タトラス・ヘルノ・ストーンアイランド・フェリージ・パラブーツ等ヨーロッパのメンズブランドをご紹介

TKのファッションは気合いだカバやろー!

ファッションは気合だ!カバやろう。

投稿日: 更新日:

 

不躾なタイトルではあろうことは重々承知で、今後この場を借りて「ファッション」なんぞを語ってみようかと。

 

そもそも、お前誰??

 

と、当たり前な疑問もあろうかと思うんで、簡単な自己紹介を。

 

 

 

名前は 近藤 武志 (こんどう たけし)。

 

イニシャルは T.K.

 

ちなみに名前を逆から読むと「しけた うどんこ」=「湿気た うどん粉」。

 

これで覚えてもらえれば。

 

↓直近の私ですw

↑ L.B.M.1911 ウォッシュド コットンツイル ジャケット

 

あざなを 「くみちょう」 と言います。

 

付いた理由は、またおいおい...

 

 

 

齢は四十六。

 

名古屋生まれの名古屋育ち。

 

その昔、練馬や浦安、Honolulu にもチラッと住んだこともあるかな。

 

 

 

最後のハワイは滞在しただけですがねw

 

住所移してないしね。

 

 

 

で2000年6月1日に、不肖にも自分の「家族」を持つ身分となり、今は六つ年下の妻と高三、中三、年長の三人娘がおります。

 

豪華な嫁入りで有名な名古屋で三人娘を持った以上、我が家は私の代で無くなるでしょうがそれもまた由。

 

コレですw

名古屋嫁入り物語(google)

 

 

 

もとより娘達に何も残す気は無く、全てを墓に持っていくつもりですし。

 

 

 

話は変わり、現職はここ(株)林商店のアパレル事業部マネージャー。

 

とは言っても、実はまだ入社して7ヶ月。

 

ピッカピカーの新入社員です。

 

 

 

↓くらいにピカってますw

L.B.M.1911 チェック柄ジレ

 

ちなみに林商店ってのは、この

Octet(オクテット)

を運営してる会社です。

 

 

 

その前はと言うと、並行輸入がお得意な某直輸入商社の小売事業部にて23年ほど勤めておりました。

 

ちなみにここ↑で扱っていたのは、いわゆるアメカジです。

 

※アメカジついての詳しくはこちら(wikipedia)をどうぞ

 

 

 

前職の入社当時(1994)は、

 

・ヘインズ 3P Tシャツ

 

・リーバイス 501

 

・コンバース オールスター

 

・アルファ MA-1

 

お店でバカ売れしてましたwww

 

 

 

まあ、流行としてはマス落ちしておりブームも終わりがけであったはずだけど。

 

記憶もあいまいで申し訳ないですが...

 

 

 

まあともかくおっさんは理解してくれる「ザ・アメカジ」ってコーディネート↑です。

 

のはずだ。

 

懐かしい...

 

 

 

ちなみに、携帯電話がこんな時代でしたからねw

※出典:DOCOMO DESIGN 20TH 

 

 

 

で、2001年頃からは販路をリアルからウェブへ本格的にシフトしたこともあってか、服屋さんって言うよりは、靴屋さんになってました。

 

おかげでECの靴屋業界では、まあそれなりには知られるお店で働かせてもらってた、と言うことになろうかとは思います。

 

 

 

とまあ、一応そんなこんなで、それなりに服飾業界の端くれにいましたので、多少なりともファッションを語ってもよい人間かと思ってます。個人的に...

 

 

 

で、ブログ初投稿の今回はそんなこんなで私くみちょうの若かりし中学時代に個人的にハマってたファッションを語ってみようかなと。

 

今、書きながら...

 

 

 

私、1971年(昭和46年)生まれなのですが、ファッションに目覚めたのは中学生の頃でしょうか...

 

1980年代

最初はいわゆる「DCブランド」にハマってました。

 

※DC:デザイナーズブランド、キャラクターブランドの総称

 

 

 

私はDCの中でもDの方が好きで、気に入って着てたのは

 

・MEN’S BIGI(メンズビギ)

 

・NICOLE(二コル)

 

・JUN MEN(ジュンメン)

 

・COMME des GARCONS(コムでギャルソン)

 

・KENZO(ケンゾー)

 

あたりでしょうか。

 

 

 

その頃の男性ファッション誌で「Checkmate(チェックメイト)」ってのがあって、この雑誌で夏冬の年に2回実施されてた「全国縦断ファッショングランプリ」

※出典:magnif

 

コレに掲載されるために、なけなしの小遣い持って休みは服屋を何軒もはしごしてたな。

 

ケッタマシンでw

 

 

 

で、誌面に掲載される為に、早朝から撮影される場所をそわそわしながら、うろちょろしたもんです。

 

いやはや、ホント懐かしいし、恥ずかしいw

 

 

 

あっ!?もちろん夢はかなって私もちゃんと掲載されたんですよ!

 

一応...

 

時はたしか、中2だったかなあ...

 

 

 

その掲載された時のコーディネートはたしか...

 

・白シャツ+ループタイ

 

・洗いのかかったGジャン

 

・茶のチェスターコート

 

・2タックちょい太めのウールパンツ(確か黒)

 

・ラグソールでプレーントゥの革靴(茶)

 

だったかな。(実家にその雑誌あるかもw)

 

 

 

今、考えたら...ですが、その時はこんなコーデが良かったんだなと。

 

30年は長いです。

 

 

 

でも、その頃もオーバーサイズの服が流行ってたし、レイヤード=重ね着が流行ってたし、もしかしたら今近しい流行が来てもよさそうな。

 

気のせいかな...w

 

 

 

まあ、ファッションの流行りも30年一回りなんて言うしね。

 

 

 

ちなみにそんな80年代中頃というと

 

未だに愛読してる(ワンピースだけですが)少年ジャンプで「Dr.スランプ(アラレちゃん)」の後釜「ドラゴンボール」の連載開始されたあたりか...

※出典:MANDARAKE

 

そういえば、さっき書いた我が地元名古屋の方言?

 

「ケッタマシン」は↑の著者:鳥山明先生が全国に知らしめたんではと言う噂です...

 

 

 

それと、わたしのライフワークと言っても過言じゃない、東京ディズニーランドが開園したのもこの頃ですね。

 

1983年(昭和58年)4月15日。

 

 

 

と、話はそれましたが本題のファッションに戻してこの頃、スタジャン(スタジアムジャンパー)が流行りだしたんじゃなかったかな?

 

 

 

スタジャンってアメカジの代名詞のひとつみたいなもんでDCブランドに飽きてきだして、アメカジに興味津々になってきたのが中3くらいだったか...

 

 

 

スタジャン=アイビールックでもあるかな。

 

その頃は金も無いくせに、とにもかくにも本物志向で「Golden Bear(ゴールデンベアー)」のが欲しかったんだけど、とにかく高くって...

 

夏休みにバイトしまくって買ったっけ。

 

 

 

自分の欲しい色(緑×黄)のサイズが無くって大きいサイズを買ったので、洗濯機でガンガン洗って天日で干して、必死に縮めてたっけなあ。

 

気合でなんとかなると信じて...

 

 

 

乾燥機なんて高級品、畳屋の我が家には無かったし。

 

まあ今もこ無鉄砲な気質は変わってないと思いますが。

 

 

 

あのスタジャンどこ行ったのかなあ...

 

今も残ってたらメルカリで高く売れたろうにww

 

 

 

と、昔話となると話が終わらないので、初回の今回はここまで。

 

これから不定期にはなると思いますがこんなファッションに関わる話をちょいちょいと綴っていこうと思う今日この頃です...

 

林商店スタッフ くみちょう こと、TKでした。

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-TKのファッションは気合いだカバやろー!
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  • 郡山悠也
  • 武田真実
  • 岩谷早紀