特集ページトップ




  • ホワイトミラノ エントランス

  • 受け付けで名刺を渡しパスをもらって入場します

  • 必ずオシャレなカフェが併設されています



ミラノのホワイトという展示会に出かけました。

ピッティとは違い、
少しモード系の香りもする展示会になります。

日本人も多く、色々と日本でも著名なブランドも出品していました。

ウチで取り扱いのあるブランドでは、
ベビラクアとか、ロベルトコリーナなど、
新しいブランドは迷ったのですが、
何かサングラスやスニーカーが出来たら面白いかなぁと、
今後に繋がる様に、情報を調査して終わりました。



  • ミラノ鞄工房 作業場

  • カモフラのサフィアーノ加工を施したレザー

  • 年季の入った工具が存在感を演出します



レザーのバッグ工場にて
オリジナルオーダーの商談に同席させてもらいました。

カモフラの素材を使った、
トートバッグやリバーシブルのレザーバッグ。

職人さんが、
一点ずつ作り出してくれる味は、
温もりを感じる仕上がりになっています!

また、
長く付き合う事で、お互いの思いも通じ合い、
これもイタリアに出かけるメリットではないかと思います。

継続して、
皆さんに良い商品を紹介するためにも、
工房とも意見交換をして、創り上げていきます!





  • ジャコモさん自ら工場内を説明してくれました!

  • 3Dプリンタを使い、デザインを創造する。スタイルを作り出す

  • 人の手にて一点一点、
    カーボンファイバーを丁寧に削り仕上げをしていきます。

  • 出荷を待つテクノモンスターの完成品。
    ZIP・キャスター・ハンドルと全てオリジナル!



オロビアンコの工場は、アタマにOBを付けて、
その後に棟番号をいれるのが習慣となっております。

その為、
OB10は10番目、OB11は11番目の工場という位置づけになります。

工場見学は、まさか、
ジャコモさんが出迎えてくれ、
そして、自ら工場を紹介してくれました。

OB11は、
まさに、ハイテクの工場で、
オロビアンコの未来、ジャコモが考える将来を創り出す、
カーボンファイバーの工場になります。

企業秘密が多く、
あまり写真を載せることは出来ませんが、
工作機械やロボットが非常に多く、
ジャコモさんらしい洗練されたデザインが印象的で、

これからも、
「デザイン」を中心に、新しいモノを創るんだと!
熱くイタリア語で語りかけてくれた事が印象的でした。



  • 世界でまだオロビアンコ社にしかないレザーの裁断機。 驚くべき作業スピードです

  • 空調の効いた綺麗な空間に整然と並べられたミシン。
    イタリア人の若いスタッフが縫製を行っていました

  • クロコダイルの原皮もストックされておりました

  • 日本の標語が工場の会議室に飾ってありました!



OB10は
最新のレザー工場。
世界に一台しかない、レザーのオートメーション裁断機を含め、
多種の設備を備えた工場でした。

イスや空調など、
作業をいかにしやすいかも考えており、
快適な作業空間も印象的でした。

バックの制作スピードも、
これによってかなり上がり(最初は機械の調整に非常に時間が掛かった)
新しいデザインのバックも創りやすくなったとのことでした。

本当に、
ジャコモさんに熱く語って頂いた事は、

オロビアンコは10年先を、自ら考え、
自らのデザインで、創っていく会社であるから、
その意図を理解して、
その上でお客さんに商品を紹介して欲しい!

自分もすごく感銘を受け、
【でらでら】もアイデアをしっかりと考え、
少しでもオロビアンコと一緒に時代の先端に
動いて行けると楽しいと。

そして、
オロビアンコの未来をしっかりと、
皆さんに伝える事も含め、
一緒に新しいモノを創って行こうと思います。





  • 驚く程多くのマテリアルから最高のバッグを作ります

  • ボディの素材・ZIPなど細部にわたるまで選んでいきます!

  • 沢山のモデルが並び、オーダーもシステム化されています!

  • ミラノから電車で1時間ほどのガララータに本社があります



ショウルームにて、
無数のモデルが並ぶ中、
【でらでら】の別注モデルからオーダー!

BORSONA・PLANTAREをカラバリを変えて発注をし、
ビジネスバックの別注をお願いしました。

そして、
新しく人気になったバックを中心に、

1,ボディーの素材・カラーを決める
2,持ち手など、レザーの素材・カラーを決める
3,ジップを決める
4,裏地の素材・カラーを決める
5,ストラップを決める

この作業を、
全てのモデルで繰り返して行きます。

そのため、
他店とは違う、【でらでら】のオリジナルで
皆さんにご紹介出来ると思っておりますし、
ニューモデルに関しては最速でのご紹介になりますので、
ぜひ、楽しみにしていて下さいね。





  • ミラノドゥオーモの一等地にあるスペシャルショップ

  • オロビアンコの拘りを感じる事ができるバーバー

  • オロビアンコのミラノ事務所から見えるドゥオーモ!

  • ショールームに近いバールで、オロビアンコのワインとビールが



本社は、ミラノから電車で1時間のガララータにあるのですが、
ミラノのドゥオーモ前(中心街)にショウルームがあります。

また、
そのそばには、オロビアンコのショップも出来ており、
こちらも本当にカッコ良かったです。

ミラノのバッグショップでも、
販売されており、イタリアでも人気のバッグで、
オロビアンコの人気を肌で感じることも出来ました。

びっくりしたのは
そのそばのバールにて、オロビアンコのビールを販売していたこと!
普通においしくて、それもまたビックリでした。





  • ショウルームの会場も個性的でかっこいい建物が多いです

  • イタリアメイドの新ブランドもトライしようか考慮中です

  • スコッチ&ソーダはイタリアでも人気のブランドでした!

  • リーズナブルなプライスもデザインが面白くこちらも考慮中です



ショウルームをまわりました!

色々なブランドが集まった
ショウルームを何箇所か回りました!

アポイントを入れて、
オーダーさせて頂いたブランドもあり、
説明を受けて、次回の春夏に挑戦しようと思う
イタリアンブランドもありで、
足を使っていろいろと体験できました。

イタリアらしいと思う事は、
ショウルームの会場がカッコ良い事!

ビル自体がデザインされたものも多く、
さすがだなぁと思わされました。





  • 人気の傘、アリアフランチェスカを今回もスペシャルオーダー

  • 今回は、前回未発注の折りたたみモデルも発注しました。

  • 世界のブランドをOEMで作りだす工房。ディスプレイも注目

  • カットも含め一点一点ハンドメイドで作りだされるアートです



前回より
オーダーさせて頂いおります、
マリア・フランチェスカの傘も今回
オーダーさせて頂きました。

重厚な作り込みはやっぱりさすがで、
アートだなぁと改めて傘を見て感じさせられました。

世界の名だたるブランドのパーツが置いてあり、
ここでお知らせするわけにはいかないのですが、
オーダーの理由が分かる、ハンドメイドならではの
温もりある傘は、持つ喜びを愉しんで頂けます。

また、
日本と違い、イタリアには、透明のビニール傘はありません。
コンビニ自体もないので、雨になると、お洒落な傘をしっかりと
さして移動するシーンも目撃して、ちょっと、嬉しかったりしました。

自分もたまに、
ビニール傘を使ってしまうので、
ちょっと、あらためてなきゃと……





  • どうしても行きたかったブライアンバリーのセレクトショップ

  • 有名セレクトショップERAL55!商品にサプライズがあります

  • ウインドウショッピングが本当に楽しいです!見ているだけでも

  • アパレルはあまりないのですが、女性的な空間の使い方は勉強に



あまり時間は無かったのですが、
セレクトショップをまわる事ができました!

どうしても、
見てみたいショップの一つに、
ブライン&バリーがありました。

メンズはツーフロアで、
イタリア・ヨーロッパだけではなく、
アメリカも含め多彩な商品を紹介しておりました。

EARL55も含め、
目についたのは、ベビラクア。
シャツのバリエーションも非常に多く、
ジレのコレクションも置いてあり、
スタッフさんとも話をさせて頂き、
すごく、人気のあるとの事でした。

また、
同時に、コインやリナシェンテという
百貨店もチェックでき、
こちらは、知名度の高いブランドを中心に
ラインナップされておりました。

Pepe Jeans LONDONは、
ヨーロッパだけあり、良い場所に陳列されており、
お客様も商品をチェックしている状況になっていました。

次回は、
もう少し時間をとって、
ゆっくりと回りたいなぁと改めて思いました!

もっと、
最新のファッション情報を皆様に、
ご紹介できればと思っております♪





  •  イタリアではサングラスは欠かせないアイテムですね。

  • ちょうどワールドカップのイタリア戦!テレビ観戦の人垣が

  • イタリアらしい縦列駐車。コツコツとあてて前に出るそうです……

  • 夜は至る所がバーになります。外で飲むのにベストの気候でした!

  • イタリアでは非常に良く見るデシグアル!
    日本ではそんなに話題になりませんが……

  • ミラノの無印良品!
    日本人として、そのままの感じが嬉しかったです。



すごくきれいな街並み。

どこを写真に切り抜いても綺麗に見え、
そして絵になるのがヨーロッパの良いところでしょうか。

よく見ると
きたなかったりすのですが、
歴史を感じる、雰囲気がやはり楽しいですね。

治安は、
やはりあまり良くないのですが、
(地下鉄ですられそうになりました……)
住んでみたいなぁって思える土地ですね。

現実は、
厳しいかもしれませんが。



  •  イタリアではサングラスは欠かせないアイテムですね。

  • ちょうどワールドカップのイタリア戦!テレビ観戦の人垣が

  • イタリアらしい縦列駐車。コツコツとあてて前に出るそうです……

  • 夜は至る所がバーになります。外で飲むのにベストの気候でした!

  • イタリアでは非常に良く見るデシグアル!
    日本ではそんなに話題になりませんが……

  • ミラノの無印良品!
    日本人として、そのままの感じが嬉しかったです。

  •  イタリアで現在人気になる
    高級なハンバーガー!しっかりとした肉が魅力です。

  • ミラノで食べたマルゲリータ。
    ナポリからきたピザ職人が焼いていると言っていました

  • イタリアで生ガキを
    食べる事ができるとは思いませんでした。美味しかったです!

  • 最後もやっぱり、
    Tボーンステーキ。イタリアらしいおいしい肉でした

  • カルチョの国イタリアにもかかわらず
    サッカーの日本戦がテレビで放映されて折らずパソコンで

  • 甘くないデザートもあります。
    ベリーはすっぱくておいしいです。日本人に合うかも



基本的には、
イタリア料理は日本人の口に合うと思います。

オリーブオイルも
ものすごく使うのですが、
気にならなければ、本当においしいです!

食という意味では、
イタリアで食べる、日本食や中国料理は、
個人的にはあまり好きではありません。。。

ただ、
ミラノでスーパーバイクで活躍した
芳賀選手が経営する日本食レストランがあり
そこはけっこうおいしかったです!

異国の地で食べる、
日本食は、やはり感じる味も違いますね。




↓ 前半戦はこちら ↓

2014年 6月版 イタリア買い付け紀行 前編


↓ バックナンバーはこちら ↓


サンプル画像1
サンプル画像1

 

 

 
↓ バックナンバーはこちら ↓