Finamore,JACOB COHEN,TATRAS,PT01,etc
店内全品送料無料

トップスの選び方

1.トップスについて

こんにちは! あなたは好きなトップスや嫌いなトップスってありますか? 私はなんとなくスウェットが苦手です... 首が詰まっているように見えて太って見える気がするからです。 実際太いので首が詰まっているものは苦手です。 このように、「セーターはちくちくするから着ない!」とか「体が細いからTシャツは嫌い!」とかあると思います。 今日はそんなトップスについて考えてみたいと思います! きっと明日、トップスを買いに行きたくなること間違いなしですよ! まず、サイズの選び方についてわからない人はサイズの選び方記事をどうぞ! サイズをあわせることはトップスをかっこよく着こなすために絶対必要なところです。

2.トップスの種類

トップスといってもたくさんの種類がありますが、何種類知っていますか?
今回は知っていて当たり前!な主要なものを紹介していきますね!
  • Tシャツ
  • ①Tシャツ

    皆さん、夏に絶対に着たであろうTシャツ! お気に入りの1枚を見つけたら着まくってしまい、1シーズンでダメにしてしまうのは私の悪い癖です笑 暑いからとインナーを着ずに1枚で着て、乳首が透けてる人を見ると、私はとても残念に思います。 かっこいいTシャツも、印象も最悪になってしまいます。 暑いけれどもそこはグッとこらえて、インナーを1枚着ましょう。 カラーのインナーを合わせて袖から少し出しても今風のコーデになりますよ! ジーンズとあわせたり、アウターにレザージャケットをあわせてもかっこいいですよね!
  • ポロシャツ
  • ②ポロシャツ

    ポロシャツも着たことがあると思いますが、いかがでしょうか? ちょっとゴルファーっぽくも見えますね。 さわやかで清潔感のある好青年に見えます!が、これはボタンを留める数によります。 全部留めると好青年、少し行儀よく見えます。 1個あけるとよくいる青年!これくらいがちょうどいいと思います 2個、3個とあけてしまうと少しチャラくみえてしまいます。 1個あけて、チラッとアクセサリーが見えていたりすれば、かっこよく見えること間違いなし! モテファッションですね!パーカーをあわせることでキメすぎないかっこよさがでますね!
  • カジュアルシャツ
  • ③カジュアルシャツ

    こちらはオールシーズン着用可能なシャツです! これもポロシャツと同じでボタンによって見え方が違うもののひとつです。 やはりこれも1個あけるのが1番かっこいいと思います。 シャツは柄や色なども悩みどころですね...! 派手な色や派手な柄は合わせるのが難しいので、チェックやボーダー、ストライプ、水玉などがおすすめ! 私が好きなのは花柄ですが、小さな花の柄ならば合わせやすいですが大き目の花、ボタニカル柄などは難しく、少し間違えるとチャラく見えてしまうので要注意です ジャケットなどとあわせるとかっこいいですね。
  • スウェット
  • ④スウェット

    私のあまり好きではないスウェットです笑 見ている分には好きなのですが... こちらは運動着として作られたもので、英語のsweat(汗)という言葉からスウェットと名づけられたのですよ! なので汗をしっかり吸収してくれる生地で作られていることが多いです。 フード付きのものとなしのものがありますね。 フード付きだと洗濯後に乾きにくいので洗濯のことを考えるとフードなしのほうが良いのですが、フードありも素敵なので選びがたいですね!
  • ニット
  • ⑤ニット

    最後にニット! 秋冬に大活躍ですね こちらも、スウェットと同様、タートルネックやクルーネック、Vネックなどさまざまな種類があるのでお好みでお選びください! ニットは編み方にも特徴があり、ローゲージ、ハイゲージなどさまざまな種類があります。ハイゲージのほうが編み目が細かい分暖かいので寒くなったらハイゲージをおすすめします。 大きめのサイズを選んでしまうと実際よりも太く見えるときがあるのでぴったりをおすすめします! 素材によって、伸び縮みもあるので洗濯にはご注意を!冬に着ることが多いニットですが、サマーニットなどの夏素材を使ったものもあります。 この場合もですが、ニットは体型よりも大きく見えてしまうので、スキニータイプのジーンズを合わせるといいですね!

3.トップスの選び方とまとめ

以上の5種類、皆様は知っていましたか? この5種類、どんなときに着ればいいの?と思う人もいると思います! 選ぶときに重要視すべきなのは
  1. ①季節感
  2. ②TPO
の2つです。


季節感に注意して、他の服の色や形もよく考えて選ぶとわかりやすいです。 寒い季節にTシャツやポロシャツ1枚で出かけている人を見ると、小学生のころの元気な男の子を思い出しますね... 大人なので季節感を考えて着ましょう。 せめてカーディガンを羽織ると良いでしょう。 あとはTPO。行く場所によって考えてください。 授業参観とスポーツ、この2つのときが同じ格好ならばおかしいと思いませんか? やはり行く場所や周りの人によっても変えるべきです! 授業参観ならばさわやかにシャツ。 スポーツならばスウェット。 このように変えていくべきだからこそいろいろな形の服があるのですよ! 自分をよりよく見せてくれる服を自分が適当に選んでいたら、結果的に自分をダサくみせてしまうことになるのです かっこいい自分、こだわりを持った自分でいるために服を選びましょう。 毎日のコーディネーションを楽しんでいきましょう!

これで解決シリーズ