特集ページトップ
2017年6月 イタリア買い付け紀行 サルバトーレスキラッチ編

2.スキラッチ 編

サルバトーレ スキラッチ氏のインタビュー

サルバトーレ スキラッチ自宅にてインタビューをさせて頂きました!日差しが……

林:

早速ですが、スキラッチさんは、ファッションが、 ものすごく好きな印象があるのですが、
ファッションにおいて大事にしていることって、何でしょうか?

 

スキラッチ氏(以下敬称略):

ファッションは本当に大好きだよ!(笑)
僕は、色とか、デザインとかも、もちろん注目するけど、 一番大事な事は、サイズだと思ってる。
例えば、今回、
ヒロからジャケットを1着もらったけど、これは、ちょっとだけ、胴囲が大きいんだよね。
だから、このまま着るんじゃなくて、少しだけ、 補正させてもらおうと思ってるんだよね。
既製品でも、気になるところがあったら、迷わず補正をして、 少しでも自分にフィットするようにするよ。

 

林:

それの考え方って、イタリアでは一般的ですか?

 

スキラッチ:

割と、服に興味のある、僕の周りの友人は、そうするね。
セレクトショップでも、対応してくれるところのほうが多いと思うし。
常に、 体にピッタリな服がいいんだよね。

 

林:

好きなデザインとか色はありますか?

 

スキラッチ:

黒・白・青が好きかな。

 

林:

アズーリですか?

注:イタリア語でブルーをあらわす言葉アズーロ:青の複数形。
大きな意味でイタリア代表の意味を持ち、サッカーのイタリア代表を アズーリと呼ぶ事が多い。

 

スキラッチ:

そうだね。 イタリアワールドカップで
イタリア代表に選んでもらえ得点王にもなったからね。
でも、 シンプルな色が好きだね。

そして、 いつもカジュアルな服ばかり着ているイメージがあるけど、
僕は、誰がなんと言おうとも、 ブラックスーツが一番カッコいいと思うんだよ。
だから、 何が好きと言われたら、 「ブラックスーツ」 とこたえるね。

 

林:

イタリア紳士ですね。
話しは変わりますが、 日本に4年間住んで見えて、 日本の事も良く理解されていると思うのですが、
ファッションに関しては、日本とイタリアの違いって何になるでしょうか?

 

スキラッチ:

自分が住んでいたのは、 少し前になるのですが、
済んでいたときに思っていたことと
定期的に、現在も日本にも行くので、最近は、 変わったなぁと言う事もありますよ。

以前住んでいたときには、ファッションもだぼっとして、 全体的に、野暮ったい雰囲気だったと思います。
ただ、そこは年々すごく進歩して、オシャレになっていると思いますよ。
いまでは、東京なんて、世界のどこにも負けないくらい
お洒落なアイテムが揃ってると思います。

もしかしたら、自分が静岡という地方に住んでいたから
より、そのような印象を持っていたのかもしれないのですが。

ただ、 変わらず言える事は、
少しサイズがあってないから、ださく見えてしまうのではないかということ。

 

林:

サイズが大きいですかね?

 

スキラッチ:

既製品が全部ピッタリなんて事はないから、 少し手直しすれば良いと思うんだよね。
イタリアでは当たり前だけど。

 

林:

確かに、日本だとあまり直しを選ばない方が多いかもですね。

 

スキラッチ:

後、服はだいぶ良くなって来たんだけど、小物がイケテナイ。

特に、 靴とベルト。

ジャケットとパンツは、 すごくカッコイイのに、
靴が、ぼろぼろだったりすると、ずっこけそうになっちゃう。
本当にもったいないんだよ!
そこを手抜いちゃったら、全部ダメになっちゃうのにって思う。

イタリアであれば、ファッションの公式を学ぶんだよね。
小さい頃から、それを勉強しているので、
靴とベルトの色は一緒だとか、
よく言われる
アズーロ・エ・マローネ
色の組みあわせなんだけど、
「青とブラウン」の組みあわせが、鉄板で本当にカッコイイとか。
普通に知ってるんだよね。
だから、 えっ?と思うスタイルの奴が、少ない事も、カッコイイ理由だと思う。

 

林:

やっぱり、基本的な知識がない感じがするのですか?

 

スキラッチ:

そうそう! だから、ヒロが教えないと(笑)。

 

林:

はい(笑)

 

スキラッチ:

あと、なんか、着こなしに自信がないというか、
拘りを感じないんだよね。


これ!
オレ!

見たいに、
自信を持って着こなしてくれたら良いんだけど、
服に、着られちゃってる感じもするんだよね。
正直、取り扱ってる商品は、イタリアと何ら変わらないし、
もしかしたら、イタリアより洗練しているかもしれないので、
着こなし次第だね。ココは本当に!

 

林:

何か、日本の皆さんにアドバイスとかありますか?

 

スキラッチ:

服を好きで、選んで楽しんで欲しいね!
ヒロもたくさん紹介してね!(笑)

 

林:

はい(笑) 頑張ります!

今シーズンより、
日本で4年過ごし、日本も熟知するスキラッチさんが、
イタリアの素晴らしい商品、シチリアに埋もれる商品の中から、
品質も素晴らしく、日本にマッチする商品を紹介すると言う事で、
一緒にお仕事をさせて頂く事になりました。

その最初のお仕事と言う事で、
すでに始まっている、トリアンゴロプロジェクトの打ち合わせがありました。
イタリアメイドのレザーを使い、長く使う事の出来る、
使う毎に感情をプラス出来る、そんなアイテムを創る事が出来ました。

ファーストサンプルとして、ベルトが先行で入荷しておりましたが、
本格的にバッグ・財布が入荷し、革小物としては一定コレクションとなりました。

まだまだ、新しいモデルが登場するのですが、
クラシック・イタリアの伝統を意識させるスタイルを、
これからもどんどんと紹介させて頂きます!

ベジタブルタンニン鞣しレザーで、柔らかで、経年変化も楽しめる、
持つ喜びを感じるコレクションに出来たらと考えいます。
現在のラインナップをより充実させ
トリアンゴロを日本とシチリアの架け橋に出来る様に、マネージメントをしていきます。


  • 社長ジョバンニュさん社長ジョバンニュさんとデザインの相談

  • マーケティングディレクターマーケティングディレクターとの打ち合わせ

  • トトスキラッチと林トトスキラッチと浮かれる林

  • コンコルディアモデルフラッグシップモデルのコンコルディア

さらに、今回は、新しい商談もありました。

1つはサングラス。
イタリアメイドの日本人にあったサングラスを紹介出来ないかと、
話し合った結果、今回大きな前身をする事が出来ました。
まだまだ、製品化には少しハードルがありますが、
次の春夏シーズンに間に合うように、動く事が出来ればと思っています。

打ち合わせも今回で2回目。
デザイナーや社長も含めて、日本でどのようなサングラスを紹介したいのかを
かなり具体的なサンプルで商談をさせて頂きました。
機能的には偏光レンズで、室内でもする事が出来るぐらいの明るさを持つ、
デザインを別にして、そのような製品を紹介出来ればと思っています。

もう一つは、コッポラ帽。
シチリアの伝統的なアイテムなのですが、 ドルチェ&ガッバーナがコレクションで採用した事により、
また、昨年より人気になったアイテムです。
現在のトレンドは華やかなデザインになり、女性にも人気のアイテムになっておりました。
このようなシチリアの伝統的なファッションアイテムも、日本の皆様に是非紹介したい!
という、トトの熱意に動かされ、
次の春夏までにご紹介出来ればと、今回、商談がスタートしました。
良い形でご紹介出来るようにしますので、 ぜひ、楽しみにしていてくださいね!
  • サングラスサングラス サンプル数がすごいのです!

  • コッポラ帽コッポラ帽 専門ショップでのワンカット

最後に、
シチリア・地中海の夏を体験させてもらいました!

トトさんの自宅でBBQ。
ご両親もお見えになって、奥様のバルバラとの結婚記念パーティーに、参加させてもらいました。
地元料理と家庭菜園でとれた果物。 ものすごく、美味しくて、そして、嬉しかったです。
さらに、別のヒヒになりますが、ヨットで地中海の海に、浮かぶことも出来ました!
海岸で遊ぶと言うよりも、海に船を浮かべて、そこでBBQという、
そんな過ごし方をされている方が、多かったように思います。
そして、小さい船で海岸にあるお店が、
ピザとかスパゲティとかを小舟にとってデリバリーしているのです!
それは、 本当にびっくりしました。
天気が良かったこともあって、本当に、気持ち良かったです。
海外の生活は、不便でびっくりする事が一杯あるのですが、
それでも、空気というか、町並みも含めて、
魅力が一杯あって、それが、商品にも乗ってくるように思います。

そんな想いののった商品をご紹介していきます!
今後に期待が出来る、そんなシチリア出張になりました。
  • パレルモ-1パレルモ ビルの壁の色とベランダに心動かされます

  • パレルモ-2パレルモ プールから市街を見晴らす風景!

  • パレルモ-3パレルモ ビーチで浮かび休日を楽しみます

  • パレルモ-4パレルモ 5家族が集まり休日の昼間を楽しみました

↓ バックナンバーはこちら ↓
過去のイタリア出張レポートはこちらから!