タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

Octet 名古屋 未分類 JACOB COHEN / ヤコブコーエン

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)の魅力と特徴!!!

投稿日: 更新日:

こんばんは。

オクテット名古屋の中村です。

今日はデニムジーンズで有名なヤコブコーエンをとことん掘り下げて行こうと思います。

ヤコブコーエンファンにも名前だけ知ってる方にも、全く知らないという方にも興味を持って頂けるよう書いていこうと思います♪

是非お付き合い下さいませ。

 

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

ヤコブコーエンとは?

1985年にイタリアのパドヴァにて、いくつかのブランドを成功に導いたと言われる企業家のTato Bardelle(タト バルデッレ)が創業したブランドです。

イタリアメンズデニム界の重鎮である、Mr.Rosso、Mr.Buziolと共に“最も有名な3人”の内の1人でもあるんです。

話が大きすぎて、とにかく凄いクリエーターだっていう事だけは間違い無さそうです。笑

後に『デニム時代』と言われる2003年から「ジーンズ=作業着」である

という概念と覆し「ジーンズはライフスタイルであり、ジーンズを着慣れていない人々でもシーンを選ばずに着ることが出来る、快適かつエレガントなジーンズを創ること」というコンセプトをベースに、創業者の息子であるNicola Bardelle(二コラ バルデッレ)氏によって再建され人気を獲得しています。

 

名前の由来は??

人の名前のように見えるにもかかわらず創業者「Tato Bardelle」の名前と異なることに違和感を持った方もいるのではないでしょうか。

実際にこのブランド名は人の名前に由来しており、この名には深い意味が詰まっています。

実は「Jacob」とは、あのデニムの代表的ブランド「Levi Strauss(リーバイス)」に関わる重要人物から取られています。

リーバイスのブランド創設者はリーバイストラウスというのは有名な話ですが、そのリーバイスでジーンズには欠かせないディテールであるリベットの開発をした人物の名前こそが「Jacob Davis」なのです。

この人物のファーストネームをとって「Jacob」をブランド名においております。

COHENはどっからきたねん!と思いますよね。笑

「Levi Strauss」はユダヤ系ドイツ移民の企業家という事から、ヘブライで最も有名な苗字の「Cohen」が採用されたそうです。

何度か読み返して納得しちゃいました!

なんか知れば知るほど奥が深くて面白いブランドですね♪

 

ブランドコンセプト

リーバイス501の仕様にのっとりながらも、イタリア独自の立体裁断、テーラード技術をあしらって、他のジーンズにはない美しいシルエットを作り出しています。

「高級スーツを着る人の普段着」をコンセプトとして、「高級仕立てのジャケットに合うデニム」「ジーンズでありながらスラックスのように快適でエレガントで毎日穿きたくなるようなジーンズ」を目指して仕立てられている為、ジーンズでありながら非常に繊細な作りになっているのも特徴なのです!

ヤコブコーエンのジーンズは「テーラードジーンズ」という呼び名で新たな洋服のジャンルを作り出したと評価する業界関係者も多いみたいです。

 

でも…一般人にテーラードジーンズと言われましてもね~…。ってなりますよね。汗

でもどう違うか気になる所です。

 

ヤコブコーエンのここが違うよ!をポイントでご紹介していきます♪

1、美シルエットを作り出すアイロンワーク“くせとり”

洋服作りの基礎と言っても過言ではない「くせとり」と言う技術。

この技術は既製品で使われる事は珍しく、一般的にオーダーメイドのスーツなどその体型にピッタリとフィットさせ、美しいシルエットを必要とするテーラーの洋服に用いられるものなのです。

作業着から発展していったジーンズとは、ほど遠い関係にある技術だとも言えますが、実はこの技術を使う事自体が、JACOB COHENを人気にさせた大きな理由になっていると言い切っても良いそうです。

 

2、スラックスに見られるディテール”ベルトピンフック”

普段のジーンズの前中心のベルト部分をみると、打ち込み型の前釦がついています。

JACOB COHENのジーンズに注目してみると、前のベルト下部分にループのようなものが挟み込まれているんです。

これがあることによってベルトを締めた際にこのループにベルトピンを通すことでパンツだけ前がたるまずに、しっかりとした印象を持たせることが出来、普段カジュアルの分野にあるデニムには備わることのないディテールとなっております。

ベルトピンと通す事で、テーラード感をアップさせています。

 

3、見えないスレキにも手を抜かずデザイン性を取り入れる

一般的にジーンズのポケットなどに使用される袋布は、白無地のスレキなどが多いかと思います。

無地では無く、そのジーンズのデザインにあったプリントのスレキが使用しています。

そこにも拘りを取り入れるのはさすが、ヤコブコーエン。

 

4、リベットやボタンはイタリアンジュエリーより発注生産

リベットや付属品にも死角がありません。

イタリアンジュエリーより発注生産するだけあって、質の良さは一目瞭然。

一つ一つのカラーリングを変える配置も拘っており、注目ポイントとなっております。

 

5、生地は”日本産”、縫製は”made in ITALY”

デニムの産地として世界的に有名な岡山からわざわざデニムを調達し、イタリアのテーラー技術で生産するという贅沢ぶりにもJACOB COHENのこだわりが感じられます。

なんか嬉しいですね。

こんな有名なブランドさんが日本産の生地を好いてくれているなんて…。笑

 

6、JACOB COHENと”香り”でわかるフレグランス

ジーンズ自体の作りのみにとどまらず、ヤコブコーエンのジーンズは香りまでもがデザインされています。

これは知っている方も多いのではないでしょうか。

工場の生産段階で「パチョリ」というハーブのフレグランスを浸み込ませることで香りだでけでそれとわかるようにブランドイメージを構築しています。

これがまたいい香り過ぎて、ずっと嗅いでいたくなる程なのです。

 

個人的に一番好きな所は、ジップフライ裏にある刺繍です。

あら不思議!器用に文字がデザインされているんです♪

可愛らしい。

「Go to bed with a dream Wake up with a purpose」

夢と共に眠りにつき、目的と共に目覚めよ。

エレガントな遊び心があってとても素敵だと思います♪

 

『ヤコブコーエンってシリーズ多いよね!?だからどれを手にとっていいのかわからない。』

と思われるかたもいらっしゃるかと思います。

勿論シリーズはたくさんあります。そしてジーンズの色味。

一番にオススメしたいシリーズが定番シリーズです。

定番の【622】や【688】と言った股上が浅くし、膝下がテーパードした美シルエットは、初心者からコアなファンまでも虜にしてしまいます。

是非1度、足を通して実感してほしい1本となっております。

 

 

ヤコブコーエンの特徴やポイントなど説明させて頂きました♪

少しでも興味を持ってもらえて、1人でも多くの方に好きになってもらえたら嬉しいです。

 

ではまた。

オクテット名古屋の中村でした♪

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-Octet 名古屋, 未分類, JACOB COHEN / ヤコブコーエン
-

  • 郡山悠也
  • 武田真実
  • 岩谷早紀