レッドカード特集
日本の職人によるMADE IN JAPANデニム、レッドカード。

特長などまとめてご紹介させていただきます。
目次
  • レッドカードとは?


    レッドカードの美しいシルエット
  • 2009年にスタートした日本生まれのデニムブランド。


    リーバイスの王道モデル「501」を生み出した本澤裕治氏がプロデューサーを務め、150年の歴史をもつジーンズへの敬意を払いつつ、世界で一番と言われている物作りをモットーとし、日本の感性が生み出したきめ細やかなデニムを提案するブランド。


    リアルヴィンテージのような立体感があるウォッシュ加工を施し、アタリやヒゲのユーズド加工等、日本の繊細な技術力を活かし、クオリティーの高いデニムを作り出しています。


    ワークウェアのデニムとは真逆の発想を持ち、機能面だけでなく、シンプルだけどちょっとしたエッセンスを楽しめるデニムを提案することで人気を博しています。


    日本ならではの計算された加工や縫製技術は、着用感の良さはもちろん、穿いた時のシルエットや使い続けることで生まれる大人のこなれ感を表現しているので、デニム本来の穿き込んだ表情が大人の魅力として出ているのです。


レッドカードの特徴

日本人向けの考えられたサイジング(FIT)
デニムモデル別 リズム デイワン ショア
プロデューサーが日本人であり日本製である事から、日本人向けに作られたサイズ感のため、お尻周りが深く作られているフィット感が特徴です。

海外モノのデニムですと、どうしてもレングスが長く補正が必要になり、当初の裾幅の位置より上でカットすることで裾幅が広くなってしまい、 シルエットがイメージと違う感じになってしまう事があります。

しかしレッドカードは日本人向けであることを重視しておりますので、レングスは敢えて短めに設定。
日本人に合わせた、切らなくてもいいデニム なのです。


レッドカード特集
ファブリック(FABRIC)

デニムにおいて基本になる生地は、カイハラや倉敷紡績が製造した生地などを使用し、世界を代表するMADE IN Japan Denimの最高峰のデニムファブリックを使用して作られております。

デニムの種類によって、オンス(生地厚)が違ったり、触り心地も違ったりと一つ一つのデニムに名前が付けられるほど拘った生地は、快適に過ごせる素材感を表現して仕立てられております。

縫製にはヴィンテージ糸メーカーの、最高品質UJYO物産・SUPIMA綿カバーリング糸を使用することにより、加工後の退色を愉しめる ということも可能にした技術力にもご注目くださいませ。


レッドカード特集
手作業のヴィンテージ加工(FINISH)

特徴的な部分の一つに、ウォッシュ感やヴィンテージ感という加工がデニムに表現されております。

世界屈指のデニムウォッシュ工場で、レッドカード独自の絶妙な方法で洗いをかけているので、程よく穿き込んだ色味やこなれた印象を演出できます。

ちなみにデニムカラー名の頭には開発に関わった主要の職人さんの名前がつけられています。
プロデューサー本澤氏の意向により、カラー&加工の開発に関わった職人さんへのリスペクトを込めてこのように表記されているのです。

ヴィンテージ感は、職人達がボタンなどの目立たない場所もおとさずに一本一本仕上げる事で、イタリアデニムによくあるセルビッチやポケットステッチのデザインが無くても、重厚感のある穿きこんだ印象を作り上げてくれます。


金属ボタンやジップまでにも日本製を選んでいるというところも魅力と言えます。
職人達が、プロデューサーが掲げるプロダクションに携わって、忠実に再現することでデニムの良さを引き出しています。


  • ステッチなしのバックポケット


    ステッチなしのバックポケット
  • 数多くあるデニムブランドの中でも、一切ステッチのないバックポケットというのは珍しいのではないでしょうか。


    多くのブランドが、バックステッチのデザインでブランドをアピールするものですが、レッドカードはそうしないのです。


    その理由は、バックステッチのデザインというアイコンがなくても、デニムの表情そのものでブランドをアピールしたいから。


    生地への強いこだわりから、その生地で「レッドカードだ」と分かってもらえるという自信を持っているからこその、ステッチなしなのです。



21春夏 ラインナップ
  • 1.

    Rhythm -リズム-

  • 2.

    DAY 1 -デイワン-

  • 3.

    Shore -ショア-

  • 4.

    Ryder -ライダー-

  • 5.

    Rookie -ルーキー-

-Rhythm-
  • -Rhythm- リズムモデル


    1番人気の定番モデルです。


    シルエットはいわゆるテーパードの効いた若干スリムラインと動き易さ重視のちょっと浅めの股上で、足長効果もあるはずです!


    レングス(股下)が約5cm短くなっているそうなので、裾直しによるシルエットの変化も少なく、裾のダメージ加工が消えることなく穿いていただけます。


    よりに日本人に合うようにとマイナーチェンジでシルエットを変更されているようです。


-Rhythm-
kitaヴィンテージダーク

リズム


こちらのリズムにはkita Vintage Darkという生地が使われています。
kitaというのは、染色を担当した職人の名前。職人への敬意が表れています。

リズム

しっかりとしたデニムらしい厚みもある生地に、ぐいぐいと抵抗感のあるストレッチ感のデニムです。

ダークの名の通り、ウォッシュを抑えた色差の少ない仕上がりで、秋冬らしい重厚感があります。

リズム

綿100%のデニムに近い生地感で、ダークな色味で何を合わせてもシンプルに着こなしていただけます。

商品の詳細はこちらから
-DAY 1-
  • -DAY 1- デイワンモデル


    腰回りがリラックスしていて、テーパードを利かせたスキニーモデル。


    ウエスト、ヒップ、わたり共にリズムモデルより広い反面、膝下からのテーパードは強いシルエットが魅力。


    人気NO.1のリズムに次いで人気の高いモデルです。


-DAY 1-
kitaダークユーズド

デイワン


こちらのデイワンにはkita dark usedという生地が使われています。
生地名は、職人の名前と色の名前を合わせてつけられています。

デイワン

レディースにとても支持されている生地で、ストレッチが非常に効いています。。

膝抜けしにくくハイキックバックなストレッチ性が大きな特徴です。

デイワン

スリムで濃いめですのでキレイ目コーデもお勧めです。ジャケット・レザーシューズでビシッと決めていきましょう。


商品の詳細はこちらから
-Shore-
  • -Shore- ショアモデル


    テーパードが効いたデイワンとほぼ同じシルエットで仕上げた、イージーパンツモデル。


    シャツインには向かないイージーパンツにテーパードを利かせることで、キレイ目スタイルにも合わせることができます。


    穿き心地の楽さをとことん重視したモデルです。




-Shore-
kitaブラックヴィンテージ

ショア


こちらのショアにはkita black usedという生地が使われています。
kitaという職人が染めた、ユーズドブラックのカラーリングです。

ショア

薄手に感じますがハリがあり、心地よりストレッチ感の生地。

ハイキックバックで長くキレイなシルエットを保てます。

ショア

濃ゆいカラーがスキニーらしさを強めてくれますので、シンプルなカジュアルスタイルでフォルムの美しさを楽しんでいただければと思います。


商品の詳細はこちらから

-Ryder-
  • -Ryder- ライダーモデル


    タイトめに仕上げた細身シルエットのモデル。


    伸縮性の高いハイパーストレッチ生地で、シルエットと合わせて非常にリラックスした穿き心地です。




-Ryder-
kvd kita vintage dark

ショア


こちらのライダーにはkita vintage darkという生地が使われています。

ショア

コットン、ポリエステル、ポリウレタンの3種混紡生地で、生地の戻りが良いハイキックバックなストレッチ性を持っています。

ショア

適度なゆとりを楽しめるシルエットですので、男らしいワイルドさがほしいときにも重宝する一本です。


商品の詳細はこちらから

-Rookie-
  • -Rookie- ルーキーモデル


    レッドカードの中で最もルーズなシルエットを持つモデル。


    デニム本来の味わいと生地感を楽しめるコットン100%生地で、昔ながらのオーソドックスな一本。




-Rookie-
kita black used

ショア


こちらのルーキーにはkita black usedという生地が使われています。

ショア

純粋なコットン100%で、デニムならではの経年変化を楽しめます。

ショア

男らしいレギュラーストレートシルエットで、カジュアルでもドレスでも頼もしい存在感を放っています。


商品の詳細はこちらから

レッドカード 21春夏モデル
看板
サンプル画像1
サンプル画像1


日本人も着られるイタリアコーディネート
サンプル画像1
特集ページ一覧