スーツ特集
サンプル画像1

男の永遠の勝負服、スーツ。


Octetでは“クールビズシーズンにもネクタイを”、

“休日にもジャケットを”など、

スーツやジャケットスタイルを毎シーズンプッシュして参りました。


では何故、それほどまでにスーツスタイルを推すのか?


やっぱりそれは単純に、カッコイイから!

男性が最も輝くのはスーツやジャケットでバシッと決めたときだと思うからです。


今回は、様々なスーツ推しのポイントを挙げつつコーディネートをご紹介します。

サンプル画像1

1. ビジネススーツスタイル

ビジネススーツスタイル セオリー通りにするだけで楽に完成
Ermenegildo Zegnaエルメネジルド・ゼニア スーツ スーツスタイルの基本中の基本を押さえたコーディネート

ブラック無地のスーツにレジメンタルのネクタイ、ベルトとシューズも黒で揃えた、スーツスタイルの基本中の基本を押さえたコーディネート。

何も奇をてらわなくても、セオリーに則って何も考えずにコーディネートしても、スーツスタイルはバッチリ決まってくれます。
カジュアルスタイルだとこうはいきませんよね。

Ermenegildo Zegnaエルメネジルドゼニア生地使用 TROFEOモデル 2つ釦スーツ

こちらのスーツは、エルメネジルドゼニアの生地の中でも最高級といわれる「TROFEO(トロフェオ)」を日本で仕立てた一着。
上品な艶が特徴で、一目で“良い”スーツだと分かる一着です。

シンプルなコーディネートにこそ、良い仕立てのスーツや小物で決めましょう。

Ermenegildo Zegnaエルメネジルドゼニア生地使用 TROFEOモデル 2つ釦スーツ
看板

2. ドレッシースーツスタイル

ドレッシースーツスタイル 色使いを工夫すれば楽に豪華に
Luigi Bianchi Mantovルイジ ビアンキ マントヴァ スーツ アズーロ・エ・マローネに合わせたコーディネート

こちらは先程のスーツとは打って変わって、イタリアンファッションの鉄板でもある配色、アズーロ・エ・マローネに合わせたコーディネート。
ネイビーとブラウンを組み合わせ、シャツもブルーカラーで揃えています。

シャツを含めたすべてを色モノにすることで、一気に豪華に!
例えるならば新入社員から役員へグレードアップ、というところでしょうか。

Luigi Bianchi Mantovルイジビアンキマントヴァ 2つ釦スーツ ネイビー&ブラウンの鉄板コーディネート

使う色を最低限に絞ればコーディネートが散らかることもありませんので、不安な方はまず鉄板のネイビー&ブラウンから試してみて下さい。

ビジネスシーンでもチーフはお忘れなく!

Luigi Bianchi Mantovルイジビアンキマントヴァ 2つ釦スーツ
サンプル画像1

3. セットアップスタイル

セットアップスタイル スーツをセットアップに変えて遊べる
SANTANIELLOサンタニエッロ セットアップ パーティースタイル等からスーツをセットアップアイテムに変えるだけ

近年注目のセットアップスタイル。上下同じ色、同じ素材で揃えて、スーツと違ってそれぞれ単独でも使えるというお得感も魅力ですよね。

ジャケットとスラックスのセットアップは敷居が高そうに思えるかもしれませんが、パーティースタイル等からスーツをセットアップアイテムに変えるだけなので意外と楽にスタイリングできます。

SANTANIELLOサンタニエッロ ベロア風スウェットジャケット 見た目はエレガントなのに着心地は楽々

セットアップはスーツと違って様々な素材で遊べること。
こちらのサンタニエッロは、ベロアのような起毛感を備えたスウェット地で、見た目はエレガントなのに着心地は楽々という、まさに一石二鳥なアイテムです。

SANTANIELLOサンタニエッロ ベロア風スウェットジャケット
看板

4. ジャケパンスタイル

ジャケパンスタイル スーツをジャケパンに変えて休日にも
CIRCOLO1901チルコロ ジャケット ジャケパンスタイルは手軽にキリっとした印象を与えられるのでお勧め!

休日もスーツ…というのはさすがに無謀ですが、ジャケパンスタイルは手軽にキリっとした印象を与えられるのでお勧め。
スーツからジャケット&パンツにチェンジして休日スタイルを楽しみましょう!

ジャケットもアンコン仕様のものが非常に増えたので、着心地はパーカー並みに楽チンなものがたくさんございます。

CIRCOLO1901チルコロ チェックプリントスウェットジャケット 上品な印象を与えるスタイリング

こちらのコーデでは、今季も注目を集めるチェック柄のジャケットをチョイスしてブリティッシュにまとめました。
モノトーンでシックに、シャツではなくタートルニットを合わせて上品な印象を与えるスタイリングです。

CIRCOLO1901チルコロ チェックプリントスウェットジャケット
看板
2019/20 秋冬新作モデルスーツ
ネクタイ
  • 詳細はこちらから

    3ピエゲ
    シルクネクタイ

    メーカー希望小売価格

    税抜 13,800円

  • 詳細はこちらから

    小紋ミックス
    3ピエゲネクタイ

    メーカー希望小売価格

    税抜 13,800円

  • 詳細はこちらから

    ピンドット
    7ピエゲネクタイ

    メーカー希望小売価格

    税抜 18,800円

  • 詳細はこちらから

    3ピエゲ
    シルクネクタイ

    メーカー希望小売価格

    税抜 13,800円

  • 詳細はこちらから

    ヨット柄
    シルクネクタイ

    メーカー希望小売価格

    税抜 12,000円

  • 詳細はこちらから

    デッキチェア柄
    シルクネクタイ

    メーカー希望小売価格

    税抜 9,000円

スーツに合うバッグ
  • 詳細はこちらから

    ノーマンライト
    スーツケース

    国内参考価格 77,000円

    税抜 77,000円

  • 詳細はこちらから

    ノーマンライト
    スーツケース

    国内参考価格 77,000円

    税抜 77,000円

  • 詳細はこちらから

    ノーマンライト
    スーツケース

    国内参考価格 77,000円

    税抜 77,000円

  • 詳細はこちらから

    ブランドの顔
    ブリーフケース

    国内参考価格 66,000円

    税抜 66,000円

  • 詳細はこちらから

    定番色&形
    ブリーフケース

    国内参考価格 66,000円

    税抜 66,000円

  • 詳細はこちらから

    バケッタレザー
    ブリーフケース

    国内参考価格 円

    税抜 139,000円

スーツに合うシューズ
  • 詳細はこちらから

    スエード革コンビ
    スワールモカシン

    国内参考価格 29,000円

    税抜 25,800円

  • 詳細はこちらから

    ムラ染め味出し
    ホールカット

    国内参考価格 32,000円

    税抜 27,800円

  • 詳細はこちらから

    ムラ染め味出し
    ホールカット

    国内参考価格 32,000円

    税抜 27,800円

  • 詳細はこちらから

    CHAMBORD
    Uチップシューズ

    国内参考価格 円

    税抜 65,000円

  • 詳細はこちらから

    WILLIAM
    ダブルモンク

    国内参考価格 円

    税抜 68,000円

  • 詳細はこちらから

    POE
    Wモンクシューズ

    国内参考価格 円

    税抜 65,000円

スーツに合うコート
  • 詳細はこちらから

    中綿ライナー付
    トレンチコート

    国内参考価格 98,000円

    税抜 98,000円

  • 詳細はこちらから

    ラビットファー
    ダウンジャケット

    国内参考価格 200,000円

    税抜 200,000円

  • 詳細はこちらから

    カシミアウール
    ダウンジャケット

    国内参考価格 238,000円

    税抜 238,000円

  • 詳細はこちらから

    M-65モデル
    ダウンジャケット

    国内参考価格 92,000円

    税抜 92,000円

  • 詳細はこちらから

    中綿入り
    チェスターコート

    国内参考価格 115,000円

    税抜 115,000円

  • 詳細はこちらから

    ウール&カシミア
    チェスターコート

    国内参考価格 68,000円

    税抜 49,800円

看板
看板

あとがき

今回の特集いかがでしたでしょうか?

テーラードスーツに限らず、スーツとして着こなせるセットアップも合わせてご紹介いたしました。
今やセットアップも立派なビジネススタイル!
仕事着も日々時代に合わせた柔軟性の高いものを選ぶのも素敵ですね。

それぞれのシーンに合わせた生地のスーツやセットアップの着こなし、参考にしていただければ幸いです。

サンプル画像1
サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [これからが主役の一枚をGET]

    シャツ特集

    一枚で着ても良し、羽織りものとして使っても良しのシャツは、女心と秋の空と言われるほど気温の変動が激しい秋に最適の一枚。今回はカジュアルからドレスシーンまで、様々なシャツとのコーディネートをご紹介します。

  • [デニム一本にも妥協しない装飾性と独自性]

    ディースクエアード特集

    ディースクエアードと言えばデニム。シルエット毎の定番モデルが数多くありますが、それぞれどのような特徴があるかご存知でしょうか。今回はモデル別の特徴と、合わせてコーデもご紹介します。

  • [2019/20秋冬の♯でらスタは]

    クラシック回帰

    今季はダークカラーを中心としたシックなスタイルがトレンドに。今シーズンはそれに寄り添い“クラシック回帰”を掲げてスタイリングをご提案!

サンプル画像1
サンプル画像1
日本人も着られるイタリアコーディネート
サンプル画像1
特集ページ一覧