タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

実店舗案内 CIRCOLO1901 / チルコロ PREMIATA/プレミアータ DSQUARED2/ディースクエアード GIANNETTO / ジャンネット Octet 名古屋 replay / リプレイ Paraboot / パラブーツ TATRAS / タトラス 未分類

2019-20年秋冬に着たいセンスいいと思わせるメンズファッション☆イカすファッションとは!?

投稿日: 更新日:

こんにちはこんばんは。

オクテット名古屋の中村です。

 

先週は『ダサい』『イタイ』と思われがちなファッションを

いくつかご紹介させていただきました。

 

読んでいない方はまずそちらから読んでみて下さいね♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2019年版!『ダサい』『イタイ』と思われがちのメンズファッション

 

ダサいやイタイと思われてしまうファッションはご理解頂けたかと

思います。

逆を返せば、どんなファッションがイケてて、女子受けが

いいのでしょうか??

これって凄く難しいんですよね…

人それぞれ感性やセンスがあるわけでありまして…。

とは思いながら、書きたいブログを楽しく書いていきたいので

中村流でご紹介していけたらと思いますので

温かい目で見て頂ければと思います♪

30代から40代の方向けのモテ服をご紹介していきますね。

 

せっかくなので、秋冬のファッションでご紹介していきます♪

 

1、カジュアルもキレイも半々のいい所取り!!

 

今日はカジュアルでいいや!ってよれよれの服は

ナンセンス!!

軽くジャケットを羽織るだけで印象ってガラリと変わるのです。

カチッとしたジャケットが苦手な方も少なくないと思います。

ムリして着る必要はないのです。

ファッションってムリする物ではないですからね。

ジャケット嫌いさんでも簡単に羽織れるってとても大切だと思います。

ニットなので伸縮性も優れていて、The ニット

と言う雰囲気ではないのでココが大人の着こなしに魅せるところ。

足元には敢えて、大人顔スニーカーのフィリップモデル。

スウェードレザーながら、スポーティな雰囲気とエレガントさを

醸し出す逸品なのです。

そしてなんと言っても、身長に悩みのある男性には嬉しい

かかとの上がった作りとなっていますよ♪

カジュアルっぽくデニム+スニーカーに合わせる事が私の中ではオススメです。

 

《コーディネートの詳細はこちら》

ニットジャケット:ソリード

デニム:リプレイ

スニーカー:フィリップモデル

 

 

2、ジャケパンはやっぱり綺麗に!

 

安定の完成度なのです。

上下違うブランドにも関わらず、何故こんなにも

ジャケットが際立ち、ぴったり合うのかと言いますと

なんと言ってもブリリアがパンツ専業ブランドであるから。

計算し尽くされて設計に、“丁度いい”配色。

この技術を兼ね備えながら、まだまだ色んな方に知って欲しいと

イタリアパンツの中でも、お値段がグッと抑えられていることも

消費者には嬉しいポイントです。

味のある個性派ブラウンは、2019-20年秋冬のトレンドカラーになっていて

使いやすい1本です。

それだけでなく、腰周りはワンタックのゆるりが感じられ

膝下からのテーパードは裾幅が狭く、日本人の足を綺麗に魅せてくれます。

初めからダブルになった作りは、オシャレ初心者さんでも

簡単にチャレンジしていただけると思います♪

インナーのシャツは白にしてしまうとどこか、ビジネス感や

定番感が出てしまいがち…。

いつもの雰囲気から変えたい!と思われている方は

シックにネイビー色で合わせる事も上品でオススメです。

小物のクラッチバッグと足元は革製品、カラーはブラックと

統一感を持たせ、纏まりのあるファッションに!!

 

《コーディネートの詳細はこちら》

ジャケット:チルコロ

シャツ:ジャンネット

ボトムス:ブリリア

シューズ:パラブーツ

 

 

 

3、家族サービス!だけどカッコいいパパに見られたい

 

お子様がいればたまには家族サービスでお出掛け♪

なんて時もありますよね。

何歳になってもカッコいいパパって言われたくないですか?

ファッションひとつで、印象が決まってしまうと思うんです。

直接言われなくとも、カッコいいと思われればお洒落を提供する

我々からしたらコチラの勝ちなんです!(自己満足です)笑

遊園地に行くもよし!食べ歩きや散策するもよし!

大きな公園で遊ぶのもよし!と言う、わがままコーデを

ぎゅっとオクテット流にまとめてみました。

動きやすいだけでなく、しっかりお洒落さも取り入れました。

ブルゾンに派手さのあるデザインデニム。

ただのデニムかと思えば、自分の足に馴染んでいく、

ディースクエアード。そして柔らかさや履き心地の良さも

実感していただけると思います。

足元はスニーカーですが、ファー付きでちょっとお茶目に…♪

でも顔立ちは大人顔。だからこそ、ミスマッチが起こらず

しっかりとバランスをとってくれるのです。

秋冬にはぴったりな、靴といっても過言ではなさそうです。

 

《コーディネートの詳細はこちら》

ブルゾン:タトラス

デニム:ディースクエアード

スニーカー:プレミアータ

 

 

 

4、ハイブランドを一箇所だけ取り入れる

出典:WEAR

 

前回のブログで、コレはダメ!って言った中に

ハイブランドで揃えた成金ファッション×

と言いましたが、絶対使っちゃダメなんて言ってないですよ!

一箇所に取り入れるからこそオシャレなのです。

例えばですが、スニーカーだけ!靴下だけ!

実はシャツ○○のなんだ~等一部分だからこそお洒落に

見えるのですよ。

インスタグラマーさんではたくさん居ます!

例えばですが…

 

GUやユニクロ、H&Mで構成されたコーディネートに

ルイヴィトンのスニーカー

 

え!?急にハイブランド!で温度差にビックリしますが

厭らしさなんて微塵も感じませんでした。

これは妬み嫉みの領域ではなく、シンプルにカッコイイなと

思いました。フォローしてしまったことは内緒です笑

いい塩梅でコーディネートするからこそ、一般人は見たくなるし

真似したくなるのです。

何より近寄りやすい!!と思ってしまうのです。

 

 

 

今回4パターンでご紹介させて頂きました。

いかがでしたでしょうか??

30代から40代の方向けのデートやお出掛けコーデのオススメを

ご紹介させて頂きました。

たまのお洒落はカッコよくキメてお出掛けしてみては

いかがでしょうか?

女性ならお洒落な男性の横を歩きたいはずです!!

私もですが、やっぱりお洒落な男性の隣を歩きたいものですよ♪

特にデートとなれば、女性側も気合を入れるものです。

 

いつも同じ服でデートも惨めだと思いますよ。

少し棘のある言い方にはなってしまいますが

ご自身が気にしなくとも、一緒に居る女性からしたら

不快感すら与えてしまうことも。

また同じやん!ってなっちゃいますし、兎に角ダサいです。

楽しみがないですもん!!

どっか旅行に行けば楽しいとは思います。

ですが、服がいつも一緒…。

いくら洗っていたとしても不快感が伴います。

直接いえる女性ならいいのですが、思っても言えない方も

居ます。残念ながら別れの原因に繋がることもあるのです。

毎回別の物を着てね。と言っている訳ではなく

紳士としてせめて何本かパンツは揃えるべきで

トップスも何着か持っておくべきですよ。

超絶お洒落じゃなくてもいいので、清潔感や物の寿命がわかって

居る方が素敵だと感じます。

育てる革素材なら話しは別物なんですが…。

 

結果的に大切なのが、清潔感といったところです。

 

皆様も次のデートから気をつけてみて下さいね♪

印象ガラッと変わる方もいらっしゃると思います。

 

————————————————————————-

モテファッションを目指すなら!!

毎日Octet流のコーディネートを更新しております。

一括表示されますので、ぜひ覗いてみて下さいね♪

コチラをクリック🔎

————————————————————————-

 

Octetオクテット友達追加

画像をクリック!!!で最新情報を受け取れます!

 

 

 

随時新作のご紹介をしております。

私は基本的にインスタグラムに生息しておりますので

是非覗きにきてくださいね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

ご来店お待ちしております。

 

 

ではまた

オクテット名古屋の中村でした。

↓ここから、オクテットの友達になってください

友だち追加

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-実店舗案内, CIRCOLO1901 / チルコロ, PREMIATA/プレミアータ, DSQUARED2/ディースクエアード, GIANNETTO / ジャンネット, Octet 名古屋, replay / リプレイ, Paraboot / パラブーツ, TATRAS / タトラス, 未分類
-,

日本人も着られるイタリアコーディネート集。イタリアのメンズファッションブランドの着こなしをコメント付きでご紹介。
300以上のコーディネートをぜひ参考にしてください。
  • 郡山悠也
  • 中村綾花