でらでら大賞

でらでら大賞とは?


Octetで取り扱う商品の中から、年間の売り上げ、商品ページへのアクセス数、スタッフの推薦を選考方法として、ベスト3に輝くアイテムを決定。


見事1位の栄冠を勝ち取った商品には、そのブランドのサプライヤー様へトロフィーを授与させていただきます!


今年で6年目となったこの企画。


2020年は、世界的にも大きな転機になるような、長いようで短い一年でした。

ファッション業界的にも、ステイホームで仕事の環境が変わったことでシャツやジャケットではなく、カジュアルなアイテム、もしくは 休日でも普段使いできるアイテムが好調でした。


中でも好調だったのは、スニーカー!デニムやニットにもたくさんご注目いただいていたように思います。


果たして2020年はどのブランドが1位に輝くのか!?

勝手にランキングスタートです♪

サンプル画像1
これまでの受賞ブランド
クリックorタップすると過去のでらでら大賞をご覧いただけます。
サンプル画像1
◆ ICONシリーズ キャップ ◆

5位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

今シーズンも人気になったICON!
今年もインパクトのあるロゴに注目が集まりました。


特に人気だったのはサマーシーズンのベースボールキャップ。
他ブランドでもロゴデザインが好まれている流れでしたが、ICONの人気も相まってD2のベースボールキャップがランクイン。
刺繍で立体感を作り出したロゴと、使い込んだ感を作るダメージ加工。
ディースクエアードらしい絶妙なデザインが人気の秘密です。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

ICONシリーズ、出始めてから何年か経ちますが根強い人気ですね。
ブランドネームではないというところも理由のひとつなのでしょうか。


インパクトがあるのにシンプルという、大人のカジュアルスタイルにぴったりなアイテムですので
まだお持ちでない方はロゴデザインアイテム、取り入れてみてはいかがでしょうか?
サンプル画像1
  • ディースクエアード 商品ページへ

  • カナダ出身の双子の兄弟 ディーン・カートンとダン・カートンが手がける ディースクエアード2(DSQUARED2)。

    「自分たちが着たい服を作る」というはっきりした主張で作り込まれた信念のアイテム達は、マドンナをはじめ、多くのアーティストから支持されています。


    ディースクエアード 商品一覧はこちら

サンプル画像1
◆ HYPERFLEX ニット ◆

4位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

ストレッチのテクノロジー素材は今シーズンもトレンドとなりました。
その中でも、リプレイのハイパーフレックスは人気の中心。
ハイパーフレックスと言えばリプレイのパンツだったのですが、今シーズンからはトップスが登場。
さらに、クルーネックのニットはすごく人気になりました。
ワッフルで表面感も作り、リブがロールアップされたデザインも可愛く人気に仕上がった、高級感も感じさせるモデル。


デザインの問題もファッションですからありますが、人気の秘密は素材の良さ。
ストレッチするも物性も非常に着心地の良い商品に仕上がっています。


ストレッチで伸びた上にキックバックの戻りも非常に良いので、長く楽しんでいただけるコスパの良いニットです。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

あのハイパーフレックスにニット!?と最初は驚きました。
元はスウェットデニムからスタートしたシリーズですが、ついにニットまで。
シリーズの特徴である伸縮性以外にも、形が崩れにくいと言う、ニットに嬉しい要素まで追加されていて、さすがリプレイだなと感じました。


私もワッフル地の服を持っていますが、何よりも肌触りがさっぱりしていて気持ち良い!
暑い時期は勿論ですが、厚みのあるワッフル地なら、秋冬シーズンも、あまり静電気を気にしなくて済みそうです。
サンプル画像1
  • リプレイ 商品ページへ

  • デニムを中心とするトータルカジュアルのファッションブランドとして、

    ハイクオリティーとディテールにこだわったクリエイティブスタイルが全世界で支持されています。


    リプレイ 商品一覧はこちら

サンプル画像1
サンプル画像1
◆ DAY 1 スキニーデニム ◆

3位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

今シーズンはデニムに再度日が当たった年だったようにも思います。
その中でも牽引してくれたブランドは、レッドカード。
さらにその中でも、DAY 1が一番人気となりました。


DAY 1のラインは細すぎず、腰回りはむしろ少しゆったりめ。
座ることの多かった今シーズンのストレスを少なくしてくれるモデルが人気になりました。


レッドカードの良さは、テーパードが効いており裾が細いので、脚が細く見えること。
その利点をしっかりと活かしてくれたMADE IN JAPANのデニムが、今シーズンの【でらでら】ではヒットアイテムとなりました。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

これまでイタリアのデニムを取り扱うことがほとんどだったので、レッドカードの質と価格の安さには取り扱い開始当初から驚いていました。
やっぱり日本のデニムは世界に誇れるものなんだなあと、しみじみ思います。


今年はカジュアルなアイテムが人気の年だったので、レッドカードが注目されて嬉しく思います。
来年も同じ流れになるのかどうなのか、きっと優秀なカジュアルアイテムが登場するかも?
サンプル画像1
  • レッドカード 商品ページへ

  • 2009年にスタートした日本生まれのデニムブランド レッドカード RED CARD。

    文化に応じて進化し、固定概念にとらわれ過ぎないジーンズ、それがレッドカードの変わらない理念です。


    レッドカード 商品一覧はこちら

サンプル画像1
サンプル画像1
◆ ウール地ダウンジャケット ◆

2位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

今年は冬の立ち上がりが寒く、一気に売れたモデルがタトラスのドミッツィアーノ!
毎シーズン定番的な人気で売れているのですが、今シーズンはその中でも最も売れたシーズンとなりました。


ウールファブリックのダウンは人気が高く、少しだけですが、高級感を楽しむスタイルが人気となっています。


長く、良い服を楽しむ!
ウールは着ると共に経年変化を楽しめる天然素材なので、今年だけじゃない!
そんなラグジュアリーなダウンが人気になりました。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

タトラスは毎年取り扱わせていただいておりますが、今年のラインナップは充実も充実、今までで一番モデル数が多かったんじゃないかと思う程充実していたシーズンでした。
中でもこのモデルは販売店の方でも売上1位を記録しているとのことで、納得の注目度です。


ビジネス系の服には勿論、カジュアルな合わせにも対応できるので、この先が読めない時代にぴったりな一着だなと思います。
サンプル画像1
  • タトラス 商品ページへ

  • イタリア×ポーランド×日本のコーポレートブランドとして創立したダウン ウェアブランドです。

    ブランドコンセプトは”ヨーロッパのハイクオリティな素材と洗練されたデザイン”として、都会的なデザインとダウンの機能性で高い上質さを謡っています。


    タトラス 商品一覧はこちら

看板
◆ ヘルノ スニーカー ◆

1位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

これはびっくりしました!
あっという間にブラックは完売しました。
グレーの41サイズのみ残っておりますが、それ以外は、一気に売れるというスピードでした。


ラミナーの新製品ということで期待も高かったのですが、スポーティー且つエレガントなカジュアルデザインと、足を入れたときに包み込まれる感じが嬉しくなるスニーカーでした。


今年は、スニーカーの人気は概して高かったのですが、その中でも随一高い、今シーズン一番印象に残った商品となります。
説明はともかく、一度チェックしてみて下さいね。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

カジュアルアイテムの調子が良かった今年を締めくくるに相応しい、カジュアルシューズの王道・スニーカー。
1位に輝いたのは、スニーカーブランドの一足ではなく、アウターブランドであるヘルノが初めて発表したという、話題のモデルです!


スポーティーでカッコよく、しかしスポーツブランドではなくアパレルブランドだという絶妙な匙加減がいいですよね。
ミドル世代のスタイルにこそ合うランニングシューズベースのスニーカーはなかなかないと思います。
サンプル画像1
  • ヘルノ 商品ページへ

  • クラシコ・イタリアに加盟しており、歴史と伝統を誇るイタリアのブランド。

    伝統に裏付けされた確かな表現力&技術を持っていながら、 トレンドを取り込み、新たな素材も開発する攻撃的な姿勢で世界中のファッショニスタを魅了し続けています。


    ヘルノ 商品一覧はこちら

看板
でらでら大賞 バックナンバー
サンプル画像1
看板

あとがき

今回の特集いかがでしたでしょうか?

2020年を振り返ってみました。
今年も多くの商品にご注目いただき、誠にありがとうございます!

全体的にカジュアルなアイテムに注目が集まりましたね。
着心地は楽なのにきっちり見えたり、スタイリッシュなのに機能性も優れていたり、ファッションをより快適にしてくれるアイテムもたくさん登場しました。

毎年毎年変革が止まらないファッションの世界、2021年はどんなアイテムが飛び出してくるのか、今から楽しみになりますね。

第1位を受賞したヘルノには、盾をお届けいたします!
その様子もまたお知らせいたしますのでお楽しみに♪

サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [あなたなら何を穿く?]

    ボトムス特集

    これまでとは違う様式になった今年。昨年までとは違う、今年のライフスタイルに合うボトムス5選をご紹介!貴方がこの冬楽しみたいスタイルに合う一本はどれですか?

  • [今年貴方が買うべきニット]

    ニット6選 2020/21秋冬

    貴方はニットを何のために着ていますか?防寒の為?見た目でなんとなく?「敢えて」選びたくなる理由がニットにはあるんです!貴方のライフスタイルに合うニットはどれでしょうか?

  • [今季の新作勢ぞろい]

    スニーカー特集

    スニーカーと一口に言っても、ラインナップは様々。貴方にぴったりのスニーカーはどれでしょう?今季の新作をブランド毎にご紹介しています。

看板
サンプル画像1
サンプル画像1
日本人も着られるイタリアコーディネート
サンプル画像1
特集ページ一覧