フィナモレ・パラブーツ・PT01・タトラス・オロビアンコ等ヨーロッパの最旬メンズブランドをご紹介

実店舗案内 Octet 名古屋 未分類

2017/18 秋冬 取り扱い! 新ブランド Part1

投稿日:

こんにちは。

お仕事、お疲れ様です!

Octet nagoya 高浦です。

いや~暑いですね。

暑いやなくて、涼しいって言ってたら涼しく感じるはずが・・・

我慢でしかなかったです。

暑さも慣れです。

慣れた、慣れたって思っていたらいいのか!

30度を超える暑さ。

タイトルを見て・・・

夏始まったばかりやんって思っている方々も多いはず。

いや、ほとんどの方々が、そう思うに違いない。

な・の・で・・・

今日は、アイテム紹介やなくて!

8月の中旬ぐらいから、店頭に並び始める、秋から取り扱いするブランドたちを、少し紹介します。

商品をみることができるリンクを、おすすめアイテムに貼っておきます!

2017/18 秋冬新作 ブランド

<L.B.M.1911>

———————————

1911年から続くイタリアで最も古いファクトリーのひとつであるLubiam社。
イタリアンラグジュアリー、ハイクオリティ、エレガンスを代表するテイラーリングブランドとして君臨するLuigi Bianchi Mantovaのスポーツラインとして、
その歴史と伝統と技術力を背景に生産されるL.B.M.1911は、2006年に誕生。

———————————

 

http://www.deradera.co.jp/fs/deradera/item-7l28575032-001

チルコロやソリードのようなジャージ素材よりな伸縮性に+αさせて、

より一層きれいめにイタリアンおやじに近づく、そんなジャケット。

このブランドの特徴です。

着ていても、肩の収まり、脇の締め付けが抜群です。

その他、L.B.M.1911 アイテムはこちらからご覧くださいませ♪

L.B.M.1911 Collection

———————————

<GIANNETTO>

———————————

1979年にドレスシャツメーカーとして創業したSANFORT(サンフォート)は、2008年からカジュアルラインとして
南イタリアの新鋭シャツブランドとしてGIANNETTOをスタートしました。
袖を後付けする立体的な仕立てや鳥の足に似たボタンの縫い方(ザンパテ・グリアート)などを得意とするイタリアンシャツの伝統技術をベースとしながらも、南イタリアの陽気さなど港町らしさを得意とし、リラックスした心地良い雰囲気、エレガントさ。

———————————

先ほどご紹介した、<L.B.M.1911>のような

クラシコ イタリア リラックス系 ジャケット(長っ) に

ぴったりなシャツが、秋の新ブランド・シャツとしてお目見えします。

http://www.deradera.co.jp/fs/deradera/item-7g10800l04-007

ジャケットを着ちゃったら、シャツなんてみえへんって感じるんですが、

Vゾーンのチラッとみえるところこそ、素材の良さと立体感が出てくるもんです。

特に、最近ジムに通われている方々も多いですが、胸筋がついてくると、

体アピールがはじまりませんか? 気にしていなくても、見せたいもんです。

たぶん・・・

自然とアピールできるのも、体のラインをきれいに表現してくれるイタリアシャツの良さやったりします。

ほんで、体のラインがきれいにみえるように、肩のつけから腕周り、抜群のフィット感で、無駄がないです。

その他、 GIANNETTO アイテムはこちらからご覧くださいませ♪

GIANNETTO  Collection

———————————

イタリア コーディネート好きにはたまらん!

2ブランドを今回はご紹介でした。

Part2もあるので、乞うご期待です。

===============================

 Octet nagoya オクテット 名古屋

 

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!

-実店舗案内, Octet 名古屋, 未分類
-, , , , ,

  • 高浦修平
  • 郡山悠也
  • 滝本明弘