看板
当店の母体である林商店は、創業66年となり紳士服を軸にスーツを半世紀以上販売してきました。

昨今は、スーツをどんどん着る文化がなくなってきており、全面的にでらでらはその流れに抗おうと思っております。


「スーツは男の戦闘服」。そんな言葉があると思いますが、私もそう思っています。

決して適当に着て良いものではないと思っています。


自由な着こなしの中にもこれを抑えれば好印象を与えることができるというルールがあるので、今日はそれをお伝えしたいです。


そして、仕事でスーツを着る理由って色々あると思うのですが、最もたる理由は、「相手に好印象を与えれる」が一番だと思っております。

スーツがなければ、その人の私服センスが全面に出てしますよね。こうなってしまっては、好みが人それぞれ分かれてしまいます。


しかしスーツですと、サイズさえ間違えなければ、ある程度の好感度確保が可能です。


ぜひ今一度スーツの着こなしを見直しませんか?

看板
改めて、どんなスーツを選ぶべきなのか
看板
世界最高峰のエルメネジルド・ゼニアの生地を当店のオリジナルの型紙で仕立てたスーツとなります。


過去製造からやっていた弊社は、本当にたくさんの生地に触れ、最も良い生地を捜していた中で出会ったこちらのゼニアの生地。

何千パターンの中から、至極の10数パターンを毎シーズンピックし、日本人向けに仕立てさせていただいております。


かなりお値打ちにご提供させていただいておりますので、ぜひ一度袖を足を通してみてくださいね。

看板
スーツ 印象で選ぶスタイリング例
看板
サンプル画像1
看板
サンプル画像1
看板
サンプル画像1
看板
イタリア生地使用ジャケット・スーツ 特集
ネクタイ 特集
看板
看板
スーツの製造直売からスタートした当店、やはり男の勝負服はスーツであってほしい。

そう思い今シーズンから、徐々に少なくなってきてしまったスーツを着るという文化をもう一度広めていきたいと思っております。


この企画にご協力いただけるという、個人様、企業様を募集しておりまして、手を挙げていただいた方の中から、抽選にはなってしまいますが、弊社オリジナルのストレッチスーツをプレゼントさせていただき、ぜひスーツはカッコイイということを改めて着ることで伝えていただければと思っております。

サンプル画像1
この想いを形にするために、数年前から動くは加速しておりまして、まずは、2016年に発足しましたプロバスケットリーグであるBリーグ。

名古屋に本拠地を置く、名古屋ダイヤモンドドルフィンズのオフィシャルサプライヤーとして、移動着、監督コーチなどの試合で着るスーツをすべてご提供させていただいております。


そして、おそらくスーツを初めて選ぶ高校生に一番初めのスーツ選びを間違えてほしくない、正しい着こなしを教えたい。そう強く思っておりまして、無料で高校で授業をさせていただいております。

その他、社会人向けのスーツ講座や靴磨きの講習会なども行い活動は年々幅広く行わせて頂いております。

募集要項
サンプル画像1
サンプル画像1

あとがき

いかがでしたか?

今週は、スーツの選び方から着こなし方、印象によって変えるスタイリングなど、スーツを掘り下げた特集をお届けいたしました。

若い頃と違って、年代的にはお値段や生地の質などが気になったりしますよね。
スーツを選ぶ際の参考にしていただけたら幸いです。

サンプル画像1
サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [秋冬こそ色モノを]

    スニーカー特集

    ドレススニーカーができたことでイタリアではジャケパンスタイルに合わせる流れがあり、スマートなフォルムのスニーカーがヨーロッパから到着。シックになりがちな秋冬のコーデに挿し色としても使える、スポーティではなく上品なスニーカーをご紹介!

  • [クラシックもカジュアルもお任せ]

    ジャケットで作る二面性

    カジュアルでもやはりジャケットを着用するとなんだか引き締まっていいですよね。「ビジネスでもカジュアルでも、男にはジャケットを着なくてはいけない時がある」ということで、着こなしもご紹介しております。

  • [2017/18AW]

    タトラス特集

    今季のオーダーはタトラスの主要コレクションを網羅した仕入れにさせていただきました。定番モデル、話題作とバラエティに富んだ当店のラインナップを是非ご覧ください。

サンプル画像1
サンプル画像1
サンプル画像1
サンプル画像1
サンプル画像1
サンプル画像1
サンプル画像1