タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

GIANNETTO / ジャンネット Octet 名古屋 Paraboot / パラブーツ 未分類 PT01/05 / ピーティーゼロウーノ・ピーティーゼロチンクエ

大人の為の最高なサンダル☆パラブーツのグルカサンダルが大人気!

投稿日:

こんにちはこんばんは。

オクテット名古屋の中村です♪

 

平成ありがとう。よろしくお願いします令和。

新元号になりましたね。

平成生まれの私ですが、何かと思い出は多く濃くあります。

皆様にとって『平成』とはどんな時代でしたでしょうか。

私達、林商店スタッフの平成がこんな時代でした…

という5月号のでら通になっております。

平成を全力で楽しんできた訳ですが、令和でも良い事も悪い事も

全力で楽しんで笑って過ごして行くことが私の目標です♪

5月に入ってお休みがあったら、伊勢神宮にお参りに行く!

が今一番やりたいことです(笑)

さてさて私の小話は置いといて。。。

 

 

今回はパラブーツのグルカサンダル【パシフィック】

の、ありとあらゆるご紹介をしていきたいと思っております♪

今季はなんと別注まで作らせて頂きましたので

後ほどご紹介していきます!

 

暖かくなり始め、そろそろサンダルを探し始める方も

多いのではないでしょうか??

スニーカーだと暑いし蒸れるし…なんかいいサンダルないかな~

と思っている方に読んで欲しいです(‘◇’)ゞ

中にはサンダルと言えば子供っぽいという印象をお持ちの方も

いらっしゃるかもしれません。

今回はそのイメージを少しでも変えられたら…と思い

書かせて頂きます。

 

そもそもグルカサンダルって何??

と思う方もいらっしゃるかも知れないので

細かく話していきたいと思いますので

その魅力が伝われば幸いでございます。

 

 

⇒グルカサンダルとは??

19世紀、複数のネパール山岳民族により構成された部隊

『グルカ兵』に支給された軍靴が始まりとされています。

英国が目を付けファッション用に展開したのが

今のグルカサンダルです。

少し前まではグラディエーターと呼ばれていました。

有名な映画でありましたね。

漫画が実写化した温泉のアレです!!

話が脱線してしまいましたが、イメージ的にはつきやすいかと…

サンダルなんですが全体的にホールドされている状態で

特に革靴の形状をしており、編み込みのサンダルは

抜群の通気性でフィット感も魅力の一つだと思います。

 

 

⇒パラブーツ/グルカサンダル【パシフィック】名前の由来

パラブーツの夏靴と言えば

デッキシューズの“Barth(バース)”

コインローファーの“CORAUX(コロー)”

が定番化している中、今注目を集めているのが

グルカサンダルの“PASIFIC(パシフィック)”

バースは海軍由来のモデルとなっており

パシフィックは陸軍を印象付けるミリタリースペックを持ちます。

バースやコローも夏靴に相応しく重宝しますが

また違った角度で使い勝手の良い、グルカサンダルは

ミリタリーテイストな夏靴ながら、モデル名は

「PACIFIC(パシフィック)」=太平洋

をもじって名前が付けられているのです。

感慨深い所です(‘◇’)ゞ

 

それにしてもなぜパラブーツのパシフィックは

こんなに支持され人気を博しているのか。

なぜファンを虜にしているのか、気になりませんか??

毎シーズン年々ファンが続出するのです。

それには理由が付き物ですよね。

パシフィックの魅力をお伝えしていきます♪

 

 

パシフィックの支持される理由と魅力とは?

そもそもパシフィックが2種類存在している事は

ご存知でしょうか?

LISオイルドレザーを使用したタイプとベジタブルタンニンレザーを

使用したタイプとあるのです。

何が違うかと言いますと、

 

LISオイルドレザー

マットなお顔立ちが特徴で、耐水性に優れています。

オイルドレザーならではの光沢の美しさは『フランスの宝石』

と称される程、上質なカーフを使用したいる事が見てわかります。

 

ベジタブルタンニンレザー

植物タンニン鞣しとも言われる製法で

草や木の汁など天然植物から抽出したタンニンを使用し

鞣していく製法です。

30以上も工程があり手間がかかる仕上げなのです。

使えば使う程味が出て、汚れや傷までも味方し、

自分好みに育てていける事が魅力の一つです。

発色の良さも夏らしくを演出してくれるのが

ベジタブルタンニンレザーならではです。

 

 

結局どっちがオススメなの?と言われてしまうと

どちらもなのですが、お好みのカラーと質感、見え感で

決めて頂ければと思います♪

 

 

目で見てわからない事もありますよね。

そうです!履き心地。

 

快適な履き心地を実現しているのです。

アッパーのフィット感はもちろんですが、足裏が直接触れる

フットベッドのクッション性が優れているのです。

自然と馴染んでくれる良質なインソールじを使っている事から

吸湿性・通粋性も抜群なのです。

なので雑菌が繁殖しにくく清潔に保たれやすいのです。

ビニール素材やゴム製品と比べ、雲泥の差がある事も

履いた時に実感して頂けると思います。

 

構造としては

サンダルながらドレス感漂うアッパーのデザイン

も外せない魅力です。

太い幅紐で編まれたアッパーは、サイドからぐるりと甲を

包み込みながら指先が飛び出さないよう緻密な計算と

なっております。

中央には、台形のような図形が3列浮かんでいます。

つま先からくるぶしに向かうにつれて肌の露出面積を

多く設けることで清涼感を確保しているのです。

足首の位置で大きくカーブした短丈で、くるぶしに当たりに

くく靴擦れしいくいのもポイントで、

足首は前のめりしにくいストラップ仕様の仕上がりです。

スリッポン感覚で履いていただけると思います。

 

 

パラブーツが採用している製法と言えば、

本格的なノルヴェイジャン製法です。

ですがパシフィックに関しては、セメント製法を採用しています。

何が違うかと言うと、例えばパラブーツのシャンボードに足を

初めて通した時って堅さが悩ませる原因の一つに挙げられます。

ですが履けば履く程馴染んでいく事が魅力として挙げられます。

シャンボードであれば通年使って頂けるので、時間をかけて

育てていこう。という事が出来ますが

サンダルは期間が決まっています。

春夏期間限定なので、早く馴染んでくれないと困る…

結局シューズボックス行で来シーズンまで冬眠。。。

と悲しくなってしまったり…

なのでパシフィックだけは足の馴染みが良い様に

セメント製法となっており、馴染みの速さと返りの良さが

最大の売りとも言えるポイントともなっております。

購入してすぐに快適な履き心地が実感できると思います。

 

 

ヒールの高さもまたパシフィックの魅力だと思います。

サンダル言えばカジュアルな顔立ちで、ドレスに合わせる事は

ほとんどないと思います。

サンダルにしては珍しい2.5cmという厚みがあります。

女性の言葉で言うのであれば、美脚効果や脚長効果に

期待できそうです!

パラブーツのアウトソールと言えば、自社製造というのは

有名な話で、拘り方が半端じゃないんです。

これはどのモデルではなく、パラブーツ全体のシューズにも

言えます。

約18種類のラバーソールが存在しており

シャンボード(CHAMBORD)→PARA-TEXソール

ミカエル(MICHAEL)→MARCHEⅡソール

などが定番では挙げられると思います。

パシフィックでは『SPORT』と名付けられており

名前の通り激しい動きにも対応できそうな仕様となっております。

パシフィックも他のパラブーツ製品同様に

アウトソールは天然ラテックスを使用しております。

合成ゴム製品と比較して頂ければわかるように

柔らかさやクッション性が劣る事はありません。

そして履いいただいた時のグリップ力はソール名に

SPORTと付くだけあると思わせてくれると思います。

そしてよーーーく見ると、ソールがギザギザしています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

それがパシフィックの最大の特徴ともなっています。

注目して見てもらえればわかるように

ギザギザも同じ方向には向いておらず

この違うパターンのソールはシャークソールと名付けられた

ソールよりも、優れているグリップ力を持つそうです。」

このギザギザのおかげで滑りにくかったり先ほど話した

優れたグリップ力を実現しているのです。

またしてもよーーーーーーーく見て頂きたいのですが

コレ!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

小さく真ん中にSPORTと記載もあるんですよ♪

 

ここまで話しましだが要は、サンダルだけどスニーカーの様な

履き心地で、カジュアル使いが当たり前とされてきたアイテムが

ドレスとして誕生し注目を集めている訳なのです。

例えばですが、今年のトレンドで言えば

デコパンを丈短めにダブル裾仕様にして

パシフィックを合わせた、綺麗めカジュアルコーデに

とても最適なのです。

ここまで完成度が高く魅力的な1足は中々見つからなさそうです。

そして自慢のできそうなサンダルになってくれますよ。

 

これからの時期だと川遊びや海など水辺に行くシーンが増えて

来るかと思います。

そして毎年ジメジメして嫌な時期ですが、梅雨もあります。

そんな時にも大活躍しますし、お出かけしたくなる様な

ワクワク感もあると思います。

水に強い所は本当に頼もしいですね♪

 

パシフィック全アイテムはコチラから♪

 

 

さてさてここまでパラブーツのパシフィックについて

説明させて頂きました。

大体の把握はして頂けましたでしょうか??

まだまだ終われない訳がありまして…。

それはですね!なんと!!

 

パラブーツASIFIC(パシフィック)の当店別注カラー

を皆様にご紹介したいのです。

昨年の春夏にたくさんのお問い合わせを頂きまして、

ネイビーカラーとホワイトカラーを当店別注で作らせて

頂きました♪

昨年ネイビーカラーが即完売した事もありまして

今季当店ではそのネイビーカラーがすぐにゲットして

いただける様になりました。

夏らしく紺×白とマリン感漂い、夏には絶対選びたくなる1足と

なっております。

ソールがホワイトと爽やかさも増して誕生。

ホワイトカラーは、アウトソールがベージュとなっております。

 

歩きやすくハイスペックなままに、

長くご愛用いただける様な夏靴です。

LIS リス(オイルド)レザーを使用しており、アウトソールも

SPORTとまさに仕様はパシフィックそのままです。

セメント製法もそのままに、足裏の安心感や安定感、疲れにくさも

さすが、と声に出てしまいそう。

踵ヒールの高さが別注では3.0cmと、従来よりも0.5cm高いのです。

さらなる美脚効果が得られると思います。

 

ここで別注を使用したコーディネートの

ご紹介をしていきます♪

《コーディネート》

~コーデアイテム~

シャツ:ジャンネット

パンツ:PT01

シューズ:パシフィック

 

全身明るめカラーで清涼感たっぷりの爽やかコーディネートです。

ミントカラーのリネンシャツは爽やかさだけでなく

清潔感もあり女子ウケ抜群です。

大人のマリンテイストとしてホワイトのPTバミューダが

上品に格上げしたスタイルに魅せます。

ハーフパンツは子供っぽいから苦手…

なんて会話を店頭に立っていると、聞いたりもします。

PTバミューダに関しては、良い塩梅の丈感に

ドレッシーさをプラスしたアイテムなのです。

程よいテーパードシルエットが生み出す大人の魅力。

子供見えることには理由があって、裾幅が太め程子供っぽく

見えてしまうのです。

また、プリーツ具合も主張し過ぎることなく上品な見え感に。

お洒落は足元から…なんて言葉があるように意外と

足元って見られていて、言葉の意図として

“細かい所まで気を使える”なのです。

実際男性の足元って見がちだな〜と感じることも

チラホラ有ります。

足元まで気を使える男性って、気遣いを出来る印象で

男性の余裕さや、上品さや色気すら感じます。

今回はでらでら別注のパラブーツのパシフィックを使用した

夏の先取りコーデにしました。

紺×白がマリンさを強調してくれますよ♪

お出掛けデートにも使いやすいコーデですよ。

 

 

→パシフィック当店別注モデル

ネイビーカラー

ホワイトカラー

 

 

さてさて今回はパラブーツ・パシフィックだけの

ご紹介となりました。

いかがでしたでしょうか。

少しでもパラブーツ・パシフィックの魅力と支持される理由に

興味を持って頂けたら嬉しいです♪

夏に向けてお早めにチェックしてゲットして下さいね。

 

 

オクテットのインスタグラムが今熱いです!!

更新率も高めでいち早く新作情報やコーディネートが

チェックできます♪

新元号になり、また新たなプレゼント企画も

ご準備しておりますので、お楽しみに!!!

オクテットのアカウントはコチラから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

ではまた。

オクテット名古屋の中村でした。

↓ここから、オクテットの友達になってください

友だち追加

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-GIANNETTO / ジャンネット, Octet 名古屋, Paraboot / パラブーツ, 未分類, PT01/05 / ピーティーゼロウーノ・ピーティーゼロチンクエ
-

  • 郡山悠也
  • 中村綾花
  • 岩谷早紀