タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

TKのファッションは気合いだカバやろー!

カッコいいとダサいは紙一重

投稿日: 更新日:

 

久方の投稿でなんだかすみません。

 

なんかよくわからんのですが、バタバタとしてたっぽいのでブログ書くのをすっかり忘れとりましたww

 

 

 

で、今日は何を語ろうかなって思った訳ですが、書き始め当初に高校時代で止まってしまってました、自己紹介的な昔話を語りますかね。

 

わたくしが高校を無事卒業して、専門学校に入ったのは1990年だったでしょうか?

 

↑ギリ、バブルですねwww

 

古い...

 

 

 

この頃、何を着てたかな...

 

たしか以前ブログで紹介したハードアメカジ的な革ジャン(ライダース)か、80年後期に映画のトップガンから流行りだしたフライトジャケットとかを着てたのかな。

 

フライトジャケットについて詳しくは、いつものごとくウィキさんにお任せします!

出典:ウィキペディア

 

 

 

で、フライトジャケットの大定番といえば「MA-1」でしょうか。

出典:Alpha Industries

 

私はツルシのまま着るのが、気分的にいただけなかったんで、ワッペンぺたぺた付けてましたが...

 

まあ結局のところ、裏返しにして着てたんで、そのワッペンカスタムも意味無かったんですけどねww

 

出典:Alpha Industries

 

こんな感じで...

 

 

 

ちなみに、MA-1を裏返しで着るとカッコいいぞ!と教えてくれた我が師匠と言えば、ベイシティコップ(刑事)の小池刑事(藤竜也)さんです。

出典:ベイシティ刑事 プロハンター WEB

 

ちなみにこのTVドラマ、視聴率があまりよくなかったようで、今となっては知る人ぞ知るマニアックな感じになってますが、私の中では記憶に残る良いドラマだったんですね。

 

それとこのドラマ、主人公の二人の上司役で「おいーっす!」で有名な いかりや長介(ドリフターズ) さんが出てるとこも渋いんですよね。

 

ちょーさん、このあたりからドラマ出まくるようになったんじゃないかな...

 

 

 

あと、このドラマ。

 

オープニングが軽すぎて笑えるというか、本編はまあまあ渋いのにオープニングが全てをダメにしてしまってるのが惜しいんですよ...

 

だから人気なかったのかもですね。

 

ってTVドラマの話がしたいわけではないので話は戻しましょう。

 

 

 

このフライトジャケットってやつ。

 

トップガンが火付け役って感じと書きましたが、映画の中で主人公のマーベリック(トム・クルーズ)が着てたのは「G1」ってレザー製のフライトジャケットなんです。

 

そうです。

 

上で書いた「MA-1」ではないのです。

※けっこう、MA-1を着てるって勘違いしてる人が多いように感じますが、実際に劇中では着てないのですよ。(たぶん、セージグリーンのつなぎ(フライトスーツ)を勘違いのまま普及してしまってるんでしょうねwww)

 

トップガンのマーベリックモデルのG1ジャケットがコレ↓

出典:MAX CADYs

 

渋いですねえ...

 

ちなみにわたくしが持っていたG1(今も持ってますが)は、こーんなワッペンカスタムしてない、無垢のツルシです。

 

コレです↓

出典:amazon.co.jp

 

お恥ずかしい...

 

 

 

ちなみに私のヤツはこの(↑)SCHOTTのG-1で、当時このショットのやつが、ゴートスキン(※1)で、シルエットも細身でカッコよかったんで、バイト代を根こそぎ注ぎ込んで買ったもんです。

 

※1 ゴートスキン=山羊革

 

今でも現役で着れてるくらい、丈夫ですし、今ではいい感じにヘタレてきてるので、お気に入りの1着になってますです!

 

そのウチ着てる写真をココにあげますね。

 

今はまだまだ猛暑なんでご勘弁を...

 

 

 

このショット社のモノも、もちろんレプリカなんですが、ちゃんと本物と同じゴートスキンで作られてる点に惹かれてしまったんですねえ~

 

ウィンドフラップに「USN」の文字がパンチングで入ってますし。

 

 

 

なにせ、このUSNって文字こそが重要で、アメリカ海軍航空隊用のフライトジャケットの証なのですから。

 

United States Navy(アメリカ海軍(海軍省))を略して、USNってコトですね。

 

 

 

やっぱレプリカもんを買うにしても、少しでもリアルに近いものを!ってのが「男」の性ですかねwww

 

 

 

レプリカと言えば、その昔ブレードランナーってハリソン・フォード主演の映画があって、そこに登場する人造人間を「レプリカント」って呼びましたね。

出典:ciatr

 

↑ 彼がレプリカントのロイ・バッティです。

 

あっ!?

 

白い方ではないですよ!

 

 

 

白い鳩を連れてると言えば、ワンピースのロブ・ルッチが頭を過ぎりますが。

 

ん??

 

ロイ・バッティ ←→ ロブ・ルッチ

 

なんとなく似てますね...ww

 

 

 

ちなみにこのブレードランナーって映画。

 

1982年公開のSF映画なんですが。

 

この映画、当時から見たちょっと遠い未来の世界観と登場するキャストのファッションがとっても素敵なんです。

 

出典:FRONTIER

 

上の彼が主人公のリック・デッカートです。

 

どうです?このファッション。

 

コートやジャケットはまあ良いとして、問題はシャツとネクタイです。

 

 

 

何ジャンル?とか、そういったものを超越したコーデですね。

 

カッコよすぎます!!!

 

基本は茶色のワントーンコーデっぽいですが、そこを地味で派手な、なんとも言えない感じです。

 

これぞダサかっこいいってやつですかね。

 

しかも、しっかり #ネクタイ部 ですからね。

 

 

 

今更思い出して書きたおしてる訳ですが、今から真似したいコーディネートですね。

 

さすがリドリー・スコット監督!

 

 

 

ちなみにこの映画のヒロインとなるレイチェルさん。

出典:MEN’S Precious

 

こちらも相当にハイセンスなファッションです。

 

彼女もレプリカントですが...

 

 

 

で、久方ぶりに思い出してみて気付いたのです。

 

このレイチェルさん。

 

そっくりですよね、この東方仗助さんにw

出典:ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki

 

どう思います? みなさん。

 

 

 

今回もそれなりに長々とくだらない話的に進行してきましたが、

 

まあ脱線しつつも、それなりにファッションの話が出来たんじゃあないでしょうかw

 

最後に、とある姐さん的な女性の友達KKさんに教えてもらったんですが、メッセを入力するとその文章にそった絵をAIが書いてくれるってのがありまして。

 

「 Import select shop DERA DERA 」って入れてみたんです。

 

で、出てきたのがコレです。

出典:cvalenzuelab.com

 

どうですかね?

 

前衛的と言うか、ブレードランナーのように近未来的とも言うか???

 

ただコレを見て「でらでら」を思い浮かべる人間は、今現在ほぼ100人中100人居ないでしょうねwww

 

まさにコレこそが、SFの世界的な絵画なのかもしれませんね。

 

 

 

くみちょう(TK:近藤武志)

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-TKのファッションは気合いだカバやろー!
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  • 郡山悠也
  • 武田真実
  • 岩谷早紀