タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

実店舗案内 CIRCOLO1901 / チルコロ GIANNETTO / ジャンネット L.B.M.1911/エルビーエム Ermenegildo Zegna / エルメネジルド・ゼニア Octet 名古屋 Paraboot / パラブーツ 未分類 PT01/05 / ピーティーゼロウーノ・ピーティーゼロチンクエ SOLIDO / ソリード

永遠のテーマ『アズーロ・エ・マローネ』

投稿日:

こんにちはこんばんは。

毎朝猫に温もりをもらってます。

どうも、オクテット名古屋の中村です。

 

随分と秋になってきましたね。

朝と夜の冷え込みが厳しくなってきておりますので

体調管理には十分お気を付け下さいね。

 

オーダーフェアが開催されました!!

詳しくは昨日書かせて頂ましたので

コチラをクリック!!!!

 

 

今日はイタリア人鉄板の方程式

アズーロ・エ・マローネ

について書かせて頂こうと思います。

 

ファッション通の男性からしたら、当然のように知っている言葉ではないでしょうか。

日本人のお洒落さんからしたら憧れの言葉なのかもしれません。

「アズーロ(AZZURRO)は空色、すなわち青」

「マローネ(MARRONE)は栗色、すなわち茶色」

を意味しており、文字通り「青と茶を組み合わせた色合わせ」を指します。

 

イタリアのメンズは【アズーロ・エ・マローネ】を好む理由??

“アズーロ・エ・マローネ”はピッティウオモのメンズファッションスナップを見てもわかる通り、

イタリアの伊達男達の十八番です。

流行りに左右されず長年ファッション通からは愛されている、

カラーコンビネーションなのです。

なぜこんなにも青と茶色の組み合わせが好まれるか不思議に思いませんか??

理由としては、茶色がジャケットやスーツの定番色であるネイビーを引き立てる色であり、

ジャケットの着こなしに独特な上品で華やかなスポーツテイストを演出するという点にあります。

 

 

 

 

日本人でよく見かけるのが、ブラックスーツに黒靴。

ネイビースーツに黒靴、ネイビースーツにネイビータイな気がします。

これはこれで纏まりがありお堅い感じで悪くはありません。

ですが、オクテット名古屋はお洒落男子を増やしたく、ファッションで男性を元気にしていきたい。

をモットーにやらせて頂いておりますのでワンランク上の着こなし方をご提案していきたいと思っております。

 

その為に活躍してくれるカラーがブラウンです。

あえてブラックではなく、ネイビーのスーツを選んで頂きたい訳です。

柔らかく優しい印象のあるネイビーカラーにブラウンを合わせて欲しいのです。

 

「同色」で纏める統一感ではなく

「2色」で魅せる差し色のある色合わせをしたコーデで

ワンランク上のレベルにいる様な気もしてきます。

 

 

更に言えば、色彩のコントラストは理にかなっており、色彩学的に

「青」は寒色、「茶色」は暖色に分類されています。

青と茶色は正反対の印象を与えるモノ同士の為、組み合わせた時のメリハリがしっかりつき間延びしない色合わせともいえます。

お互いを引き立てる色である為、着こなしには纏まりながら、立体的に浮き上がる魅力的な色彩関係ともいえます。

 

 

オススメ★コーデネート

 

こちらのコーデの特徴としましては、まず定番の着こなしの前提としまして

ベルトと靴の色を合わせる事です。

今回の場合敢えて、ネイビーのストライプスーツに無地のネービー体をセレクト致しました。

無地のネクタイをセレクトする事で、スーツのストライプがより一層目立ってくれます。

スーツをコーディネートする上で、レザーベルトにドレスシューズが必要不可欠ですよね。

ベルトと靴の色が合っている事により、簡単にカッコよく、スマートな着こなしに!!

更に言えば、バッグもブラウンレザーで統一してあげるとまとまりのある印象になる為高感度も高くなると思います。

 

 

コチラの着こなしとしましては、3Pのスーツでコーディネートしました。

大切な商談やパーティー等にオススメしたいコーディネートです。

とても知的な雰囲気のある着こなしになります。

3Pのネイビー無地のスーツをセレクトし、ブアウンカラーはさり気なく入れる事で、コーディネートが一気に引き締まります。

ネクタイとチーフからーを意識した、紺×茶の鉄板の組み合わせ。

茶系の小物アイテムは単体だとぼやけてしまいがちですが、ネイビーと組み合わせる事でさり気なくファッショナブルな着こなしへと変化致します。

オジサン臭いと敬遠しがちなブラウンカラーは、色合わせやコーディネートによって、存在感のある着こなしになるのです。

まずはビジネスシーンで少しずつ取り入れてみて下さいね!

 

 

こちらの着こなしとしましては、紺ブレとグランチェックパンツは定番な着こなしとしていますが、ブラウンのドレスパンツでもカッコいいと思います。

秋冬は、柔らかく暖かい印象を与えるブラウンが活躍する時期です。

特に今年の秋冬のトレンドカラーはブラウンとなっていますので、流行も最先端かと思います。

ダンディーな大人の印象を与えてくれると思います。

 

 

コチラの着こなしとしましては、ブラウンジャケットにデニムスタイルという、オクテットらしい組み合わせです。

デニムパンツはどうしてもカジュアルなスタイリングに見られがち。。。

ですが、紳士カラーであるブラウンのジャケットと組み合わせる事で、グッとエレガントな着こなしになります。

ダンディズムを語るには、デニムをカジュアルやスポーティだけでなく、ドレスに着こなす事も重要です。

その時のポイントとして、ブラックをうまく使う事!!

インナーにタートルネックでもカッコよく仕上げられますよ♪

 

 

コチラの着こなしとして、ブルーシャツにブラウンコーデュロイの組み合わせ。

コーデュロイはどうしてもボリュームが出ちゃうモノ!!

秋冬らしくてとてもカッコいいんですけどね。。。

そんな時はサラッとしたシャツでメリハリのあるコーディネートに!

スッキリした見た目と、季節感のあるコーディネートはスマートな印象を創ります。

ここでも、ベルトと靴は合わせて統一感のあるコーディネートに仕上げてあげると尚かっこいいと思います。

 

 

コチラの着こなしとして、ネイビーパーカーに薄めブラウンのチノパンをセレクト。

『今日何着ようかな~??』なんて迷った日にオススメしたいこのコーデ。

トップスのパーカーに足元のカラーを揃えるコチラのコーデはよりスマートに魅せる事が出来ます。

カジュアルなパーカーでも、ネイビー×ブラウンの組み合わせは鉄板です。

ネイビーのパーカーにはブラウンのチノパンやコットンパンツが高相性です。

 

 

 

今回は永遠のテーマ、アズーロ・エ・マローネについて書かせて頂きました。

それではまた。

オクテット名古屋の中村でした。

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-実店舗案内, CIRCOLO1901 / チルコロ, GIANNETTO / ジャンネット, L.B.M.1911/エルビーエム, Ermenegildo Zegna / エルメネジルド・ゼニア, Octet 名古屋, Paraboot / パラブーツ, 未分類, PT01/05 / ピーティーゼロウーノ・ピーティーゼロチンクエ, SOLIDO / ソリード
-

  • 郡山悠也
  • 中村綾花
  • 岩谷早紀