フィナモレ・パラブーツ・PT01・タトラス・オロビアンコ等ヨーロッパの最旬メンズブランドをご紹介

STONE ISLAND/ストーンアイランド Octet 名古屋 未分類

ここぞ!という時に、着たくなるダウンジャケット STONE ISLAND

投稿日:

こんにちは。

Octet nagoya 高浦です。

今日は、一日、雨。

テンション下がりますね!

夕方になって、やんでいる時間帯もありますが。

火曜日の定休日に久々に栄・久屋大通周辺をブラリ。

コーヒーショップやら、おしゃれ雑貨屋さんやら、

夜はテレビ塔周辺もぶらりとして、名古屋にきて、

9年ほど経つのに、名古屋でゆっくりとした時間を過ごしていなかったなと。

たまにリフレッシュできる時間ができると、

新しいアイデアが見つかったり、気持ちが楽になったり。

おしゃれを楽しむ理由が見つかったり。

視野が広まりますね。

最近、リフレッシュできる時間は、作れていますか??

めちゃ大事やなと気づけました!

————————————–

—————————————

秋にようやく突入したと思いましたが、

狙うは、すでに冬物へと興味は変わってきています。

おしゃれを楽しむ、仕事を楽しんでいる人達って、先の情報、イメージを

見つけるのがすきなんです。

先をいけるように、シーズン先の新しいアイテムを紹介せねばと

思うわけです。

今回のご紹介アイテムは、

STONE ISLAND

ストーンアイランド

ダウンジャケット

です!!

 

ストーンアイランドの良さは、何度かブログで書かせていただきました。

ポイントはやっぱこれでしょ!

ガーメントダイ

って言われている

<染色方法>

通常は、染色させた後に、作りに入っていくんですが、

モノが仕上がった後に、染色をしていきます。

それのどこが、違うのって感じるかも知れません。

順序が逆になっただけって思ったかも知れません。

 

後に染めを加えること、一体感!が増します。

縫い目の風合い。

ナイロンの染め技術が抜群で、

同時に撥水加工までします。

 

表面上のストーンアイランドの良さ、技術力、雰囲気の違いなど。

違いは感じていただけたかと思います。

 

内側も、こだわっています。

 

内側に樹脂加工を施すことで、

防風性を高めています。

ダウンの入れ方にも、こだわっていて、

通常は、「ダウンパック」にダウンを入れてから内面に入れていきます。

このダウンジャケットは、直接、ダウンを内面に入れ込む技術。

パックがないので、その分、軽さが増します。

 

アイコンである左袖ワッペン

ボタンで取り外した際に、裏地側に留めておける箇所があるので、

なくす心配もありません。

袖口は、内ゴムの弱シャーリングとなり、ふっくらとした形状を保ちます。

 

いかがでしたか?

拘りぬいた、ダウンジャケット。

着ていても気持ちよく、見た目からも

おっ!これはいいのを着ている!!という視線を感じること間違いなし。

————————————–

—————————————

<STONE ISLAND> 

 ストーンアイランド

ダウンジャケット

サイズ展開:S M L

モデルはSを着用

オンラインストア

⇒ STONE ISLAND ダウンジャケット

 

さらに、詳しく、ストーンアイランドのことを知りたい!!

ストーンアイランドの世界に浸ることができます。

↓          ↓        ↓

世界を魅了するストーンアイランドの魅力とスタイリングをご提案

===============================

LINE アカウントできました!

1:1トークがメインになります。

https://line.me/R/ti/p/%40jdu4692z

※パソコンでご覧頂いている場合は、QRコードが表示されます。

スマホでご覧頂いている場合はリンクを押すことで追加画面が出ます。

===============================

名古屋 セレクトショップ

最寄り駅 名古屋駅 国際センター

 Octet nagoya オクテット 名古屋

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-STONE ISLAND/ストーンアイランド, Octet 名古屋, 未分類
-, , , ,

  • 高浦修平
  • 郡山悠也
  • 滝本明弘