タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

実店舗案内 Octet 名古屋

ビジネス男子を応援する2週間★3日目◎

投稿日:

こんにちはこんばんは。

オクテット名古屋の中村です。

 

 

本日3日目でございます♪

オクテット名古屋では働く男子を応援したく

スーツフェアとしてイベントを開催させて頂いております。

クールビズも終わりスーツをカチッと着こなす事が

多くなると思います。

そんな時、サイズの合ってないスーツやよれよれのスーツ

なんてもったいないです。

スーツは特に男性の鎧とも言われる程、見た目も重要視されて

いるかと思います。

やっぱり男性には、カッコよくスーツを着こなして頂きたいです。

 

スーツ着用時に必要不可欠となる、ネクタイについて今日は

語らせて頂きます。

 

オクテット名古屋で激推しさせて頂いているネクタイが

ULTURALE(ウルトゥラーレ)

皆様はウルトゥラーレはご存じでしょうか??

ウルトゥラーレの魅力を明かして行きます。

 

 

 

ULTURALE(ウルトゥラーレ)

1980年代にナポリの仕立て屋(サルトリア)がネクタイを作り、

ウルトゥラーレ社として、2004年自社ブランドのハンドメイド

ネクタイブランドを設立しました。
専用チャームをお守りとして裏に付ける等と個性がありながら、

上品さ、情熱を兼ね備えた逸品が揃い、イタリア・ナポリで

多くの紳士に愛されています。
ピッティ・ウォモでは、ナポリ仕立ての伝統、製造技術の卓越さを披露し、

趣向を変えたショー演出で、自慢とするネクタイを世界へと広げています。

 

ウルトゥラーレのネクタイの魅力とは??

ウルトゥラーレのネクタイは『生きているネクタイ』と言われています。

必ず天然素材を使用し、表生地に馴染むことから息をするネクタイなのです。

その為、裏地が少し厚くなっており、触っただけでわかる仕上がりとなっております。

そして、オールハンドメイドという事で、生地は必ずハサミで切り、出来る限り手で縫います。

ネクタイのかんぬき留めが一定の位置にないのもハンドメイドならではの温もりだと思います。

そしてもう一つ、 スリップステッチと呼ばれる、たるみ糸の長さも一緒と言う事はありえないのです。

この糸がある事で、ネクタイ自体に伸縮性を与えることが出来ます。

(※最近の機械で作られているネクタイには付いていません。)

 

ハンドメイドなので、ネクタイを指1本で持ったとしてもねじれたりしません。

無理に縫い込んだりしていないし、縫い目をしっかりと見ているからこそまっすぐのネクタイになるのだと思います。

たるみ糸は、手縫いネクタイの証明。

ネクタイの背骨なので、しっかりと引っ張れば繋がっていることがわかり、 引っ張る事でネクタイがシャキッと伸びるのです。

 

手で縫っている事で、裏生地のあるモデルは、しっかりと柄合わせもしてあります。

 

 

ノータイは日本のみならず、イタリアでも増えているそうです。

日本とイタリアの違いは、ネクタイをしない代わりにジャケットにチーフは欠かせないみたいです。

エレガンテなイタリア男性は、これはマナーだと言うそうです。

これがイタリアの伝統であり、真のお洒落だと私は思います♬

 

因みにウルトゥラーレの箱が、これまた可愛いのです!!

プレゼントに最適な感じでございます🎵

だん

 

 

~豆知識として~

ウルトゥラーレのネクタイの中には、コルノと呼ばれる赤い角の様な

お守りが付属されているアイテムがございます。

色々な言い方・捉え方はありますが、イタリアでは

“幸運をもたらす”と伝わっています。

人にプレゼントするのに持ってこいなのです。

その理由としまして、人から貰う方が幸せになるとも

言われているそうです。

 

高級感溢れるウルトゥラーレのネクタイは、大事な商談や打ち合わせ

大切な人とデート、そんな時に是非選んで頂きたい1本です。

 

 

ウルトゥラーレのネクタイを紹介したついでに。。。

実は中々お目にかかれない逸品があるのですよ!!

それがコチラの靴下♪

 

スラックスから覗かせて、ヨーロピアンをお楽しみ下さい。

ネイビー&レッドハート、グレー&ホワイトハート の二種類。
1サイズ展開、数量も極僅の入荷となっております。

早い物勝ちですよ~~~(*^_^*)

 

 

ウルトゥラーレの全商品はコチラから♪

 

ではまた。

オクテット名古屋の中村でした。

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-実店舗案内, Octet 名古屋
-

  • 郡山悠也
  • 中村綾花
  • 岩谷早紀