タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

実店舗案内 GIANNETTO / ジャンネット Octet 名古屋 Finamore / フィナモレ 未分類

シャツブランド2大巨頭!ジャンネットvsフィナモレ 実際人気なのは!?簡単にできるリネンシャツの着こなし5選!

投稿日:

こんにちはこんばんは。

オクテット名古屋の中村です!(^^)!

 

それにしても暑い毎日が続きますね~

久しぶりにバスケをしてきたのですが、30分限界でした。

体育館が暑すぎて、悶絶してましたよ…。

学生の頃何度か熱中症になって病院運ばれたの思い出します(笑)

凄い厳しい学校で…(笑)今では大問題になりますね~

皆さん熱中症には十分お気をつけくださいね。

 

さて、今回はですね、新作について書きたい所ですが

まだまだ春夏のアイテムでよさそうな気温ですよね(笑)

今ダウンジャケット紹介したら、やめてくれ!!

って苦情はいりそうなので止めておきます。

 

 

夏らしくリネンシャツについて書いていこうかなと思っております。

とは言え、オクテット名古屋…シャツブランド巨頭2ブランドの

取扱いがあります。そうです。

フィナモレvsジャンネット

実際どう違うのか、ファンが分かれる理由等

徹底検証してみました。

お客様の声も参考までに。

 

まずそれぞれのブランドについて軽くタッチしていきますね。

 

GIANNETTO(ジャンネット)

2008年にスタートしたジャンネット。

割と最近な感じしますよね。

ですが、ジャンネットの母体であるSANFORT(サンフォート)社は、

1979年にドレスシャツメーカーとして創業をスタートさせました。

カジュアルラインとして南イタリアのハンドメイドシャツブランド

として誕生したのが、GIANNETTO(ジャンネット)なのです!

ハンドメイドシャツ特有となる「鳥足」(ザンパテ・グリアート)

ボタンが付けられており、ボタンが斜めに付く事でボタンが

掛けやすい&外しやすくなっているという職人技が備わっています。

ジャンネットと言えばのアイコンマーク輝かしい黄色の太陽アイコンマークは、

第二と第三釦の間に刺繍されています。

 

創業者のリカルド・サンソーネ氏の息子で

幼いころからリカルド氏の主義を見ながら稼業を手伝ってきた

ヴィンツェンツォ・サンソーネ氏。

そんなヴィンツェンツォ氏がインタビューに答えてくれました。

ジャンネットを選んだ理由等、バイヤー林がインタビューして

来ましたので、ぜひこちらも見てみて下さいね♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

⇒インタビュー記事はコチラから

 

Finamore(フィナモレ)

1925年にカロリーナ・フィナモレが小さなアトリエで顧客のために

100%ハンドメイドのシャツを作り始めたのがブランドの始まり。

その技術は息子に引き継がれ、現在は孫にあたる

シモーネ・パオロ・アンドレアが
ナポリの熟練したクラフツマンシップを今に伝えています。

今ではディテールの細部にまで神経を行き渡らせた完成度の高い

シャツを作り続けています。

ナポリのテーラリングの伝統を拠り所としながら、

マシンメイドにはない手縫いならではの着心地のよさを実現しています。

半世紀以上男性に支持され続けるフィナモレのシャツは

ハンドメイドならではの温かみを感じられますよ。

 

 

 

中でも今回ご紹介したいのがリネンシャツ

今では夏の定番化しているリネン。

日頃から割と耳にしたりしませんか?

ファッション関連だけでなく、日用品にも多く使用されています。

 

アパレルで言えばリネンシャツが王道です。

リネンシャツと言えばシャリっとした質感が特徴で

涼し気な印象を与えますよね。

上品雰囲気はそのままに、リラックスした表情を魅せる

リネンはまさに大人の1着です。

堅苦しくなることなく、リラックスして着用頂ける事もまた

嬉しく、夏に頑張らないシャツスタイルを作るのに最適なのです。

 

とはいうモノの…

実際どんな素材なん??ってなりません?

 

リネンとは!?

リネンは60cm程の小さな植物の茎から採取した織物で織った布です。

繊維細くしなやかなので肌になじみやすい事も

特徴として挙げられます。

通気性や吸水・吸湿性に優れており、繊維が伸びにくく硬いので

汗をかく夏の時期でもサラリと着用しやすい素材です。

また、吸水性に優れている事もあり吸い取った

を素早く外へ逃がしますのでカビや雑菌の繁殖も抑えてくれます。

 

それでは『リネンシャツ』を使ったコーディネートのご紹介を

していきますね。

 

 

 

1、フィナモレ 白リネンシャツでリゾート風コーデ

白シャツと言えば、イタリアでは定番中の定番、

そして日本でもお持ちの方が多いのではないでしょうか。

リネン地の白シャツをリラックス&エレガントスタイルに!

綺麗めパンツ代表のPTバミューダで醸し出すリラックスな雰囲気と

品格、男性の余裕や色気すら感じ取れる1本は、ハーフパンツが苦手な

男性でも挑戦しやすいかと思います。

サンダルもドレス顔のグルカサンダルをチョイスすることにより、

より大人に着こなせるかと思います。

ある意味で、大人に“しか”着こなせないコーディネートです。

ストールで華やかに魅せる事もオススメです。

 

【アイテム詳細はコチラ】

シャツ:フィナモレ 白リネンシャツ

ボトムス:PT01 バミューダパンツ ハーフパンツ

サンダル:パラブーツ グルカサンダル(当店別注)

ストール:ピエール・ルイ・マシア ストール

 

 

2、フィナモレ 爽快感あるビジネススタイル

猛暑が続く夏で、ビジネスシーンの服装も軽装になってきましたね。

ノータイで半袖シャツという方をよく見かけるようになりました。

今回はビジネスシーンに活躍する清潔感と爽やかさを重視した

コーディネートのご紹介をしていきます。

ブルーカラーでリネン100%の素材が爽快感あり、爽やかに着用頂けると思います。

2タックのサマーウールパンツで暑い日対策も!

シルエットの綺麗なPT01はどんなスタイリングでもあわせやすくなっていますので、

ヘビロテ力も抜群です。

足元とベルトをブラックで引き締めてあげることで、

コーデに纏まりがでてカッコイイ着こなしとなりますよ。

 

 

【アイテム詳細はコチラ】

シャツ:フィナモレ 半袖リネンシャツ

ボトムス:PT01 サマーウール スラックス

シューズ:プレディビーノ ドレスシューズ

 

 

3、フィナモレ ベージュを上品な着こなし

柄on柄で個性を演出!

ディナーデートでジャケットが求められるシーンってありますよね。

でもネクタイまでするのは堅苦しくて嫌だな…

なんて思う方にオススメアイテムがストールです。

“ネクタイ巻き”にしてあげるだけで、洒落っ気がプラスされ

色気すら纏って魅せます。

ラルディーニに柄ジャケットと合わせた柄on柄のコーデは

同系色だからこそ喧嘩することなく統一感を待たせる事が出来ます。

ボトムスに白を用いる際、シャツも白にしてしまうと

コーデがぼやけてしまいがち…

なので今回は少し色のあるベージュカラーを採用しました。

食事の際ストール取ってもお洒落って最高じゃないですか★

2プリーツのドレッシーな白のパンツと合わせる事で

ドレッシーさが際立ちますよ♪

バッグや足元はレザーアイテムで色気を出して下さいね。

 

【アイテム詳細はコチラ】

ジャケット:ラルディーニ ニットジャケット

シャツ:フィナモレ ベージュリネンシャツ

ボトムス:サンタニエッロ コットンツイルパンツ

シューズ:パラブーツ ウィリアム

ストール:ピエール・ルイ・マシア ストール

 

 

4、ジャンネット 清潔感をビジネス魅せたいシーンに

男性にと言っても女性にとっても清潔感って大切ですよね。

それだけで、印象がガラリと変わってしまう程…。

夏なので暑さもあり、涼しい印象を与えながら清潔感も

印象付けるには!?と疑問点がうかびますね。

そんな時にオススメなのがジャンネットのトーンを落とした

ブルーカラーのリネンシャツ。

ブルーカラーと言っても様々ありますよね。

品のある着こなしがお好きな方には、暗めのブルーがオススメです♪

カジュアルになり過ぎず、若々しくなり過ぎる事なく着用頂けると思います。

スリムなフィット感をエレガントに表現してくれるシャツは

誰が見ても美しくハンドメイド特有のボタンの付けやすさ&

外しやすさは随一です。

もちろんビジネスシーンだけでなく、普段使いにも!

白パンやデニムとの相性も抜群ですよ♪

 

【アイテム詳細はコチラ】

シャツ:ジャンネット ブルーリネンシャツ

ボトムス:ヒューゴボス スラックス

シューズ:パラブーツ シャンボード

ネクタイ:ウルトゥラーレ ネクタイ

 

5、ジャンネット 遊び心満点!元気印のオレンジリネン

The 夏カラーの発色の良いオレンジカラー。

リゾートスタイルにはぴったりな1着です。

今回はラフにあくまで大人の着こなしになる様、

コーディネート致しました。

リネンシャツだからと遊び過ぎない1着は、胸元を開け

アイコンマークのチラ見せをしてこなれ感を発揮します。

イタリアらしいコーディネートとして、リネンシャツを

上手く使いこなす事で様々なコーディネートがお愉しみ頂けます。

カラー的にも明るく、第一印象は◎なはず!!

足元を、コインローファーにする事により、

上品で綺麗めスタイルに魅せます。

ブラウンのレザークラッチバッグなどで合わせるとより良い

スタイリングになります。

是非お試し下さい♪

 

【アイテム詳細はコチラ】

シャツ:ジャンネット オレンジリネンシャツ

ボトムス:トラマロッサ 白デニム

シューズ:パラブーツ コロー(当店別注)

 

 

リネンシャツの着こなし方法いかがでしたでしょうか??

様々な着こなしがあり、印象もガラリと変えやすいリネンシャツ。

まだまだ猛暑が続きますので、リネンシャツが活躍するシーンが

たくさんありそうですね。

 

結果的に、フィナモレトジャンネットどっちがいいの!?

ってなっていますよね。

正直どっちも魅力が豊富なのです。

着丈はフィナモレの方が短い事が多く、フォーマルにも

カジュアルにも使いやすいかと思います。

簡単にまとめてしまうと……

 

フィナモレ⇒襟が高い、肩が細い、着丈が短い

ジャンネット⇒襟が低め、肩普通、着丈長め

 

ジャンネットはドレスの中でも

遊び心が垣間見えますので、カチッとした着こなしが

苦手な方にはオススメです。

どちらもエレガントで上品なので、大人のシャツブランドには

間違いがないという事です!

ぜひこの夏にお試しあれ♪

 

 

ではまた

オクテット名古屋の中村でした。

 

 

~~~オクテット名古屋の情報~~~

住所⇒〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅3丁目3−8−6

 

TEL⇒052-561-1544

営業時間⇒11:00~20:00

 

 

オクテット名古屋のインスタグラムはコチラから!

新作情報等満載でお届けしています♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

↓ここから、オクテットの友達になってください

友だち追加

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-実店舗案内, GIANNETTO / ジャンネット, Octet 名古屋, Finamore / フィナモレ, 未分類
-

日本人も着られるイタリアコーディネート集。イタリアのメンズファッションブランドの着こなしをコメント付きでご紹介。
300以上のコーディネートをぜひ参考にしてください。
  • 郡山悠也
  • 中村綾花