お勧めニットウェア4選 2020/21秋冬

“敢えて”ニットを選ぶ理由がある!


秋冬コーデの定番アイテムのひとつでもある、ニット。
見た目からも温かそうな質感を目にするだけで、寒い季節がやってきたなと感じます。


ニットはどの素材を使っているかも温かさに直結するため大事ですが、そのことは一旦置いておいて、今回はニットのコーディネートに着目した内容をお送りします。


コーディネートに置いてニットの大事な点は、そのデザイン。主に首元の「形」が重要です。
その形のニットには、このコーデなら絶対に合う!というひとつの「正解」をご紹介しようと思います。


普段なんとなく着てるこのニット、実際どう着るのが正解なんだろう?
自分でコーデを考えるのが苦手。手っ取り早く正解が知りたい!


という方、是非参考にしていただけたらと思います。
サンプル画像1
目次
サンプル画像1
1. ニットの王道! クルーネックニット
サンプル画像1
ニットの中でも王道のデザインの、シンプルなクルーネック。
シンプルが故に何も考えずになんとなく着てもコーデは成立するのですが、正直、それがクルーネックニットの良い所です。


夏はトップスに半袖Tシャツが定番なように、冬においてはそれがクルーネックニットに置き換わるんだと考えてしまえばいいのです。

Tシャツのコーデに悩む事はありませんよね。
冬は、Tシャツやカットソーの代わりにクルーネックニットを着れば、カジュアルスタイルとして成立します。


ボトムスはデニムでもよし、コットンパンツでもよし、コーデュロイパンツでもよし。
アウターも、カジュアルなダウンでも良いし、コートでも良い。


ただ、Tシャツと同じようにどちらかといえばカジュアル寄りな雰囲気がありますので、エレガントなコーデに振り過ぎることだけ注意すれば 何にでも合わせられる最強のニットだと思います。
サンプル画像1
2. 紳士に着こなしたい タートルネックニット
サンプル画像1
時代の流れに合わせて、スーツ・シャツ・ネクタイの必要性が低くなってきた現在。
スーツではなくビジカジへ移行する流れとともに、シャツとネクタイの代わりにタートルネックをチョイスする流れも来ています。


首元を隠すことでフォーマルな雰囲気になり、ネクタイがなくてもきちんとした印象を与えられます。 ジャケットとも合わせも自然ですよね。

タートルネックニットのコーデのコツは、「シャツの代わりと考える」こと。
今までだったらシャツを選ぶようなときに、タートルネックを選んでみるとフィットします。
シャツは落ち着きのあるコーデにぴったりのアイテムですが、タートルネックも同様です。


ただ、ミドルゲージやローゲージのニットはやや主張が強すぎるので、シャツ代わりにするのはハイゲージに限ります。
ハイゲージ以外のタートルネックニットは、クルーネック同様にカジュアルなコーデが合いますよ。
サンプル画像1
3. 冬でも軽やかに ボートネックニット
サンプル画像1
ボートネックというと、あまり聞き覚えの無い方もいらっしゃるかもしれません。
バスクシャツと同じ首元のデザインだと言えば伝わりやすいでしょうか。
上から見るとアーモンド型に開いた首が特徴的なデザインです。


クルーネックよりも少し首元が開いているので、シャツなどのインナーも見せたいレイヤードコーデにぴったりの形なんです。

首元を見せるニットですので、エレガントというよりはカジュアル寄り。
バスクシャツを思わせるデザインで、ニットなのに開放感を感じます。


このニット一枚でも勿論いいのですが、少し寒々しく見えてしまう事もあるので是非インナーと合わせたレイヤードコーデをお勧めします。 適度に緩い大人のカジュアルスタイルを楽しめる一枚です。
サンプル画像1
4. ニットカーディガン
サンプル画像1
最後は羽織りもの。
羽織れるニットは、クルーネックの次に持っている方が多いのではないかと思います。とても使い勝手が良いですよね!
冬は年末年始など、他の季節以上に家の中で過ごす時間が増える季節。
家でのリラックスタイムには、楽に羽織れるニットは非常に重宝します。

ちょっとそこまでお出掛け、というときもニットカーデならシワもつきにくくそのまま出ていけますし、 ハイゲージかミドルゲージのニットカーデならこの上にダウンなどアウターを着ることもできます。
とても汎用性高く、家でも外でも防寒に一役買ってくれるのです。


写真ではジップニットカーデを着用しておりますが、勿論ボタンで留めるタイプのオーソドックスなカーディガンも同様です。
冬のおうち時間には、是非ニットカーデを活用してみて下さい。
サンプル画像1
2021/22秋冬 ニット特集
  • 詳細はこちらから

    アルパカナイロン
    クルーネックニット

    税込 31,900円

  • 詳細はこちらから

    メランジカラー
    ケーブルニット

    国内参考価格 28,600円

    税込 25,080円

  • 詳細はこちらから

    カシミヤ
    タートルネックニット

    税込 53,900円

  • 詳細はこちらから

    エコカシミア
    クルーネックニット

    国内参考価格 31,900円

    税込 25,520円

  • 詳細はこちらから

    アルパカウール
    クルーネックニット

    税込 18,700円

  • 詳細はこちらから

    バージンウール
    タートルネックニット

    国内参考価格 24,200円

    税込 18,480円

看板

あとがき

今回の特集いかがでしたでしょうか?

ハイゲージニットのご紹介が中心になりました。
ニットを取り入れたコーデの正解、見つけていただけたでしょうか?

このコーデなら間違いない!と自信を持ってニットコーデを楽しんでいただけたら嬉しいです。

サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [なぜミドル世代に選ばれるのか?]

    ヤコブコーエン 4つの魅力

    「ジャケットに合うデニムパンツ」というコンセプトでジーンズを生み出し続けるヤコブコーエン。イタリア人にも選ばれ、日本人にも大きな支持を得ているヤコブコーエンの魅力に迫りました。

  • [着る機会が少ない今だからこそ]

    長く着られるプレミアムダウン

    一流のブランドは、1シーズンだけでなく一生のお付き合いが出来るほどタフで上質。ブランド毎にそれぞれの特徴があるので自分に合うブランドを探すのも楽しいものです。貴方の好みのダウンはどれですか?

  • [感謝の気持ちをプレゼントで]

    クリスマスプレゼント特集

    いざ贈るとなると、せっかくなら相手が喜んでくれるものを贈りたい。大人の男性へ贈りやすい、ビジネス関係のアイテムを揃えました。ラッピング無料ですのでお気軽にお問い合わせください。



日本人も着られるイタリアコーディネート
サンプル画像1
特集ページ一覧