革靴の良い所と言っても、人によってその価値観は様々です。なので革靴のどの部分を重要視するかによって、多種多様な意見があるのは事実です。

しかしながら、なんにでも基本というのは必ず存在しますし、良い本格靴に見受けられる特徴という物もいくつか存在します!今回はそのあたりも加味しながらお話しして行きたいと思います!(⌒∇⌒)

 

ちなみに・・・

YouTubeにて動画でもウチの社長がお話ししてますので、動画も気になる方は下記↓↓の画像からご覧ください!👍

 

 

それでは一体

PREDIBINO(プレディビーノ)には、どのような特徴があるのでしょうか?・・・

 

特徴①レザーからソールまですべてイタリア製。

まず一番の特徴としまして挙げられるのが、全てイタリア製であるという事。

イタリア フィレンツェ郊外の温泉街としても名高い、モンテカティーニ テルメに工場を構える、 エンリコ社長が率いる靴ファクトリー”buffo”にて全て制作されております!👍

PREDIBINO(プレディビーノ)の靴は素材から縫製までの全工程を、イタリア本国にて仕上げております!

コチラの写真はファクトリーの事務所となっている一室。ご覧の通り一面靴箱だらけ!( ゚Д゚)
靴好きにはたまらない💓なんとも贅沢な空間です!(⌒∇⌒)

ここには随時新作が追加されていき、新しい作品(靴)が生まれていくのですね!

レザーは全てイタリア地方伝統の手法にて、鞣された革を採用しております!☆(ゝω・)vキャピ

PREDIBINO(プレディビーノ)の靴で使用される革は、イタリア靴の特徴に良くマッチした軽く、柔らかいレザーを採用しております!レザーはカーフスキン(生後6か月以内の子牛)のみを使用しており、きめ細かく煌びやかなツヤが出るのが特徴です!👍

カーフレザーは牛革の中でも最高級とされており、抜群のキメとツヤ、そしてしなやかで薄く柔らかいので、高級バックや高級靴などに用いられる高品質な革です!

PREDIBINO(プレディビーノ)の靴が持つ軽快で軽やかな雰囲気と、カーフレザーのナチュラルなツヤとしなやかな肌触りは抜群にマッチしますね!

ソールも勿論イタリア製で、大きく2種類のソールを採用しております!

まずは鉄板のレザーソールですね!

本格靴と言えば!と言っても良い位、古くから用いられてる最もオーソドックス且つ、クラシックなソールですね!

レザーソールは雨水に弱いや滑りやすい等、特性上致し方無い事ではありますがいくつかデメリットがあり、近年はゴム製のラバーソール等に押され気味なのが現状です。😢

しかし!

やはりレザーソールが持つ革靴との一体感、そしてドレスシューズを一層品格ある足元に構築してくれます!

歩行するときのカツカツとリズミカルで小気味よい歩行音は、レザーソールならではあり一番の魅力だと思ってます!

更にレザーソールはアッパーと同様に、お手入れが出来る点も靴磨き好きの僕にとっては、嬉しい部分ですね!

 

しかしながら上記のデメリットが、気になる方がいるのも事実・・・

そこでPREDIBINO(プレディビーノ)は

ラバーソール性のドレスシューズもご用意してます!☆(ゝω・)vキャピ

ゴム製のラバーソールは、雨水にも強く防水性とクッション性に優れているので、営業職の方や、長時間革靴を履いて外を歩き回る方にはすごく重宝しますよね!PREDIBINO(プレディビーノ)に採用しているラバーソールはすべてイタリア製で主に、「XL EXTRALIGHT」、ビブラムソールといったイタリアが世界に誇る、トップメゾンのソールのみを採用しております!

特徴は耐熱性に優れ、寒い日も暑い日も何のそので履けちゃいますし、グリップ力も非常に高いので革靴には今までなかった、タフな扱いがしやすいのが一番の魅力ですね!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

レザーソールの高級感のあるドレッシーな雰囲気も、ラバーソールの実用的な面もPREDIBINO(プレディビーノ)の特性に非常に合っています!

ご自身の用途によって最適なソール選びをする事で、革靴ライフがより快適で楽しくなりますよ!

さてさて・・・・

お次は( ^ω^)・・・

 

特徴②軽く履きやすいマッケイ製法を採用。

革靴及び、レザーシューズの履き心地を左右する要素は大きく分けて2つあります。

一つが甲革(アッパー)に用いられるレザー。そしてもう一つが製法(アッパーとインソールを縫い付ける又は張り付ける手法)です。

革靴の製法にはルーツはそれぞれ地域別にいくつか存在し、種類によって様々な特性があります。

PREDIBINO(プレディビーノ)のドレスシューズには、マッケイ製法が採用されております。

マッケイ製法とは、もともとはイタリア•マルケ地方に古くから伝わる伝統技法がベースになっております。その後、アメリカのでライアン・ブレイク氏がそれまで手縫いで行われていた、マッケイ製法用の機械を開発しました。後に、イタリアのゴードン・マッケイ氏が機械の特許権を買い取り、改良を重ねることで現在のマッケイ製法の原型が出来上がったんですね!

まあ

マッケイ製法はイタリア靴によく見られる製法という認識で大丈夫です!👍

マッケイ製法についての詳しい解説は長くなってしまうので、今回はやめておきますが

簡単に説明すると、アッパー(甲革)に対して、インソール、中の詰め物、アウトソールを特殊な底縫い機を使って一気に縫う製法です!

要するに、ソールからミシンを入れて中の物も一緒に縫い付ける製法です!

そのため・・・・

マッケイ製法にはこんな特徴があります!※一部例外も存在します。m(_ _”m)

このように、マッケイ製法は構造上、アッパーとインソールをアウトソールから直接マッケイ縫いしているためソールにミシン縫いの跡があります!更にソールは基本レザー製がほとんどで、このような場合縫い付けるピッチが細すぎると、革が切れてしまう恐れがあります😢

そのため、マッケイ縫いは比較的縫い目のピッチを荒く大きくする必要があり、このような特徴が生まれるんですね~(⌒∇⌒)

なんだかマッケイ製法の説明のようになってしまいましたが💦

それではなぜ、PREDIBINO(プレディビーノ)のドレスシューズにはマッケイ製法が採用されているのでしょうか?

その理由は( ^ω^)・・・

イタリアの靴に見られる特徴を表現するのに、マッケイ製法が最適だったからなんです!(^▽^)/

まあそのまんまの理由なんですが( ´∀` )

やはりそこに尽きますね!

PREDIBINO(プレディビーノ)の革靴は、イタリア人が履いている洒落た小粋なドレスシューズを、日本の方々にも味わっていただきたく、日本人の足型に合うように設計されております!

そして、イタリア靴に多くみられる特徴として、軽く履き馴染みが良い靴が多いのが特徴なんですね!

これには先にも申し上げた、マッケイ製法が深く関係しております!

よくイギリス系の靴は足に良く馴染むまで時間を要し、履き始めはかなり固いと言われています。これはイギリス靴に使われている製法が深くかかわってるんですね~

イギリス靴はほとんどが、アッパーとインソールに対して、ウェルトという革製の縫い代を用いて、仕上げられています。このため強く頑丈な靴が出来上がるのですが、その反面武骨でウェルトがある分やや硬く仕上げられ、コレが足に馴染むまで時間がかかる一つの要因なんです。(馴染めばめちゃめちゃ履き心地良いですよ!(⌒∇⌒))

しかし、マッケイ製法の場合は直接縫い付ける為、ウェルトを必要としません!

そのため履き始めから、履きやすく軽い靴がで出来上がるんです!

更に更に・・・

マッケイ製法にはもう一つ大きなメリットがあります!

それは・・・

蒸れにくい!( ゚Д゚)

マッケイ製法はアウトソールから、インソール、アッパー(甲革)を直接マッケイ縫いしており、靴底から縫い目が見えるというのは先に述べたかと思います!

上記↑のような特徴から縫い目から、空気が入りやすく通気性にも抜群に優れております!

つまり!

PREDIBINO(プレディビーノ)はイタリア特有のマッケイ製法にて仕上げる事で、履き馴染みの良い軽く上質なレザーシューズ、ドレスシューズである!という事なんですね!

さてさて・・・

それではお次は・・

デザインを見ていきましょー!✨💓

 

特徴③優美で美しいフォルムとデザイン。

PREDIBINO(プレディビーノ)を語る上で切っても切り離せないのがデザインです!

 

PREDIBINO(プレディビーノ)の靴はトレンド表現が巧みな、イタリアの洒落者、伊達男を連想させる遊び心に富んだシューズの宝庫です!☆(ゝω・)vキャピ

特徴的なすらりと伸びたロングノーズ、キュッと締まったウエストまさにイタリア靴のそれ!✨

どこか官能的な雰囲気すらも醸し出す色気こそが、小粋なイタリア靴PREDIBINO(プレディビーノ)の真骨頂と言えます!👍

正にクラシコイタリアの香るドレスシューズ!ただの靴ではなく、履く人を足元から格上げしてしまう、そんな気さえしてしまいます。

PREDIBINO(プレディビーノ)が、ここまで美しく色気が漂うデザインを可能としている要因は、大きく2つあります!(^▽^)/

一つはマッケイ製法です。

先ほどマッケイ製法については再三述べましたが実は、マッケイ製法にはもう一つ大きな利点が存在します!

 

それは・・・

華奢でシャープな靴を仕上げることが出来るんです!(笑)

もう少し正確に述べると、マッケイ製法は構造上細く優美なドレスシューズを作るのに最適な製法なんです!

アメリカやイギリス靴などの質実剛健な靴に多く見られる、グッドイヤーウェルト製法はウェルトと言われる革製の張り出しを縫い代とするため、インソール、アッパーを縫い合わせるのにコバと言われる、アッパーよりも外側にはみ出す部分が不可欠になってきます。コバはウェルト製法には欠かせないパーツであると同時に、アッパーを壁や障害物から守る重要なファクターです!✨

しかしコバが張り出しすぎた革靴は、見た目が太くがっちりしたデザインに見える為、華奢や優美な美しさを表現するのはやや苦手です~( ;∀;)

その反面、マッケイ製法はアウトソールに対してインソール、アッパー(甲革)を直接縫い合わせる為、ウェルトを必要とせずコバの張り出しを抑えることが出来ます!

したがって、コバの張り出しが少ない分、靴を作るうえでデザインの自由度が高く、グッドイヤーウェルト製法に比べて、繊細で華奢なデザインにしやすい理由なんです!✨

これこそがイギリスやアメリカ靴に比べて、イタリア靴が比較的エレガントなデザインが多い一番の要因でもあります!

 

勿論、製法だけじゃなく靴本来のラスト(木型)がしっかりしてこそのお話しです!

上記の画像は実際にイタリアでPREDIBINO(プレディビーノ)を制作している、工房の写真です!

ラスト(木型)がこんなにも沢山!( ゚Д゚)

ここからデザイン、レザーなどの様々な要素から最適な、ラスト(木型)を選んでいる事も大きな要因ですね!

 

そして2つ目は( ^ω^)・・・

ズバリ染め(染色)です!

独特な色彩と色の濃淡が特徴的な、PREDIBINO(プレディビーノ)のドレスシューズ。

これはまさに、イタリアの職人が誇る染めの技術のたまものです!このような色の濃淡は全て、職人による手染めで行われています!

まず、キャンバスとなる靴に使用される革は無色の原革(ヌメ革)を使用します。そこに特殊な染料を塗り重ね独特の色ムラを付け味のある表情に仕上げていきます!

 

コチラは実際にPREDIBINO(プレディビーノ)を色づけをする職人の方々です。
Antonio Pascaleさん と Luciano bettacciniさん 。
お二人ともこの道のプロ中のプロ!

アントニオさんは、 職人歴52年。 ルチアーノさんは、なんと 職人歴62年!大ベテランですね!(^▽^)/

右側がアントニオさん。靴の色づけをする職人さん。プレディビーノの靴も色づけています。

右側がアントニオさん

ルチアーノさん。靴の色づけをする職人さん。プレディビーノの靴も色づけています。

ルチアーノさん

一足一足丁寧に染めていき、色の明るさや濃さにムラが出ないように細心の注意を払います。
これが、滅茶苦茶難しいんです!( ;∀;) 習得するには途方もない時間と、たゆまない努力が必要な熟練のスキルです!

正直難しすぎて、大量生産には全くと言っていいほど、向いてません。😢

それでもあえて、一足一足ハケで塗って仕上げ、ムラ感もだすことでアンティーク調に仕上げ、イタリアらしいセクシーで色気のある表情を持つ靴に仕上げているんですね!

この手法はやはり難易度が高く、濃淡があまりにも極端に出来てしまったり、左右の色差が生まれて個体差が大きくなってしまったり、ほんとに高度な技術を要する革靴なんです!

だからこそ美しい!💓

最終的には全く同じ靴は1つとして存在しません!細かく見たら色のムラや濃淡が微妙に違うけど、それがまたいいんです!

人の手特有の暖かさがあり、まさに一足一足に魂が宿っています!👍

一足の靴が仕上がるまでに途方もない時間を費やし、時間と労力をかけ製品として、唯一無二の個性を作り上げています!

イタリア靴を何万足も毎日・毎日作り出した手。職人歴62年という長い年月で培われた指の厚み。プレディビーノは職人の伝統の技から作られてきます。

程よいアンティーク調が美しい、チャッカブーツ。しかし注目して頂きたいのは靴ではなく、職人さんの手。( ´∀` )

何万足も毎日・毎日作り出してきた職人の手。職人として62年という長い年月で培われた指の厚みは見事。
ごつごつしたその手はとても温かみがあり、職人のプライドを感じさせてくれるような厚みのある手です。

毎日朝から夜まで、靴を創り続けそして研磨する日々の中で靴を知り尽くし、どこの部分をこするとより色気が出てくるのか?
どこの部分を強調すると、スタイリッシュな足元になるのか?そんなことを靴を見た瞬間瞬時に判断し、そしてあっという間に仕上げてしまう!
そんな職人技があってこっそ!PREDIBINO(プレディビーノ)が成り立っているんですね!(⌒∇⌒)

ほんとに感謝です!m(_ _”m)

 

特徴④3万円代で手に入る驚きの低価格。

PREDIBINO(プレディビーノ)はこれほどまでに制作過程で、人の手が加わり一足一足丁寧に仕上げているにも関わらず、なんと製品のほとんどが税込み3万円弱なんです!

これはほんとにリーズナブル!( ゚Д゚)

正直百貨店などの紳士靴売り場に並んでいたら、普通に5~7万円ぐらいはしてもおかしくないクオリティー!✨💓

ほんとに破格ですよ!(笑)

コストパフォーマンスの理由は滅茶苦茶シンプルです。

単純に利益率を頑張って下げてます!👍

革靴で3万円という価格が高いか、安いととらえるかは人それぞれだと思います。しかしながらレザー、縫製その他全てをイタリアにて行い、可能な限りハンドメイドを加え、途方もない労力と創り手の想いがある靴である事を考えると、その価値は価格以上だと思います!

イタリアンレザーを使用し、マッケイ製法で仕上げ、職人の手で染色を加え、一足一足丁寧に味やムラを出した靴は手入れを施せば10年以上愛用できます!

長く使えるというのは、ほんとの意味でコストパフォーマンスに優れ、ある意味サスティナブルですね!👍

 

最後に。

皆さん!PREDIBINO(プレディビーノ)の良さについてはもう十分にお分かり頂けたと思います!(⌒∇⌒)

PREDIBINO(プレディビーノ)は僕らがイタリアの職人さん達と一緒に手を組んで、イタリア製で作られイタリア特有の色気が感じられる「本物」を、日本人にでも合いやすくお気軽に履いていただきたくて作った、ドレスシューズなんです!

履いてくことに馴染む革と、だんだんと味を帯びてくる表情のムラは履けば履くほどに止みつきです!

愛着も沸いてきちゃいます!💓

PREDIBINO(プレディビーノ)を制作している、イタリア フィレンツェ郊外のモンテカティーニ テルメに工場を構えるエンリコ社長はこんな事を仰ってました!


 

「僕達は、「靴」を創っているのです。完璧なモノがかっこいいですか?寸分のすきもない、 完璧な女性も確かにいるかもしれません。
でも、 遊び心のある、 ちょっと砕けた女性が好きだったりしませんか?好きな事に理由はないと僕は思っているのです。

自分たちの手で仕上げる。全く、おなじ靴は出来ないかもしれないけど、一足一足に個性があり、 その靴に、どこか説明の出来ない魅力がある。 我々の靴が並んでいたら、思わず触ってしまう。

そのようなフォルムこそ、僕達の「靴」に対する愛情が商品に伝わっているからだと思っています。そして、今は、 スニーカー全盛になっちゃった。 成型して、ボンドでソールをつけるだけの靴。

アイコンがあって、わかりやすいポップなデザイン。それにも、思い入れがありますし、スポーティーでカッコイイですし、否定するわけではありません。

でも、靴は、それだけじゃないと思うのです。イタリアらしく、マッケイ製法に拘わり、コバを極力薄く、動きのあるセクシーなシューズ。 履き心地とスタイリングを、しっかりと保った感度の高い一足です。今までもこの工場で受け継がれてきたように、職人の気持ちが伝わる、レザーシューズの文化を、残したいし、私たちは、創って行きます。」


 

熱い思いとイタリア人らしい茶目っ気たっぷりな言い回し!☆(ゝω・)vキャピ

しびれますね!👍✨

やっぱり

「お洒落も身嗜みも足元から」ですね!

それでは!文(ムン)でした!(⌒∇⌒)

 


 

本日ご紹介したプレディビーノ、そしてご自身がお持ちの革靴を永くご愛用したいのなら靴磨きは必須です!👍

革靴のお手入れに関するブログもございますので、ぜひ覗いてみて下さいね~

革靴に関するお手入れブログはコチラから↓↓

忙しいビジネスマン必見!初心者にも最適なお手入れ方法!超簡単な革靴メンテナンス ~初級編~

誰でもすぐに始められる!超簡単な革靴のお手入れ靴クリーム塗布(メンテナンス)〜中級編〜

 

プレディビーノの公式WEBサイトも是非是非!覗いてみて下さいね♪(⌒∇⌒)

公式WEBサイトはコチラから↓↓

イタリア製、職人によるハンドメイド ハイブランドにこだわった紳士の必需品 プレディビーノ

 

プレディビーノの革靴ラインナップが気になる方はコチラ↓↓からび

イタリア製の粋なドレスシューズ。プレディビーノの革靴。

お問い合わせはLINEからも可能です!そのほか新作の最新情報をいち早くゲットできます!

まだ友達登録がお済でない方はコチラから!

友だち追加

 

 Men's collection HAYASHI メンズコレクションハヤシ 三好店

 

 

↓ここから、オクテットの友達になってください

友だち追加

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-Men's Collection HAYASHI 三好店, 実店舗, ブランド別, Predibino/プレディビーノ
-, ,

男性がかっこよくなるためのコンテンツを配信 Octet Channel
  • 郡山悠也
  • 林啓成
  • 中村綾花