クラシカルニット特集
サンプル画像1

クラシック回帰の今季はハイゲージニットが必須!


秋や冬の季節感を表現し、見た目にも暖かいニットアイテム。持っていない方はいないかと思います。

ローゲージやミドルゲージなどのざっくりしたニットが流行したシーズンもありましたが、今季は何と言ってもハイゲージ!

滑らかで上品な、目のしっかり詰まったニットが今季の狙い目です。


元よりコーディネートしやすいアイテムではありますが、今回は注目のニットブランドをチョイスしてご紹介。

豊富なカラーリングが揃っておりますので是非ご覧くださいませ。


貴方が気になるブランドはどれですか?

サンプル画像1
サンプル画像1

1. グランサッソ Gran Sasso

グランサッソ Gran Sasso

柔らかな素材に包み込まれる着心地


敢えて、イタリアの柔らかな素材のみをセレクトしたラインナップ。

優しい肌触りと柔らかな発色こそがグランサッソの特徴。
重ね着にフィットする「基本」の一枚です。

Gran Sassoグランサッソ ニット 優しい肌触りと柔らかな発色
Gran Sassoグランサッソクルーネックニット

鮮やかなオレンジが目に入るクルーネックニット。
色合わせが大変そう…と思われる方は、他のアイテムの色を抑えめに、且つ同系色の色でまとめることで、うまく差し色として使うことができますよ。

グランサッソのニットは日本人体型に合わせたサイジングの研究に熱心で、袖丈も長すぎず嬉しい仕様。
ふんわりとした柔らかなハイゲージで、手触りの良さからその上質さがうかがえます。

カラーバリエーションも5色と豊富。形も様々あり、無地で使い勝手の良いニットばかり。
是非グランサッソの他のニットもご覧いただけたらと思います。

Gran Sassoグランサッソクルーネックニット
看板
グランサッソ 特集
看板

2. ジョンスメドレー JOHN SMEDLEY

ジョンスメドレー JOHN SMEDLEY ニット

細番手で上品。クラシックなニット


ハイゲージのニットを、ベーシックで万能の一枚に仕上げるジョンスメドレー。

糸の持つ美しさをいかに引き出すのか?
コーディネートを選ばない、シルエットもシンプルでタイト過ぎず、身体のラインを隠すことも出来るオトナの一枚です。

ジョンスメドレー JOHN SMEDLEY 細番手で上品。クラシックなニット
JOHN SMEDLEYジョンスメドレーTURNBULLメリノウールニット

今シーズンのニットは、多くのブランドからこのパープルが登場。注目を集めているカラーです。
深い紫は紳士世代の皆様にこそ似合う色。是非このカラーで大人の魅力を発揮していただけたらと思います。

ジョンスメドレーは言わずと知れたニット界のロールスロイス。
手触りの良さはニットと思えないほどの艶やかさと滑らかさ。素肌への着用を思わず推奨してしまうほどです。

色としてもブランドとしてもラグジュアリーを体現するような一枚ですので、是非一度お手元でご覧ください。

JOHN SMEDLEYジョンスメドレーTURNBULLメリノウールニット
サンプル画像1
ジョンスメドレー 特集
看板

3. フィリッポデローレンティス FILIPPO DE LAURENTIIS

フィリッポデローレンティス FILIPPO DE LAURENTIIS ニット

キレイな発色で優しい表情を創るニット


美しい素材とタイトなライン。
イタリアらしく変化にとんだデザインは、シンプルなカラー&素材だけに出てくる一枚です。

艶やかな表情のモデルもあり、デザインも楽しんで欲しい一枚です。

フィリッポデローレンティス FILIPPO DE LAURENTIIS キレイな発色で優しい表情を創るニット
FILIPPO DE LAURENTIISフィリッポデローレンティスタートルネックニット

今年の春夏シーズンから取り扱いを始めたフィリッポデローレンティスからの一枚。
男のお洒落には欠かせないジャケットスタイルを、一段と垢抜けた印象に見せてくれるのが、シャツの代わりのタートルネックニット。
堅苦しくないのにしっかりエレガントという、一押しの組み合わせです。

細身のサイジングですので身体も首もしっかりフィット。防寒の面でも頼もしく感じます。
身体のラインが綺麗に見えますので、インナーとして最適。使い回し易さ抜群のニットです。

フィリッポデローレンティスタートルネックニット
看板
フィリッポデローレンティス 特集
看板

4. フィールズダルボー Fileuse d'Arvor

フィールズダルボー Fileuse d'Arvor ニット

ソリッドな素材は着続けて変化するニット


フランスらしいボックスシルエットも、歴史を重ね完成されたフォルムと縫製。

着ると伸びる、洗うと縮む。
これを繰り返す事で身体にフィットする育てるニット。
長く着てこそ価値ある一枚です。

フィールズダルボー Fileuse d'Arvor ニット
Fileuse d'ArvorフィールズダルボーBRESTバスクシャツ

ニットというよりは「バスクシャツ」と呼んだ方がピンとくる、フィールズダルボーからのアイテム。
肩の独特の縫製方法が特徴で、上着を脱いだときに「おっ」と思われるようなさりげなさもポイントです。

ハイゲージなのに存在感があり、一枚で着ていても寂しさを感じないのは肩のデザインとゆとりあるサイジングのおかげでしょうか。
イタリアのニットとは一味違う、フランスブランドならではの余裕を感じさせます。

ボーダーだけではないフィールズダルボーの魅力を是非感じて下さい。

Fileuse d'ArvorフィールズダルボーBRESTバスクシャツ
看板
フィールズダルボー 特集
看板
看板

あとがき

今回の特集いかがでしたでしょうか?

ハイゲージニットを中心にご紹介いたしました。
ニットの中でも恐らく誰もが持っているだろうハイゲージ。だからこそ、一流ブランドのニットの違いに気づいていただけるはずです。

丁寧に扱えばそれに応えて長く付き合ってくれるニットばかりですので、一度お手元にてご覧いただけたら嬉しいです。

サンプル画像1
サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [服もサスティナブルに]

    長く大事に使えるアイテムとお手入れ

    様々な業界で地球環境や人に優しい“サスティナブル”な取り組みが広がっています。でらでらは、創り手の想いが伝わる服を大事に気続け、服を無駄にしないこともサスティナブルであるとご提案します。長く着続ける為のコツと共にスタッフ愛用の品をご紹介!

  • [2019-20秋冬シーズン]

    ストーンアイランド特集

    今季のトレンドはストリート&スポーティー。元々昔からストリートで人気を集めていたブランドで、近年はスポーツメーカーとのコラボでも話題となったストーンアイランドにとっては、まさにトレンドのど真ん中。今季はストーンアイランドをチェックしない理由がありません!

  • [スタイリングを楽に!]

    デニTをランクアップしてシンプルに楽しむ

    毎日のコーデに疲れた貴方へ。アイテムの種類が多岐に渡る昨今のメンズファッション、選んで組み合わせるのも一苦労。ゴテゴテしたコーデからは一旦距離を置いて、デニムとTシャツから3つアイテムを選ぶだけのシンプルコーデにチェンジしてみませんか?

サンプル画像1
サンプル画像1
日本人も着られるイタリアコーディネート
サンプル画像1
特集ページ一覧