ビジネススタイル特集
サンプル画像1

働き方に合わせたビジネススタイルで心機一転


昨年、働き方においてがらっと様相が変わりました。

働き方が変わったなら、仕事のときに着る服も、柔軟に対応するべきですよね。


新たに迎えた2021年、暗めの雰囲気も吹き飛ばすような、 心機一転テンションを上げて頑張れるようなスタイルを新調してみませんか?


貴方の働き方に合うビジネススタイルを見つけていただけたら嬉しいです。

サンプル画像1
貴方の働き方はどれ?
  • 1. 会社に出勤する方は

    スーツ&ジレスタイル

  • 2. 出勤だけどスーツじゃない方は

    ジャケパンスタイル

  • 3. テレワークの方は

    ノータイスタイル

  • 番外編1.

    お勧めドレスシューズ

  • 番外編2.

    名刺入れ

サンプル画像1
1. 会社に出勤する方は
ダブルジレで一段上のスーツスタイルに

自宅から会社に出勤する形でお勤めの方。 スーツを着用する方が多いかと思いますが、仕事着として選ぶスーツは、そんなに柄や色で冒険もできませんし、そろそろマンネリになっていませんか?

色や柄で遊べないのなら、少し形で遊んでみるのはどうでしょうか。

こちらのエルメネジルドゼニア生地を使用したスーツは、通常のシングルジャケットスーツと同じ生地でジレもご用意しております。
こちらのジレ、シングルではなく、ダブルなんです。
ダブルというとパーティー等に向いているイメージがありますが、生地がシンプルですので、ビジネススーツにもこの通り、違和感なく馴染みます。

普段のスーツスタイルにダブルジレ、プラスしてみませんか?

コーディネートITEMはこちら!


ゼニア生地スーツ

価格91,080円(税込)


ゼニア生地ジレ

価格19,580円(税込)


ウルトゥラーレ

価格19,580円(税込)

看板
ゼニア生地使用スーツ・ジレ
看板
2. スーツ派以外の方は
色を合わせてスマートな印象に

今は服装が自由な会社も増えていますよね。 ただ、ラフさは会社によりけりだと思いますので、あくまでジャケット着用することが前提の方におすすめのジャケパンスタイル。

スーツと違って、ジャケットとパンツの色の組み合わせを自分で自由に楽しめる半面、失敗してしまう可能性もあるジャケパンスタイルですが、 あまり色を増やしてしまうと、せっかくジャケットを着ていてもカジュアルに見えてしまい、カッコ良さも薄れます。
こちらのコーディネートでは、上半身はジャケットとシャツ、ネクタイとチーフの色を合わせて統一感を出し、スマートな印象に仕上げています。
小物もバッグと靴の色を揃える事で、ボトムスの色合いがアクセントに映えるのです。

せっかくのジャケパンスタイル、自分の中での鉄板コーデを探してみて下さいね。

コーディネートITEMはこちら!


チルコロ

価格74,800円(税込)


フィナモレ

価格23,870円(税込)


ブリリア

価格23,100円(税込)

サンプル画像1
ジャケット
  • 詳細はこちらから

    カシミヤウール
    2Bジャケット

    税抜 68,000円

  • 詳細はこちらから

    ウール100%
    シングルジャケット

    税抜 82,000円

  • 詳細はこちらから

    ブークレツイード
    シングルジャケット

    国内参考価格 78,000円

    税抜 62,800円

  • 詳細はこちらから

    サキソニーウール
    シングルジャケット

    国内参考価格 63,000円

    税抜 46,800円

  • 詳細はこちらから

    モヘア・アクリル混
    ジャケット

    国内参考価格 54,000円

    税抜 43,200円

  • 詳細はこちらから

    当店別注カラー
    シングルジャケット

    国内参考価格 52,000円

    税抜 36,400円

パンツ
  • 詳細はこちらから

    ノータック
    スリムコットンチノ

    国内参考価格 21,000円

    税抜 14,800円

  • PT

    PT TORINOピーティートリノ コーデュロイパンツ
    詳細はこちらから

    SMOOTH FIT
    コーデュロイパンツ

    国内参考価格 36,000円

    税抜 31,800円

  • 詳細はこちらから

    REDA生地
    ウールスラックス

    税抜 31,000円

  • 詳細はこちらから

    ANBASS
    コーデュロイ

    国内参考価格 28,000円

    税抜 22,400円

  • 詳細はこちらから

    SAKE 1P
    ウールスラックス

    税抜 32,000円

  • 詳細はこちらから

    J622
    カラーパンツ

    税抜 39,000円

看板
3. テレワークの方は
ネクタイ代わりにタートルニット

昨年一気に普及し話題にものぼったテレワーク。
今年も引き続きご自宅など会社以外で働く方もいらっしゃると思います。
今までスーツを着ていたのに、急に服装が自由になると、どうしていいか分からなくなりますよね。
ラフな格好でも問題なかったとしても、なんだか気が緩んでしまって仕事にならないという方もいらっしゃるかもしれません。

しかしいくらなんでも、家でネクタイを締める人はいない。
その代わりに、タートルネックのニットを選んでみてください。
首元が隠れているだけで、クラシックな雰囲気で上品にみせてくれます。

咄嗟のWeb会議も、ここにジャケットをさっと羽織るだけでOK!
ボトムスがデニムでもエレガントさが薄れません。

コーディネートITEMはこちら!


エルビーエム

価格85,800円(税込)


ジョンスメドレー

価格25,080円(税込)


ヤコブコーエン

価格80,300円(税込)

看板
タートルネック
  • 詳細はこちらから

    ミドルゲージ
    タートルネックニット
     

    税抜 31,000円

  • 詳細はこちらから

    ハイゲージ
    タートルネックニット

    国内参考価格 22,000円

    税抜 17,600円

  • 詳細はこちらから

    コットンウール
    タートルネックニット

    国内参考価格 23,000円

    税抜 17,800円

  • 詳細はこちらから

    メリノウール
    長袖タートルネック

    国内参考価格 31,000円

    税抜 22,800円

  • 詳細はこちらから

    ハイゲージ
    タートルネックニット

    国内参考価格 18,000円

    税抜 12,800円

  • 詳細はこちらから

    コットンポリ
    スウェットタートル

    税抜 15,000円

看板
番外編1. ドレスシューズ

貴方のドレスシューズ、キレイですか?

スーツのシワは気にしても、靴の汚れって履いてるうちはあまり気にならなかったりしますよね。
でも、案外、周りの人は靴にまで目がいくもの。
靴がちゃんとしていないと、人知れずがっかりされているかもしれません。

ドレスシューズはレザーソールのものも多いですが、昨今は、雨の日でも滑りにくい、扱いやすいということからラバーソールのものを選ぶ方が増えています。
こちらのプレディビーノからの一足も、ラバーソール仕様で発注!
しかし、ラバーとは思えないほどのドレス感をアピール。ラバーですので街中でガンガン履いても問題ない一足です。

看板
ドレスシューズ
看板
番外編2. 名刺入れ

ビジネスシーンで大事な第一印象を作る名刺交換。
その場を彩る名刺入れは、小さいアイテムですが持ち主の人柄が密かに表れるアイテムです。

オーソドックスなデザインを選ぶのか、個性的なものを選ぶのか。
ノンブランドの安物を選ぶのか、一流ブランドの逸品を選ぶのか。

小さな名刺入れも、自分をアピールできる大事なアイテムです。
貴方はどういう名刺入れがお好きですか?

看板
名刺入れ
看板

あとがき

今回の特集いかがでしたでしょうか?

ビジネススタイルも、これからどんどん多種多様な時代に突入していくと思います。
お好きなスタイル、普段着ることが多いテイストに合わせて、ご自分にマッチするスタイルを楽しんでいただけたらと思います。

サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [2020年]

    でらでら大賞

    でらでらで取り扱う商品の中から、最も注目を集めたアイテム、売れたアイテムを勝手にランキング!1位を受賞したブランドには盾を贈呈!激動の一年だった2020年は、一体どんなアイテムが売れたのか?早速チェック♪

  • [あなたなら何を穿く?]

    ボトムス特集

    これまでとは違う様式になった今年。昨年までとは違う、今年のライフスタイルに合うボトムス5選をご紹介!貴方がこの冬楽しみたいスタイルに合う一本はどれですか?

  • [今年貴方が買うべきニット]

    ニット6選 2020/21秋冬

    貴方はニットを何のために着ていますか?防寒の為?見た目でなんとなく?「敢えて」選びたくなる理由がニットにはあるんです!貴方のライフスタイルに合うニットはどれでしょうか?

看板
サンプル画像1
サンプル画像1
日本人も着られるイタリアコーディネート
サンプル画像1
特集ページ一覧