特集ページトップ
看板
サンプル画像1
シューケア用品ブランドを取り扱う

(株)ルボウ様にご協力いただきました!
靴磨き工程
ルボウ様のご協力の下、私武田、靴磨き講習会に行って参りました!シューズケアは勿論定期的に行っておりましたが、恥ずかしながら、どのケアが正しいのかどのケアアイテムを使えば良いのか全然分かっておらず…。
改めて通常のケアと今回は、鏡面磨きというピカピカにする方法を学んできました!
写真は私の5年間愛用しております、ブーツ。社会人一年目の冬、お金がない中頑張って買った思い入れのある一足です。
ブーツなので、ドレスシューズのようにピカピカにするのではなく、アンティークな雰囲気も出してきました!
トゥ(つま先)とかかとは光らせ、全体的にネイビーのクリームを塗布し、自分のオリジナルに。
実はめちゃくちゃ簡単にできるんです。
目次

01ブラッシング

  • サンプル画像2
  • サンプル画像3

02汚れ落とし

ONE POINT TECHNIQUE

カサカサの靴にはデリケートクリームを!

色の薄い革靴にも、リムーバーを塗る前にデリケートクリームを塗っておくと色落ちを防ぐことができます。

03栄養補給・捕色・光沢

クリームはブラシで塗ることをオススメします。
布では届かない革表面の小さな凸凹まで塗りこめるためです。
まず少量をブラシにつけて蓋の裏で慣らしてから塗りこみます。
パンツへ色が付くことを防ぐため、この段階では履き口にクリームがつかないように気をつけます。

ONE POINT TECHNIQUE

ブラシは1色につき1個!

クリームの種類だけブラシも必要。新たな色のクリームを使うならブラシも一緒に揃えてメンテナンスしましょう。

  • サンプル画像2
  • サンプル画像3

04栄養補給・捕色・光沢

SAPHIR BRUSH

  • 上質な馬毛100%使用

    ポリッシャーヘアブラシ

    仕上げのブラッシングに適した手に持ちやすいサイズのブラシです。

  • 販売価格1,800円(+税)

05仕上げ

こちらの工程は、鏡面磨きも行う方はしなくてOKです。
通常のケアで終わる方は、1~2分ほど待ってからポリッシュクロスで靴全体を丁寧に磨きます。
ブラッシングでは取りきれなかったクリームが拭き取れ、さらに美しい艶が出ます。

SAPHIR GLOVE

  • こだわり派の輝く靴のために

    ハイシャイングローブ

    靴磨きのプロのアドバイスから生まれた艶革専用グローブ。コットンクロスでは出せない艶が出ます。

  • 販売価格1,800円(+税)

06ポリッシュ塗布

下記のクロスの巻き方でなくてもOKですが、布のシワがないことだけはお気をつけください。
ビーズワックスポリッシュは5~7日間蓋を開けておいて乾燥させ、ドライワックス状にするのがポイント!
乾燥により溶剤が飛んで光沢ワックスの比率が高まり、塗ったあと乾かす手間は省かれ、
磨いたときに摩擦で落ちにくくなるため鏡面化が早まります。

クロスの巻き方
ワンポイントテクニック

  • 01

    利き手の人差し指・中指の上に、クロスを置きます。
  • 02

    指の左右に垂らしたクロスを指の裏側でねじります。
  • 03

    指の腹側にシワが無いことを確認し、ねじったクロスを手に持ちます。
  • 04

    ひねったクロスを人差し指・中指に一回巻きつけ、薬指で挟みます。
  • 05

    薬指で挟んだクロスを、手の平側に巻き返します。
  • 06

    これで完成!面にシワが寄っていたら直してください。
  • サンプル画像2
  • サンプル画像3

07ベース作り

SAPHIR CARE SET

  • 鏡面磨きに必要なアイテムを一揃えに

    デラックスハイシャインセット

    クロス、ワックス、クリーム、ブラシがセットになった逸品。BOX付きで贈り物にもオススメです。

  • 販売価格10,000円(+税)

08鏡面磨き

09繰り返し磨きと仕上げ

サンプル画像1
サンプル画像1
サンプル画像1
  • サンプル画像2
  • サンプル画像2
サンプル画像1