タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

オクテット名古屋(Octet nagoya) TATRAS / タトラス

タトラス/TATRASのドミツィアーノ/DOMIZIANOを徹底解析!(メンズダウンのRラインとは?/アゴルドとの違いは?/スーツに似合うのか?/おすすめコーデは?)

投稿日: 更新日:

こんにちは、オクテット名古屋の大石です。

ブランド創設から10数年にして、世界中から注目を集めているブランド、TATRAS(タトラス)!高品質で保温性と機能性に優れている素晴らしいダウンジャケットを作り出しています。TATRAS(タトラス)が展開しているダウンは数多くあり、どれもシルエットが綺麗で人気が高いのですが、その中でも一味違い、ワンランク・グレードアップして個性を放つ、最も人気モデルであるのが、ドミツィアーノ(DOMIZIANO)です!

今回はそんなタトラス(TATRAS)のドミツィアーノ(DOMIZIANO)の魅力に迫り、サイズ感、コーディネート、Rラインや人気カラーなど、詳しく解説していきます!

 

目次

ドミツィアーノってどんなモデル

Rラインとは?

サイズ感は?

コーディネートの仕方は?スーツにも合う?

正規取扱い店は?小さいサイズ、大きいサイズは?

 

 

 

 

ドミツィアーノってどんなモデル

タトラスのドミツィアーノは毎年サイズ欠品・完売となり、昨年は再入荷後も即完売となったTATRASを代表とするダウンです。 モダンな印象と美しさを兼ね備えた大人の為の究極モデルのダウンジャケットなのですが、ドミツィアーノと耳にしたことはあってもイマイチ何が他のモデルと何が違うのか良く分からない方も多いかと思いますので、ディティールと共に他のモデルとの違いとは何か詳しく解説していきます!

・ディティール

ドミツィアーノを語る上で欠かせないのが、「生地」「機能性」「シルエット」「デザイン」ですね!いや全部じゃんって思いますよね。そうです全部凄いのです!「生地」から一つ一つ解説していきますね!

 

さっそくですが「生地」から解説していきます!写真を見てどうでしょうか!本当にダウン?っと目を疑ってしまうほどスマートで品がありますよね!!佇まいが凄すぎてずっと見てられるドミツィアーノですが、その生地の正体は撥水性を備えているイタリアのロロピアーナ社の生地、Super150のウール×シルクの軽量ウールを使用しています。しなやかな柔らかさが得意なイタリア・ロロピアーナ生地はダウンとは思えないほど上品な見た目!それもそのはず、ドミツィアーノはSuper150’sという平均繊維直径16.0㎛のすごーく細い原毛を用いているので「なめらかさ」、「光沢」そして高級感が非常に出るのです!ちなみにこの素材はウール95%, シルク5%の混紡なのですがTATRASさんがドミツィアーノを作るにあたって直接ロロピアーナ社にお願いして作った唯一無二の生地だそうです!拘りが凄すぎます(^^♪

そしてスーツでも合うと言われる所以は圧倒的高級感のある生地故の物かも知れません!また、ダウンに採用する際重くなりがちなウール素材ですが、ドミツィアーノはその点軽い! 柔らかく張りは抑えめ…なのに、撥水してくれるという、見て、触ってと、驚きが多いマテリアルなのも良い所!(^^♪

(ドミツィアーノ内側のホワイトグースの写真)

「機能性」はというと、生地の話でも少ししましたが、まず撥水性があります。そしてダウンを語る上で欠かせないダウンですが実は、ドミツィアーノの内側を覗くと上の写真のように実際に使われているダウンが一部分かるようになっております!見て頂きたいのはその色です!!そう、真っ白なんです!これは不純物が全く含まれていない証拠でありそれもそのはずで、使用しているダウンは最上級のホワイトグースダウン!保温性に優れ、 軽くとても柔らかいです!ダウン自体の反発の値を表すフィルパワーは、通常は500フィルパワーが高品質とされていますが、 それよりも更に高い「800フィルパワー」という最高品質ダウンを使用 しています。驚くほど暖かく、その上撥水という抜け目ない機能性ですね(≧▽≦)

写真(着画 全身(前から))

「シルエット」はレギュラーなダウンステッチを用いたスリムフィットタイプになっているのですが、不思議な程にダウンにありがちな、着膨れ感を全く感じさせないシルエットです!

写真(着画 ダーツ部分強調)

実は横身頃にダーツを入れてあり立体的ですっきりとしたシルエットを実現しているのも特徴で、身幅を大きくしてあるのですが、身頃にダーツがあることで、見え感はシャープでスッキリとしてるのが特徴ですね!スーツやジャケットなどで、ドレスアップした際も合わせられるようなバランスに構築されているシルエットはドミツィアーノを除いて他にありません!(*^^*)

 

横から見ても後ろからみてもダウンとは思えない程シャープなシルエットだと分かりますね。ダウン特有の着膨れが気になって敬遠されていた方こそドミツィアーノを着てみる事をオススメします!

写真(ジッパー部分)

「デザイン」は見て頂いたように数あるダウンの中でも物凄く綺麗です!なんといいますか、無駄が全くありません!その中でもひと際目を惹くのはジッパー部分ではないでしょうか?まるでシルバーアクセサリーかのようなラグジュアリー感が漂っております!実際にジッパーは拘っており、イタリアの世界一美しいと名高いLAMPO社製のファスナーを使用!ARMANIやPRADA・CHANEL・DOLCE&GABBANAなど有名ブランドで使用されているファスナーであり、シルバーメタルパーツ一つで上品で高級感がありますね!

・アゴルドとの違い

ドミツィアーノと耳にしたことはあってもイマイチ何が他のモデルと何が違うのか良く分からない方も多と思います。タトラスのダウンには、ドミツィアーノ以外にも、ベルボ、ボルボーレ、アゴルドなど様々なモデルが存在します。中でも比較的シルエットが少し似ているのがアゴルドなのですが、細かい作り、生地、シルエットはドミツィアーノとは異なります。

写真上(ドミツィアーノ)写真下(アゴルド)

こうしてみると違いますよね!一目で分かる点はいくつかあるのですが、1つはファスナーですね!シルバーパーツかどうかで一目で分かります!正確には、ドミツィアーノは高級感のあるLAMPO社製のファスナーに対して、アゴルドは、YKK社製VISLON止水ジップパーツです。

もう一つダウンステッチの幅ですね。ドミツィアーノはアゴルドに比べると幅が狭くシャープに作られています。良く見ると結構違うことがわかります!機能的な面を重視し、程よいナイロンの艶感が特徴なのがアゴルド、必要な機能面を押さえつつ、圧倒的なラグジュアリー感のあるダウンジャケットがドミツィアーノといった感じですね!

そして最も違いが分かる点はRラインかどうかですね!Rライン??っとあまり聞き馴染みがない方も多いワードだと思いますので詳しく解説していきますね!

 

 

 

Rラインとは?

ドミツィアーノを語る上で切っても切り離せないワード”Rライン”!簡潔に言えば、ワンランク上のモデルという事です!

ではどこで見ればいいの?となるのですが、一目でRラインか判断するならこのロゴ部分ですかね!

写真上(普通タグ)写真下(Rラインタグ)

タトラスのロゴに重なった「R」の文字ですが、実はロゴマークの3つの十字架の一つは、「エレガンス」を意味しています!

そしてその通常のタトラスをさらにリッチに、ワンランクグレードアップしてエレガントなデザインとなったのが「Rライン」という事なんです!ちゃんと意味があって驚きです(^^♪

これもRラインならではですが、中側にタトラスロゴマークのプリントが施されています!Rラインへの拘りが感じられます(^^♪

まだまだRラインの特徴はあるのですが、さらに詳しく知りたい方はこちらのブログにまとめてありますので参考にして頂ければと思います。
Rラインの解説ブログはこちら!

 

サイズ感は?

さて、ドミツィアーノのディティールを解説してきたわけですが、気になるのはサイズ感ですよね!イメージを左右する重要なサイズ感!詳しく解説していきますね!

 

身長177cm体重63㎏の自分でどういったサイズ感になるのか早速着てみました!

↓2サイズ着用

 

↓3サイズ着用

サイズ感は人それぞれの好みもあると思いますが、自分の場合は腕周りや着丈を考慮するとジャストサイズは2です。

着用感として、腕周りは割とスリムなので、肩幅や胸板が大きい方はサイズ3が良いですね!

 

さらに前のジップを開けた状態でも着てました。

↓2サイズ着用

 

↓3サイズ着用

前を開けてみましたが、やはり3サイズは全体的に野暮ったく見えますね!ちなみに、袖丈は自分は2がジャストで、3だと気持ち長い感じがしました。参考までに(^^♪

また、少しがばっと大き目で着たい方はワンサイズ上げる事をオススメします。

 

 

もう1名スタッフIをモデルにしたサイズ感もご紹介します!スタッフIは身長169cm体重53㎏です。

↓1サイズ着用

 

↓2サイズ着用

 

う~ん…正直あまり差を大きく感じられませんでしたw

実は21/22シーズンのドミッツィアーノは昨年と比較すると身幅が少しだけ大きめです。そのためスタッフIのように華奢な方ですと、身幅はそれほどパッと見に差を感じられないのです。

ただ袖丈を見ると2サイズだと少し余ってきますので、最終的にスタッフIの体型に近い方は1サイズを選ぶのが間違いないと思います!

 

 

コーディネートの仕方は?スーツにも合う?

さて、上品でシルエットもとても綺麗なドミツィアーノ(DOMIZIANO)!カジュアルは勿論、スーツでも着こなせるってご存知でしたでしょうか?ここからはドミツィアーノの着こなしとスーツに合わせる際の注意点など合わせてご紹介していきたいと思います!

ドミツィアーノ×ニットソー×デニム

ラフな休日のお出掛けには、デニムを用いたカジュアルなコーディネートがオススメ!

ドミツィアーノ特有のラグジュアリー感があるので、デニムやニットなどのカジュアルアイテムとも自然と着こなしがまとまります。

ドミツィアーノの黒はより高級感が出てカッコイイです( *´艸`)

 

写真の商品はコチラから↓
【ダウンブルゾン】タトラス TATRAS ドミツィアーノ ブラック
【インナー】ヌメロ N°21 ウールニットソー
【パンツ】アントレアミ ENTRE AMIS デニムパンツ
【靴】パラブーツ PARABOOT コロー

 

ドミツィアーノ×シャツ×コットンスラックス

ショッピングやレストランであれば綺麗めのコットンパンツにシャツを合わせるのもオススメの着こなし方!

数あるダウンの中でも綺麗でスタイリッシュなシルエットだからこそ出来る組み合わせですね(^^♪

 

写真の商品はコチラから↓
【ダウンブルゾン】タトラス TATRAS ドミツィアーノ グレー
【シャツ】ジャンネット GIANNETTO コットンシャツ ワインレッド
【パンツ】インコテックス コットンスラックス

ドミツィアーノ×カットソー×コーディュロイパンツ

白のコーディュロイパンツやカジュアル目のタートルネックのインナーとの相性も◎

ドミツィアーノ特有のラグジュアリー感があるので、カジュアル目なインナーとのバランスもしっかりと取る事が出来ます。流石ドミツィアーノ!(^^♪

 

写真の商品はコチラから↓
【ダウンブルゾン】タトラス TATRAS ドミツィアーノ ネイビー
【インナー】チルコロ CIRCOLO タートルネック ブラック
【パンツ】インコテックス コーディュロイパンツ

 

ドミツィアーノ×スーツ

スーツとの相性も実は良く、ドミツィアーノの綺麗めでドレスライクなディティールとシルエットが上手くマッチして着こなせますね!

流石ドミツィアーノ様といったところなのですが、実はスーツを着る際は注意が必要です!

どうでしょうか?先程と同じドミツィアーノを着て、スーツの着丈が少し長い物を着てみました。先程の写真と違いスーツがドミツィアーノの下から大きく見えて少し違和感があると思います。スーツの着丈とドミツィアーノ(DOMIZIANO)の着丈より大きく上回る場合は避けた方が良いかもしれませんね!

写真の商品はコチラから↓
【ダウンブルゾン】タトラス TATRAS ドミツィアーノ グレー

ドミツィアーノの正規取扱店は?

ドミツィアーノ(TATRAS)は高品質で冬に頼もしい1着ですが、値段も張りますし、サイズ感も考えると簡単に決めきれない方も多いと思います。

さらに、人気モデルであるため、偽物も一部流通しているため、ネットでの購入は不安な方も多いのではないでしょうか?

正規取扱店であるオクテット名古屋(Octet Nagoya)では正真正銘本物を取り扱っており、小さいサイズから大きいサイズ(ドミツィアーノのサイズ5&サイズ6)まで取り揃えておりますので、是非店頭に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

タトラス(TATRAS)の正規取扱店証明として、ギャランティカードもしっかり付属しております!(^^♪

また、なかなか店頭に行くタイミングがない!といった方ご安心ください!!Octet名古屋では公式のLINEからサイズのご質問や、希望の商品の問い合わせ(写真を送って欲しいなど)等行えますので、是非登録して頂き、ご活用頂けたらと思います!

ではぜひ皆さんも『大人のダウン”ドミツィアーノ”』タトラスを試してみてください!

 

サイズ感等気になる点がありましたら、『LINE』の方で質問受け付けております。気兼ねなくご相談ください!
友だち追加

↓ここから、オクテットの友達になってください

友だち追加

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-オクテット名古屋(Octet nagoya), TATRAS / タトラス

男性がかっこよくなるためのコンテンツを配信 Octet Channel
  • 郡山悠也
  • 中村綾花
  • 文翔太