2021年一番ヒットした男性のブランドアイテムはこちら!でらでら大賞

でらでら大賞とは?


でらでらで取り扱う商品の中から、年間の売り上げ、商品ページへのアクセス数、スタッフによる選考委員会の推薦を選考方法として、ベスト5に輝くアイテムを決定。


見事1位の栄冠を勝ち取った商品には、そのブランドのサプライヤー様へトロフィーを授与させていただきます!


今年で7年目となったこの企画。


2021年は、昨年に引き続き我慢の日々から始まり、やや光明が見えてきた一年でしたね。

ファッション業界的にも、ステイホームで仕事の環境が変わったことでシャツやジャケットではなく、カジュアルなアイテム、もしくは 休日でも普段使いできるアイテムが好調でした。


中でも好調だったのは、ゆったりリラックスできるウェア!もこもこウェアやイージー系のパンツ等が注目されていました。


果たして2021年はどのブランドが1位に輝くのか!?

選考委員会メンバー(詳細はページ下部にて)のコメントと共にご紹介します。


それでは、勝手にランキングスタートです♪
サンプル画像1
これまでの受賞ブランド
クリックorタップすると過去のでらでら大賞をご覧いただけます。
サンプル画像1
目次
サンプル画像1
第5位
◆ コンビダウンブルゾン ◆

5位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

コンビダウン、もしくはハイブリットダウンと呼ばれる、切り替えのダウンジャケットが今年も人気になりました。 そのなかでもヘルノがリリースしたスエットモデルは、ボディのみがダウンのライトモデルで着心地も非常に軽い広いシーズン楽しんでいただけるモデルになります。


ヘルノにしては珍しい、サイドのカラーテープの切り替えもカジュアル感をプラスしあっという間に完売してしまった、記憶に残るアイテムとなりました。 コンビダウンの需要は、来シーズン以降も続く人気のデザインになりますし、ニットとのコンビ、スエットとのコンビ、ダウンの場所など、デザイン性も含めて注目のアイテムとなります。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

激動の年だった昨年はファッション的にも一気にカジュアルな方向へシフトした一年で、果たして来年はどうなのか?と思っていたものですが、 今年は昨年よりも一層カジュアル化に拍車がかかりましたね。
元々カジュアルなダウンジャケットも、素材が一部切り替わるコンビデザインでさらにカジュアル方向に振ったアウターがランクインです。
旅行に行く機会も減って長時間の外出をしなくなった分、防寒対策もよりライトになったんだなと感じます。


冬以外にも着られるってのはいいですね!
春も秋も、ちょっと寒いときに羽織るものとしてついつい手に取ってしまう、気軽なアウターだからこそ選ばれたのかなと思います。
サンプル画像1

店長・岩島よりコメント

身頃と袖の切り替えダウンは、春夏に続き秋冬もトレンドとなりました。
ヘルノの切り替えアウターは、冬以外でも着用できるダウンウェアであり、 ちょっと寒さが残る時期にも取り入れられる身軽さが人気の秘訣だと思います。


外に出かける時なども、車に乗る機会が多くなった方も多くいると思います。
そんな時でも、袖周りがスウェット地なので、動き易く、着心地も非常にライトなものになり 脱ぎ着というストレスから解放されるのも嬉しい一着でした。


メンズのトレンドもスポーティーからキレカジへと移行したこともあり、 カジュアルな雰囲気に、ほんのりと上品さが漂うアイテムも主流に。
気軽であり、ストレスレス、トレンド感もしっかり抑えたブルゾンが 受賞した決め手です。

他にもあります!コンビ素材アウター

ブランド紹介

  • ヘルノ 商品ページへ

  • クラシコ・イタリアに加盟しており、歴史と伝統を誇るイタリアのブランド。

    伝統に裏付けされた確かな表現力&技術を持っていながら、 トレンドを取り込み、新たな素材も開発する攻撃的な姿勢で世界中のファッショニスタを魅了し続けています。


    ヘルノ 商品一覧はこちら

サンプル画像1
第4位
◆ 巾着バッグ ◆

4位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

春夏シーズンから何度もフォローし、何度も完売した商品がフェリージのミニポーチ。
女性的なフォルムでしたので、メンズのセレクトショップには懐疑的な声も聞いたのですが、 デザインや、用途、昨今のトレンドを加味してもこれはカワイイですし、収納量も含め売れるだろうと発注したモデルです。
夏場の軽装になる時期だけはもちろんなのですが、 レイヤードやコートを着る秋冬シーズンにも人気を継続し、欠品してしまった今年一番印象に残ったバッグ。


オールレザーのミニポーチは、非常に珍しく、フェリージらしくレザーも上質で美しいモデルだっただけに、コーディネートを上品にまとめる小物というだけでなく、 使いこむ楽しみもあるバッグでした。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

ノンセクシャルという、コロナ禍とはまた違った世の流れが反映されました。
私もあまり女性らしい色合いやデザインの物は好まないので、こういう性別を問わない流れは個人的にとても嬉しいです。


おじさまがユニセックスなアイテムを身に着けているとちょっと可愛いというか、ギャップがあっていいですよね。
かといってフェリージのこのバッグは素材そのものがきっちりした雰囲気なので、男性が持っていても違和感がありませんし、 逆に大人の女性が持っていても素敵だと思います。


あと、キャッシュレスが進んで身軽になったりしたのも、こういう小さめバッグが注目された理由かもしれませんね。
サンプル画像1

店長・岩島よりコメント

キャッシュレス化が進む時代にフィットする巾着バッグが堂々のランクイン。
春夏だけでなく、秋冬シーズンにも人気となった巾着バッグは、 手荷物が少ないお洒落に拘る男性にとって、欠かせないアイテムの1つだと思います。


小さめのバッグは、女性らしいデザインの物が多かったですが フェリージの上質なレザーやナイロンの光沢感が表現されることで 男性が持っても、可愛らしくなりすぎず、しっかり上品さを作り出してくれます。
これが受賞した理由だと思います。


秋冬のスタイルだけでなく、春夏のリゾートスタイルなどのファッションにも 相性がいいので、汎用性の高さも注目を浴びた一つの理由かなと感じました。

他にもあります!ミニバッグ

ブランド紹介

  • フェリージ 商品ページへ

  • 1973年にイタリア フェッラーラで創業された フェリージ(felisi)は選び抜かれた素材を組み合わせ、確かな縫製技術で作り出したバッグや財布は他のブランドの追随を許さない品質をもつブランド。

    15世紀からの古い歴史を持つフェラーラ地方の領主 "フェリージ家"の紋章が刻印されているのが特徴で、質の高いレザーアイテムを生み出しています。


    フェリージ 商品一覧はこちら

サンプル画像1
第3位
◆ ニットジャケット ◆

3位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

去年の冬もニットジャケットは注目が集まっていたのですが、ゆるいカーディガン調のものではなく、どちらかというと、ドレス寄りな「かちっとした」ニットジャケットが 人気だった昨年。
今年は少しリラックスしたシルエットが人気の1年で、このアイテムのような素材がリラックスしたニットでフォルムはドレス寄りという、二面性を持ったアイテムが人気となりました。


もう一点、ダブルジャケットも人気になった1年で、クラシック懐古という意味も含め、ファッショニスタのよりクラシックに、よりドレッシーにという思いも感じた1年。 ゆるく、リラックスシルエットの、また、スポーティーなカジュアルだけで良いのか?という意味でも、服好きの心を揺さぶった商品であったように思います。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

3位はテレワーク時代を象徴する「楽」なのにちゃんとして見えるアイテム!
数々の上質なジャケットを仕立てるラルディーニだからこそ生まれたニットジャケットは、 見た目はきっちりジャケットなのに、着心地は柔らかなカーディガンというまさにいいトコ取りなアイテムです。


ニットジャケットの中でもダブルブレストデザインは結構貴重だと思います。
がっつりクラシカルな印象をニットジャケットでも崩さないというのは、仕立てに自信があるラルディーニならではですね。
サンプル画像1

店長・岩島よりコメント

3位に受賞したラルディーニのダブルブレストジャケットは、ニット編みなのにきちんと感がある一着です。
カーディガンとしても、ジャケットとしても大人の上品さを残した仕立てが男性にヒットした理由の1つだと思います。


多くのブランドからニットジャケットは登場していますが、 エレガントさをとことん演出した技術が、正統派のジャケットを得意とするラルディーニならでは。
ボタンを開けてもしっかりとラペルも自立し、ウエストのシェイプなど、美しく魅せつつも 着心地は楽というバランス感が流石です。


私はシングルタイプを着用していますが、独特のハニカムのような編みや 着心地の柔らかさも癖になりますので、ぜひ、こちらもご注目下さい。

他にもあります!ニットジャケット

ブランド紹介

  • ラルディーニ 商品ページへ

  • 卓越した制作技術と発想豊かなデザインにて新しい服を作り続け、ラルディーニという世界観をテーラードに宿し、2007年にイタリア製保護協会に属した名門ブランド。

    今シーズンはニットに注目し、柔らかでカジュアルな着心地を誇るラルディーニ LARDINI の ジャケットに注目が集まっています。


    ラルディーニ 商品一覧はこちら

サンプル画像1
第2位
◆ ボアジップパーカー ◆

2位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

今年の冬のヒットと言えば、もこもこのフリースパーカー。
特にダウンジャケットが有名なタトラスから発売されたMOMAモデルがこの冬大ヒットになりました。
このふわふわした、柔らかい質感。着ても暖かいですし、見た目も暖かいというアイテム。


フードがついていることでよりカジュアルにみえますし、適度に最近のトレンドを意識したナチュラルなビックシルエットもポイントとなりました。
何度か追加で入荷しましたが、すぐに完売する人気商品は、着る人の心を温かくしてくれるフリースブルゾン。
こちらのアイテムもお家でのリラックスウエアとして使っていただける、非常に着心地が良い、「楽」を感じる2021年を象徴する1枚でした。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

私は、今年一番のヒットは?と考えて真っ先に思いついたのはこのもこもこアイテムでした!
昨年はまさか、こういう素材がミドル世代にヒットするとは夢にも思っていませんでした。
このコロナ禍とユニセックスの流れが同時に生んだ、奇跡のようなトレンドですね。


もこもこふわふわと一口に言っても、ブランド毎に素材感に個性があるのも面白いです。
当店での一番人気はタトラスでしたが、是非他のブランドのもこもこアイテムにも注目していただけたら嬉しいです。
サンプル画像1

店長・岩島よりコメント

2021年、1位、2位を争うヒット商品と言えば、タトラスのフリースパーカー「WOMA」。
サラっとした質感が、心地よく、見た目の暖かさを表現したアイテムは ふわふわとしており、優しい印象を作り出してくれる一着に仕上がっております。


リラックスウェアとして楽しめる一着であり、程よくゆったりとしたシルエットが、 お家時間でも車移動が多くなる方でもストレスを感じることなく着用できるアイテムとして 注目頂けた1つの理由だと思います。


ボアのカジュアルさに、シルバーメタルなどの高級感がミドル世代の男性にも 取り入れやすかったのかなとも感じました。

撮影アイテムはこちら

ブランド紹介

  • タトラス 商品ページへ

  • イタリア×ポーランド×日本のコーポレートブランドとして創立したダウン ウェアブランドです。

    ブランドコンセプトは”ヨーロッパのハイクオリティな素材と洗練されたデザイン”として、都会的なデザインとダウンの機能性で高い上質さを謡っています。


    タトラス 商品一覧はこちら

サンプル画像1
第1位
◆ イージーデニム ◆

1位受賞の決め手 バイヤー・林よりコメント

春夏・秋冬と一年を通して人気となった商品です。
出荷本数も、1モデルでは過去最高の本数となりました。


過去も似たような商品は合ったと思うのですが、レッドカードのショアが素晴らしい所は、ラインが美しい仕上がりになった点。
どうしてもイージーモデルは、ラインが緩く仕上がりがちで適度なルーズ感のあるシルエットが多かったのですが、ショアは、ラインの美しさが秀逸であった事が受賞の決め手でした。


デニムパンツと何の遜色もなく、穿き心地も優しく完成度の高い仕上がりになっておりました。
リラックスした穿き心地と美しいシルエットを両立したデニムパンツです。


ステイホームのリラックスウエアとしても最適な、2021年の世相をもあらわす完璧な1本でした。
サンプル画像1

Web制作担当・本田よりコメント

昨年は3位にランクインしたレッドカードのデニムですが、今年は堂々の第1位!
レッドカードの中でも一番の売れ筋がイージーモデルだったというのが、なんとも今年らしいなと感じました。


イタリアの名だたるブランドを差し置いて、日本産のデニムが一位というのも嬉しいですね。
本格的な仕上がりと求めやすいプライス。ブランドの真摯な拘りが多くの方に届いたんだなと思います。
来年もレッドカードの魅力的なデニムをご紹介できると思いますので、お楽しみに!
サンプル画像1

店長・岩島よりコメント

堂々の一位に輝いたのは、レッドカード。
なかでも、秋冬シーズン入荷して即完売となったデニムが「ショア」モデルです。
お客様からも多くの再入荷の依頼を受けたアイテムになりますが、 インポーターさんも在庫が無いほど、人気のイージージーンズとなりました。


ドローコードタイプでありながら、リラックスしたカジュアルさだけでなく ジャケットなどのスタイルにも合わせられる美しいシルエットが再現されています。
「リラックスだけど上品に」という言葉がぴったりなデニムであり、 職人の想いがのったデニムが多くの方に届いたんだと思います。


ライフスタイルに合わせた極上の一本。
2022年春夏シーズンも登場するであろうデニムですので、そちらも楽しみにしていてくださいませ。

撮影アイテムはこちら

ブランド紹介

  • レッドカード 商品ページへ

  • 2009年にスタートした日本生まれのデニムブランド レッドカード RED CARD。

    文化に応じて進化し、固定概念にとらわれ過ぎないジーンズ、それがレッドカードの変わらない理念です。


    レッドカード 商品一覧はこちら

サンプル画像1
◆ でらでら大賞 選考委員会 ◆
  • 選考委員長

    林 啓成

    林 啓成

    オクテット名古屋 / インポートセレクトショップ でらでら バイヤー

    株式会社林商店にて、2003年よりスーツのバイヤーから経歴をスタート。 当時多くの紳士服路面店であったように、ビジネススーツを中心に販売するお店から、イタリアを中心としたカジュアルアイテムを選んだ大人のセレクトショップへと変革させました。

    イタリアでの直接買い付けからスタートし、現在はイタリアの工場に直接オーダーをお願いしたり展示会へ定期的に出張するなど、日本により良い、より新しい商品をいち早く紹介。 イタリアの文化とも感じる、おじさん男性の元気が良いところを日本に輸入したい!との思いで、 いくつになっても男性もファッションを楽しめる日本に変えたいと奮闘しています。

    スタイリストとしてもNHKの番組に出演経験を持ち、2021年も企業にてファッション講座を定期的に開催し、メンズファッションを男性が容易に楽しめるものになるよう活動しています。

    また、YouTubeチャンネル「オクテットMen's Fashionチャンネル」も開設し、徐々に登録者数を増やしています。

  • 選考委員

    本田 由美子

    本田 由美子

    インポートセレクトショップ でらでら Webページ・メールマガジン制作

    2008年に株式会社林商店入社。ネットショップの受注業務からスタートし、13年間メンズファッションのショップ運営に携わっています。

    ショップ内のWebページやバナー、メールマガジンの制作も入社当時から担当。 ネットショップであっても実際の店舗でお買い物を楽しんでいるような、人の温度を感じるショップの雰囲気をデザインとして伝えられるよう制作しています。

    メールマガジンでは現在週1本、木曜配信分を担当。 一時はスタイリストも兼任し、ミドル世代の男性がよりファッションを気軽に楽しめる社会にしたいという理念のもと、どのようなご提案が良いか日々話し合いを重ね奮闘中。
    メンズファッションを女性の視点から見た、ファッション玄人とは違った視点を持つことを心がけ、時にはメンズファッションに疑問を投げかけることも。 読み物としても楽しんでいただけるような特集を毎週配信しています。

  • 選考委員

    岩島 翼

    岩島 翼

    オクテット名古屋 / インポートセレクトショップ でらでら 店長・スタイリスト・カメラマン

    2015年に株式会社林商店入社。ネットショップを担当しながら、実店舗のスタッフも経験。 スーツからインポート商品・接客までファッションやブランドに対する知識を網羅してきました。

    スタイリストとして毎週約10コーデ以上を組ませて頂き、ほぼ毎日コーディネートをご紹介。ファッションに悩む男性や、日本人でもイタリア人みたいに着こなしたい方に向けた コンテンツを更新しています。

    現在は、大人の男性が明るく気分を上げて頂けるファッションを モデルさんをお借りしながら撮影しご紹介。 自分達がご提案させて頂いている服で、日本の男性が少しでもファッションに 興味を持ってもらえるよう精進しています。

    岩島の今年のテーマは、「リラックスだけど上品に」。 日々のスタイルや仕入れなどにも取り入れさせて頂き、 メルマガでの手書きのご紹介や、店頭に来店されるお客様にコーディネート共にご紹介しています。

看板

あとがき

今回の特集いかがでしたでしょうか?

2021年を振り返ると、昨年とはまた全然違った結果になりトレンドの移り変わりは面白いなと改めて感じました。
今年も多くの商品にご注目いただき、ありがとうございました!

例え外に出る機会は減っても、家の中で、もしくはワンマイル先で、少しでもファッションを楽しもうとした結果なのかなと思います。
来年はどんなアイテムがランクインするのか、今から楽しみになりますね。

そして、第1位を受賞したレッドカードには、盾をお届けいたします!
その様子もまたお知らせいたしますのでお楽しみに!

サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [10秒でお出掛けコーデが完成する]

    家でダラダラできるワンマイルウェアコーデ3選

    日々のスタイルがどんどんカジュアル化する中で、カジュアルの極みともいえる「ワンマイルウェア」は特に進化を遂げました。お気に入りのリラックススタイルを見つけて、素敵なステイホームを過ごしてみてくださいね。

  • [ニットの正解コーデはコレ!]

    お勧めニットウェア4選 2020/21秋冬

    貴方はニットを何のために着ていますか?防寒の為?見た目でなんとなく?「敢えて」選びたくなる理由がニットにはあるんです!貴方のライフスタイルに合うニットはどれでしょうか?

  • [今季の新作勢ぞろい]

    スニーカー特集

    スニーカーと一口に言っても、ラインナップは様々。貴方にぴったりのスニーカーはどれでしょう?今季の新作をブランド毎にご紹介しています。



日本人も着られるイタリアコーディネート
サンプル画像1
特集ページ一覧